思春期ニキビがどうしても治らない時の原因と対処法

ニキビで悩まされている思春期の皆さんの為に少しでも役立てたらと思いまして、こちらを記載しております。

ニキビができると、顔を見られたくないですよね!経験した事あります…治ったと思ったらまた新しくニキビができるの繰り返しで、本当に悩んでいると思います。

なぜニキビができるのか、対処するにはどうすればいいのか!このあたりから理解していくことが必要と思います。

自分なりに理解して出来る事からやっていくと継続できるのではないでしょうか!

スポンサードリンク

思春期ニキビの種類を知ろう

 

白ニキビ

白ニキビができる原因は、角栓などによって毛穴が塞がれてしまった毛穴の中に汚れが溜まっている状態の事を白ニキビと言います。

赤ニキビ

白ニキビから赤ニキビになった状態のことです。白ニキビの時に気になってニキビを触ったりしてしまいますと刺激を与え赤ニキビとなります。

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビが悪化して膿んで黄色くなっているニキビの事を言います。黄ニキビになってしまうとなかなかの重症となります。

アクネ菌だけでなくて黄色ブドウ球菌までもニキビというものに入ってしまってる状況になります。

紫のニキビ

黄色ニキビの膿は、白血球が戦ってくれている証拠ですが、炎症が長い期間起こった結果、真皮までに炎症が及んでしまい紫ニキビとなる事を言います。

黒ニキビ

毛穴の中に詰まった皮脂が空気中の酸素によって、黒く酸化された状態の事を黒ニキビと言います。

思春期ニキビになる原因とは

皮脂性毛包

鼻の周りには常に外に脂を出す為に、大きな毛孔が開いています。 肌を守る為に脂は必要ですが、毛孔出る脂は肌の汚れなのです。

皮脂性毛包といわれている毛孔の中には脂を作り出す細胞の塊が存在します。この、皮脂腺から出てくる脂の成分が複雑で変化がしやすいために、ニキビや吹き出物の原因になる事があります。

日頃の食生活の乱れ

体が成長している時に偏った食事を思春期に摂っていると、肌のターンオーバーに必要なタンパク質やビタミンが不足します。

それが原因でニキビができることがあります。

季節の変わり目

思春期ニキビは、春から夏にかけて皮脂の分泌が多くなる時期に一番発生しやすいです。

なぜならば、夏になると紫外線を浴びる肌を守る為に、角質が厚くなり毛穴に皮脂がつまりやすいのでニキビの原因なりかねないという事です!

生活習慣(睡眠不足)

睡眠不足といった生活習慣が乱れると肌を再生してくれるターンオーバーが乱れてしまう事になります。

ターンオーバーが乱れると肌の再生力が弱まる事によって、古い角質が表皮に溜まってしまいそこから毛穴が詰まりニキビができやすくなります。

そうならない為にも22時から2時の間に就寝する事で、お肌を再生力が高まります。10代前半は、8時間以上の睡眠時間をとると非常に良いでしょう!

第二次性徴期

第二次性徴期になると、ホルモンバランスが変化し始めて男性ホルモンの分泌量が急に増える。男性ホルモンが増えると皮脂腺が刺激されて、皮脂の分泌を促します。

要するに、良く耳にするホルモンのバランスが悪いという事です。

アクネ菌

思春期ニキビは、皮脂が過剰に分泌される為に皮脂腺がもっとも多いTゾーンの毛穴に皮脂が溜まりやすいのです。

そのことが原因で、アクネ菌が大繁殖して炎症を起こしてしまうために、ニキビができやすいということになります。

間違ったスキンケア

特にTゾーンは、顔の中でも皮脂腺がある毛穴の数が多いいので、ニキビが発生しないようにスキンケアを行う人も多いいでしょう。

しかし、間違ったスキンケアをしていると、ニキビを治すどころかさらに肌にトラブルを巻き起こしてしまう恐れが十分にあります。正しいスキンケアの方法をまずは知って正しい洗顔方法を行っていきましょう!

思春期ニキビに対する正しい洗顔方法

せっけん選び

せっけんで洗顔すると洗い流す事ができますが、また皮脂の分泌の激しい肌に戻ってしまいます。

なので、ニキビ用のせっけんを使うと皮脂を取りすぎてしまうものがあるので、なるべく皮脂膜を取らない優しいせっけんを選びましょう!

泡立てネットの使用

泡立てネットを使って弾力のある泡を作ります。こうする事で泡が毛穴の中に入り汚れを取ります。

また、手で泡立てて使うとゴシゴシ肌を傷めてしまう原因になるので、細かい泡で顔を洗います。

泡立てても指で肌をこすったりすると何も意味のない逆効果な洗顔方法になってしまいますので、優しく円を描くように洗顔していきましょう!

最も重要な洗顔

モコモコな泡が完成したら皮脂分泌が多く出る順番から肌にのせていきます。モコモコな泡を肌にのせる順番は、小鼻→頬→顎下→額です。

そして、クルクルと円を描きながら顔全体を洗います。先ほども言いましたが、肌をこすってはいけません。泡で肌をなでるような感じで洗顔していきましょう!

スポンサードリンク

思春期ニキビがどうしても治らない原因とは

薬による副作用が原因?

どんな薬にも副作用と両方伴っているのが薬です。

間違った使い方をしたり飲み合わせや食べ合わせが合わなかったりすると、薬の効果が高い為に副作用を伴います。

また、アレルギー体質を持っていると副作用が出る事もあります。しかし、薬の持つ作用が働いてしまうので、治したい目的とは別の効果が働いてしまいます。

紫ニキビ

ニキビの中でもっとも深刻で治りが一番遅いと言われています。自分でどんなに気をつけて治療をしても跡に残ってしまうリスクがあります。

そして治るまでもっとも時間がかかりますので、医療機関で治療を受けましょう。

ニキビを潰す×

炎症したニキビを潰してしまうと、大人になった時にクレーターとして肌に残ってしまいます。

思春期をすぎると皮脂分泌の量も落ち着いてくるので、潰さない事で跡が残らない肌になります。

洗顔のやりすぎ×

正しい洗顔方法を知っていても、洗顔する事によって皮脂の分泌の量が減るわけではありません。

過剰に皮脂の分泌の量が出ると、毛穴に皮脂がつまりやすくなります。脂を取り除くことよりも、毛穴に脂をつまらせないように方法を重点におきます。

毛孔が原因

皮脂分泌の量が過剰に増す事で、そこから毛孔の入り口の穴が硬くなります。硬くなると、さらにそこで皮脂がつまります。

皮脂が毛穴につまるとニキビの原因になります。ニキビになりたくなければ、毛孔の入り口の穴を硬くしないようにする事です。

思春期ニキビがどうしても治らない時の対処法

スチーマーの使用

ここまで気をつけて対処をしても思春期のニキビがどうしても治らなかったので、最終手段として対処した方法はスーチマーです。

硬くなってしまっている肌を柔らかくするには、肌を蒸す事です。その方法とは、スチーマーが最適です。

やり方は簡単です。沸かしたお湯を洗面器にいれてから、100%の精油を1.2滴いれます。この時に使った香りは、ローズマリーです。

大判タオルで洗面器と顔をおって洗面器から出る蒸気で肌を柔らかくしていました。人の体質によっては精油が合わない場合もあります。

思春期ニキビの化粧品を使うと治りが早い

思春期ニキビ専用化粧品

親が使っている大人の化粧品ではなくて、思春期ニキビ専用の化粧品を使うことです。

薬用ニキビ専用洗顔石鹸があるので、これらを使って石鹸で洗顔すると、ニキビが治ったという口コミを多く見ます。

しかし、ニキビ用の薬用洗顔の中には洗浄力が強いものがあるのでマイルドな洗顔を使います。

幹細胞

アンチエイジングの最終兵器として知られている幹細胞。大人の肌向けの化粧品なので、思春期の時に使う必要はありません。思春期を過ぎて年齢を重ねる事に肌の再生力がだんだんと弱まります。

しかし、年齢を重ねた時に、ニキビ跡や毛穴の悩みでどうにもならない時に幹細胞配合の美容液を使うことで、ターンオーバーを整えてくれるので肌の再生力が高まります。

スポンサードリンク

思春期ニキビをどうしても治そうとしない

あれこれ対処してしまい思春期ニキビをどうしても治そうとしない事です。

思春期の時期は、大人の体へと成長する時です。 規則正しい生活と質の良い睡眠、バランスの良い食事をする事を心がけ、思春期を過ぎるのを待ちましょう。

まとめ

赤ニキビや黄色ニキビなってしまうと中々治りません。思春期を過ぎて大人になっても跡が残る可能性があります。

思春期ニキビは本当に厄介なものですので、早めの治療をしていきましょう!

ニキビができたから、気になって触りたくなるんですが、そこは触ってはいけません。手についている菌が入っていき悪化する恐れが大いにありますのでニキビができても触ったりしないようにしておきましょう!

ちなみに、紫ニキビになってしましますと非常に治りにくいです。紫ニキビに関しましては皮膚科に言ってしっかりとした治療をして頂いた方が治りも早いですし、安全と思われます。

ニキビについて少しでも知っていただいて、何が悪いか何したらよいか!そのあたりが見えてきますと、ニキビとさよならできるのではないでしょうか?

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です