ニキビは腸から!?思春期ニキビは便秘が原因!便秘解消法

ストレス、成長期のホルモンバランスの崩れ、生活習慣など思春期ニキビの原因と考えられているものはたくさんありますが、思春期ニキビの原因の一つに「便秘」も入っていること、知っていましたか?

思春期ニキビと便秘の関係性や便秘の解消法をご紹介します。

スポンサードリンク

ニキビが治りにくいのは便秘のせい?

スキンケアをきちっとしているのに、なかなか思春期ニキビが治らないことがあります。もしも便秘が続いているような、原因はそこにあるかもしれません。

腸内環境と思春期ニキビはつながりにくいと思いますが、実は密接な関係にあります。便秘になると、腸内に残っている食べかすが腐敗し、老廃物を蓄積してしまいます。

普通なら、体外に排出されているものなので、長時間体内にとどまると毒素に変化していくのです。

体はこの毒素を、排便以外の方法で体外に出そうとしますので、腸内だけにとどまらず、血液の中に入り込んで全身をめぐり、毛穴から排出させようとするわけですね。

お肌に思春期ニキビの初期状態の白ニキビや黒ニキビがあると、その毒素が毛穴詰まりを刺激してニキビができやすくなってしまうのです。

便秘は腸内の悪玉菌を増加させる

便秘になると、腸内での細菌バランスが崩れてしまいます。そのため、悪玉菌が増えて、活性酵素を大量に発生させてしまいます。

活性酵素自体は、悪い菌を倒す力を持っていますが、増えてしまうと美肌に必要なコラーゲンやエラスチンをも破壊してしまいます。

ニキビで炎症を起こしている患部は、アクネ菌の悪玉を殺そうとたくさんの活性酵素がすでにあり、プラスで増えてしまうと炎症をさらに悪化させてしまうことがあります。

腸内の善玉菌が減少する

体内でも作られているビタミンですが、作られる量は腸内バランスによって変わってきます。

腸内にいる善玉菌には、お肌を整えるビタミンB群を合成する力があります。便秘で腸内にある善玉が減少していくと、作られるビタミンB群が少なくなってしまいます。

ビタミン量が減ると、免疫機能も下がるため、少しの刺激でニキビができやすくなってしまいます。

ニキビの位置でわかる体の不調

東洋医学的に見ると、ニキビが出てくる場所を見るだけで、体の不調をチェックすることができます。同じ個所だけにニキビができてしまうのであれば、体が不調を訴えているのかもしれません。

大腸や小腸などの消化器官が不調な時、暴飲暴食をしたり便秘の時には、おでこや口周りにニキビができやすいといわれています。

便秘の原因

便秘事態にも様々な種類があるため、その原因や症状は無数にあります。

食物繊維不足

日本人の中で一番多い便秘「弛緩性便秘」の原因になっているのが食物繊維不足です。食物繊維は、消化・吸収・排便で重要な役割をしています。

食物繊維は、大腸の蠕動運動の促進や、腸内の有害物質を吸い取る力をもっていたり、腸内の善玉菌を増やすことができる優れものです。

一日の目標摂取量は成人男性で1日19g、女性なら17g以上といわれています。

運動不足

運動をしていない体は、簡単に筋力が落ちます。排便する時には、腹筋を使っていきむことで腹圧が上がって大腸が刺激されます。その刺激によって、便を移動させる蠕動運動が促進されます。

また、運動はストレス発散や、自律神経のバランスを整える効果があります。

ストレス

思春期は、学校のこと、家庭のこと、将来のこと、友達のことなどストレスがたくさんありますよね。

体にストレスがかかると交感神経が優位になり、副交感神経の働きが落ちてきます。大腸の蠕動運動をコントロールしているのが副交感神経なので、ストレスを受け続けると大腸の働きが鈍ります。

腸内環境の悪化

健康な腸内には、全部で100兆個以上の腸内細菌があり、多種多様な種類の細菌が住み着いています。

健康な時には善玉菌が多いのですが、バランスが崩れ、悪玉菌の数が増えてしまうと町の動きが鈍くなり、便秘の原因になります。

また、善玉菌・悪玉菌以外にも日和見菌といって中立な立場の細菌もいます。これらは腸内で優勢な菌に合わせて変化します。

スポンサードリンク

水不足

便秘の原因として一番わかりやすいのが水不足です。人間の体は60%が水分でできており、とても重要な役割を持っています。

胃の中を通った食べ物は、水分の80%を小腸で吸収し、残りの20%を大腸で吸収します。

体が水不足を感じていると、便からより水分を吸収してしまい、便が固くなるのです。固くなった便は排便するのが難しく、便秘の原因になります。

便秘の解消方法

便秘の原因がわかれば、その解消法も自然とわかりますよね。便秘を解消し、きれいな腸内環境を保つ方法をチェックしましょう。

水をたくさん飲む

体内の水分量が少ないと便秘を引き起こしてしまうので、しっかりと水を飲み、水分補給しましょう。

体に必要な飲水量は1日に1.5~2Lです。水分は一度に取るよりも、細かく分けて飲むのがベストです。

水だけを飲む必要はなく、味噌汁や牛乳、ジュースなどでもカウントされます。ただし、コーヒーやお茶などカフェインが含まれているものは、利尿作用があるので注意が必要です。

便秘解消のためには、硬水や炭酸水もお勧めです。硬水に含まれているマグネシウムは便の水分を保持する力があるので、便秘予防になりますし、炭酸水は、ガスで胃腸を刺激します。

運動やマッサージをする

中学生や高校生なら体育の時間がありますが、それだけでは足りないかもしれません。ジョギングやランニングなど意識的に有酸素運動をしてみたり、夜寝る前に下腹部をマッサージするのも効果的です。

ストレスを解消する

例えば、バラエティ番組を見て大きな声で笑ったり、スポーツをしたり、カラオケをしたりストレスを発散する方法を見つけましょう。副交感神経の働きをアップするためには、ゆったりとリラックスするのも一つの手ですね。

食物繊維をとる

食物繊維には、2つの種類があります。便の量を増やす不溶性食物繊維と、便を柔らかくする水溶性食物繊維です。この2つをバランスよく摂取することで、便秘解消につながります。

どちらの食物繊維も入っている「納豆」は、便秘解消にお勧めの食材です。

スポンサードリンク

便秘解消に下剤は最終手段

便秘が治らなくてつらい時には、下剤を使うことがあると思います。大腸の動きが弱くて自分で排便できないときには効果的ですが、一つ注意することがあります。

下剤は体の外から強制的に刺激を与えて排便させるため、体が慣れてくると効き目が落ちてきてしまいます。そうなるとさらに強い刺激がある下剤にしないと排便できない悪循環に陥ってしまいます。

少なからず副作用の影響もありますので、自分で排泄できるように、便秘解消法を実践しましょう。

まとめ

便秘によって腸内から出た毒素は、思春期ニキビに影響します。便秘を解消し、腸内環境を整えると、思春期ニキビの予防だけでなく、肌のターンオーバーの正常化、免疫力アップ、自律神経の正常化などいいこと尽くしですよ。

思春期ニキビに効く!?ベビーオイル・ベビーパウダーについて

2017.06.02

思春期ニキビができる人とできない人は何が違う?

2017.06.02

思春期ニキビはダラシンTゲルで完治?本当に効果あるのか!

2017.06.02

思春期ニキビをレーザー治療で治す事できる?料金などについて

2017.06.01

メラノccで思春期ニキビ跡を消すことが出来る!メラノccの詳細

2017.06.01

思春期ニキビ肌にも使えるメイク落とし(クレンジング)の選び方

2017.06.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です