大人ニキビに効果のある人気スキンケアランキング

みなさんは、大人ニキビができた時にスキンケアの種類を選んでお手入れをしていますか?

大人ニキビのできる肌のコンディションは、健康な肌に比べてデリケート。正しいお手入れをしないと益々、肌を痛めてしまいますよ。

今回は、大人ニキビのスキンケア選びに悩んでいる方に、大人ニキビに効果のある人気のスキンケアランキングを紹介します。

スポンサードリンク

大人ニキビって何?

人気のスキンケアランキングを紹介する前に、大人ニキビの基礎を簡単に説明しますので、大人ニキビの原因や大人ニキビのスキンケアについて再確認しましょう。

大人ニキビとは、20歳を過ぎた頃からできるニキビのことを総称していいます。

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は、主にストレスや寝不足、暴飲暴食などと言われていた時もありましたが、現在の大人ニキビの原因は、インナードライが多いと言われています。

しかし、インナードライになる原因にも内面的要素が大きく関係している場合もありますので、ライフスタイル全体が大人ニキビの原因だともいえますね。

インナードライとは?

インナードライとは、肌の内面が乾燥しているのに、肌の表面に皮脂が必要以上に分泌されることで、「乾燥性脂性肌」の状態をいいます。

人間の皮膚は、内面が乾燥してくると水分を補おうとして、皮脂の分泌が盛んになります。そのため、肌の内面は「カサカサ」、肌の表面は「テカテカ」状態になってきます。

大人ニキビができるプロセス

インナードライになった肌はターンオーバーのサイクルが正常に機能しないため、毛穴に古い角質が詰まります。詰まった角質が、アクネ菌の餌となり増殖し、やがて毛穴が炎症を起こしてニキビとなります。

アクネ菌は人間の肌にいる常在菌で、肌が清潔な状態の時は、特に問題を起こすことはありませんが、汚れが溜まってくると汚れを餌として増殖する性質を持った菌です。

大人ニキビとインナードライの関係

では、インナードライになった人全てが大人ニキビになるかというとそうではありません。

肌質の個人差やライフスタイルによっても違いがありますが、正しいスキンケアを行っている場合には、大人ニキビはできません。

大人ニキビを起こさないようにするには、正しいスキンケアでターンオーバーのサイクルを正常に戻すことが必要になってきます。

大人ニキビの肌の状態とは?

では、大人ニキビができた時の肌の状態はどのようになっているのでしょうか。

大人ニキビに効果のあるスキンケアを行うためには、大人ニキビができた時の肌の状態を知ることが重要になりますので、ポイントとして抑えておきましょう。

大人ニキビができた肌は、次のような状態になっています。

  • 角質が肥厚化し、毛穴詰まりを起こしている
  • インナードライになっている
  • バリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れている

大人ニキビに必要なスキンケアとは?

次に、大人ニキビができた時の肌の状態から、大人ニキビに効果のあるスキンケアについて考えてみましょう。

大人ニキビができた時の肌の症状を解消するためのスキンケアは、次の3点が最も重要になってきます。

  • 毛穴の詰まりを除去し、新しいニキビを作らないこと
  • 乾燥した肌に保湿を与えること。
  • バリア機能を向上させ、ターンオーバーのサイクルを正常に戻すこと

そのため、大人ニキビができた時に効果のあるスキンケアは、洗顔料・化粧水・美容液やジェルの3つとなります。

洗顔料でまず、毛穴の詰まりを除去し、化粧水と美容液やジェルで保湿を行いながら、バリア機能を向上させるスキンケアになります。

大人ニキビに効果のある有効成分

大人ニキビができた時に効果のあるスキンケアが分かったところで、次に大人ニキビに効果のあるスキンケアにはどのような成分があるのかをみてみましょう。

大人ニキビに効果のある主な有効成分を作用別に説明しますので、スキンケアを選ぶ上で参考にしてくださいね。

ニキビの炎症を防ぐ消炎・抗炎成分:グリチルリチン酸、アラントイン

  • グリチルリチン酸

甘草の根に含まれている成分で、漢方薬にも配合されています。

グリチルリチン酸には、グリチルレチン酸ステアリルやグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸2k)などがあります。

  • アラントイン

羊の羊膜や薬草のコンフリーの根、カタツムリの粘液などに含まれている成分で、傷を修復する作用と低刺激性が特長です。

過剰な皮脂の抑制や抗酸化作用のある成分:トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)

  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

合成ビタミンEで、化粧品やハンドクリームなどに配合されている成分です。

色は黄色から黄褐色で、水に溶けにくくアルコールやオイルに馴染みやすい性質を持っています。

  • ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)

アスコルビン酸(ビタミンC)の安定と浸透を高めるために改良された成分です。

肌の保湿と潤いを保つ成分:セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、植物エキス(カミツレ花エキス、ドクダミエキス、ボタンエキスなど)

  • セラミド

セラミドは人間の肌にある成分で、加齢とともに減少します。

  • コラーゲン

コラーゲンは、私たちの肌や骨、各関節の軟骨などに含まれていて、体を形成するのに欠かせない重要な成分です。人体にあるタンパク質の約30%を占めています。

  • ヒアルロン酸

ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に、私たちの体内に存在する成分で、細胞と細胞の間のクッションの役割があります。

  • スクワラン

スクワランは、サメやオリーブオイル、紅花オイルなどに含まれる成分で、私たちの体内でも作られています。

また、スクワランは酸化しやすいため、水素添加させて酸化しにくくしたものを化粧品などには使用しています。

スポンサードリンク

大人ニキビに不向きな成分

大人ニキビのスキンケアに有効な成分をみてきましたが、反対に大人ニキビのスキンケアに不向きな成分もあります。

間違って使用してしまうとニキビが増える原因になったり、肌荒れを起こしたりしますので、覚えておきましょう。

  • サリチル酸

角質を溶かす性質があるサリチル酸は、思春期ニキビのスキンケアやピーリング剤に配合されています。

大人ニキビの原因は、インナードライであるため、角質を溶かしてしまうサリチル酸は、乾燥を悪化させるので不向きになります。

  • 硫黄

硫黄には、肌を乾燥させる作用がありますので、インナードライになった大人ニキビには不向きです。

有効成分以外に欲しい処方

大人ニキビのスキンケアには、有効成分以外にも、「ノンコメドジュニックテスト済み」「アルコール(エタノール)フリー」などの処方があると良いですね。

ノンコメドジュニックは、ニキビができにくい成分のことをいい、毛穴が詰まりにくいことが試験で証明されていることを「ノンコメドジュニックテスト済み」呼んでいます。

そのため、既にできているニキビに作用するのではなく、ニキビができにくい化粧品であるという事になります。

しかし、体質には個人差があるので、必ずニキビができないということではありませんので、そこはポイントとして抑えておきましょう。

また、アルコール(エタノール)は、清涼感がある反面、肌を刺激しますので、インナードライが原因の大人ニキビには不向きです。

刺激が強く肌荒れの原因になりますので、なるべくアルコールフリーを選びたいですね。

大人ニキビに効果のある人気スキンケアランキング

大人ニキビのスキンケアの有効成分などが分かったところで、大人ニキビに効果のある人気のスキンケア5点をランキング形式で紹介します。

紹介するスキンケアは全て「ノンコメドジュニックテスト済み」となっています。

5位:ラミューテ

ビオリズム洗顔フォーム、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液 3点

  • ニキビ予防・肌荒れ有効成分:グリチルリチン酸2k
  • 保湿成分:スクワラン、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など

女性ホルモンのバランスに着目した大人ニキビ用のスキンケア。製薬会社とタイアップし、美肌に対するこだわりのあるプロ達が結集して共同開発した化粧品です。

3つのこだわりが特長です。

  • 無農薬有機栽培の100%国産ダマスクローズを全製品に配合
  • 肌本来の機能を高めるラミューテ独自の美肌システム「新モイスチャリングサイクル」
  • 肌に優しい5つのフリー(パラペン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料)

洗顔料には天然洗浄成分「タルク」を配合することによって、肌に優しく負担をかけずに古い角質や皮脂汚れを洗い流し、毛穴の詰まりを除去します。

4位:ビーグレンニキビケア

クレイウォッシュ、クレイローション、Cセラム、モイスチャゲルクリーム 4点

  • ニキビ予防・肌荒れ有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
  • 主な保湿成分:カミツレエキス、ヒアルロン酸、納豆エキス、オウゴンエキスなど

アメリカのブライアン・ケラー博士が開発した浸透テクノロジー「キューソーム」Qを採用。スキンケア成分が皮膚バリアを通し、角層にまで浸透させ長時間留まることによって効果が持続し、肌のキメを整える作用があるスキンケアです。

ほかのニキビケア製品と違うのは、天然クレイの「モンモリロナイト」の吸着性を活かして、毛穴の汚れや古い角質を除去する点です。

3位:FANCLアクネケア

 

洗顔クリーム、化粧液、ジェル乳液、美容液 4点

  • ニキビ予防・肌荒れ有効成分:グリチルリチン酸2K
  • 主な保湿成分:芍薬(シャクヤク)エキス、桃仁(トウニン)、蘇葉(ソヨウ)

肌に優しい5つのフリー(パラペン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料)

繰り返す大人ニキビに対応した皮膚科医と共同開発した和漢植物エキス配合のスキンケア。角栓の除去にプルーン酵素エキスを採用しています。

1本30mlの1か月使い切りで使いやすいタイプのスキンケアです。

ニキビに直接アプローチするスポットタイプの美容液も併用して使用できます。

スポンサードリンク

2位:オルビス 薬用クリア

クリアウォッシュ、クリアローション、クリアモイスチャー 3点

  • ニキビ予防・肌荒れ有効成分:グリチルリチン酸2k
  • 主な保湿成分:紫根エキス(シコニン)、ヨクイニンエキス、ローズマリーエキス、浸透型コラーゲンなど

月1回起きるバリア機能低下による周期ニキビに着目し、毛穴の皮脂に馴染むディープデリバリー処方を採用した100%オイルカットの大人ニキビ用のスキンケア。

従来のアクアシリーズより、バージョンアップして2015年からリニューアルしたスキンケアです。洗浄成分にアミノ酸系の成分配合。バウンドリッチ処方で弾力のある泡を作り肌に優しい。

クリアローションには、しっとりタイプとさっぱりタイプがあり、肌質で選べるのが嬉しいですね。肌の状態で使い分けできるので便利です。

1位:富士フイルム ルナメアAC

ファイバーフォーム、スキンコンディショナー、ジェルクリーム 3点

  • ニキビ予防・肌荒れ有効成分:グリチルレチン酸ステアリル、トリフェロール酢酸エステル
  • 主な保湿成分:アクネシューター、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス

洗浄成分には、カオリンクレイを配合しています。

ナノ技術で定評がある富士フイルムが開発した脱水毛穴にポイントをおいた大人ニキビ用のスキンケア。ルナメアの特長は、毛穴の油分に馴染んで集中浸透するアクネシューターを開発した点。

ニキビの有効成分と保湿成分を同時に大人ニキビに直接アプローチすることによって、ニキビの炎症を抑え、ニキビを予防し、かつ潤い成分も与える化粧品です。

スキンコンディショナーには、しっとりタイプとさっぱりタイプがあるので、肌の状態によって、使い分けができます。

まとめ

「大人ニキビに効果のある人気スキンケアランキング」を紹介しましたがいかがでしたか。スキンケアの使用感や結果は、個人差がありますので、肌に異常を感じたら中止しましょう。

また、スキンケアと並行しながら、ライフスタイルの見直しをして、健康的な美肌を手に入れてくださいね。

大人ニキビに最も優秀な市販のおすすめ薬ランキングについて

2017.06.21

大人ニキビの治し方!薬を使用した初期は荒れる?荒れない方法とは

2017.06.21

大人ニキビに早く効く薬!おすすめ市販薬について

2017.06.21

おでこにできた大人ニキビの治し方と対策方法について

2017.06.20

薬局で購入できる大人ニキビに人気の化粧水とは一体!?

2017.06.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です