30代~40代の大人ニキビに合う化粧品について

一回できてしまうと、繰り返し同じ場所にできる30代~40代の大人ニキビ。

大人ニキビに合う化粧品を見つけてきちんとケアをしていく事が、大人ニキビを悪化せさずニキビを広げないポイントにもなります。

大人ニキビに悩んでいる人は今日から化粧品も一緒に見直していきましょう。

スポンサードリンク

大人ニキビとは

大人ニキビとは20歳からできるニキビを大人ニキビと言います。別名「吹き出物」とも言いますよね。

10代の思春期ニキビは皮脂が出やすいTゾーンの他にも、顔全体にできるのが思春期ニキビの特徴でしたが、大人ニキビは顎周り・口周り・首周りとポイント別にできやすいと言われています。

また、一度大人ニキビができてしまうと、同じ場所に繰り返し出来やすく、跡になりやすいややこしいのが大人ニキビです。

場所別 大人ニキビの原因(フェイスニキビ)

  • 額・髪の毛の生え際

シャンプー・トリートメント・洗顔などのすすぎ残しが原因で、大人ニキビになっている場合が多いようです。また、髪の毛には雑菌や整髪剤などが付着しています。

前髪がある人は、雑菌や整髪剤が刺激となって、額周りのニキビを更に悪化させてしまう場合があります。

  • 頬、フェイスライン

頬の毛穴は小さく皮脂や角質が溜まりやすい場所なのです。

女性の場合、化粧下地・ファンデーション・チークなどの化粧品がお肌のストレスとなり大人ニキビの原因になるのです。

また、メイクをきちんと落としきれていない場合や、化粧落としのすすぎ残しなどが原因で大人ニキビが発症してしまう場合もあります。髪の毛が刺激となり、大人ニキビの原因にもなるのです。

  • 鼻周り

鼻は他の場所と比べて7倍毛穴の数が多いのです。手で鼻を擦ったり、触ったりする癖がある人は要注意です。

また、鼻周りは毛穴が目立ち、ファンデーションを厚く塗ってしまいがちですが、ファンデーションが毛穴に詰まり大人ニキビができやすい環境になってしまうのです。

さらに、刺激の強い化粧落としは乾燥を招き、乾燥からお肌を守ろうして皮脂の分泌が増え毛穴の汚れや詰まりが起きやすくなってしまうのです。

  • 口周り

口周りの大人ニキビは胃からのSOSのサインです。暴飲暴食やストレスなどで胃に負担をかけてしまい、大人ニキビの原因に。

ホルモンバランスの崩れで生理前、口周りにニキビが繰り返しできてしまう女性も多いのではないでしょうか。

場所別、大人ニキビの原因(ボディニキビ)

ストレスは男性ホルモンが増え、過剰に皮脂が分泌して首のニキビの原因に。

うなじのニキビはシャンプーやトリートメント、ボディソープや石鹸などのすすぎ残しが毛穴に詰まりニキビをできやすくしてしまうのです。

また、寝不足・過剰な飲酒・運動不足が原因で首のニキビが繰り返しできてしまう場合があります。

  • 背中

背中は汗や皮脂分泌がとても活発な為、毛穴が詰まりやすくニキビが発症しやすいのです。

またボディソープやシャンプーなどがきちんと洗い流せていない場合もニキビの原因になりかねません。

  • お尻

一度お尻ニキビができると中々治らない厄介ニキビ。下着の蒸れや擦れで皮膚が刺激され、角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまっています。

特にデスクワークなど、長時間座りっぱなしには気を付けましょう。

大人ニキビと化粧品

メイクって本来お肌には必要のないものですよね?メイクによって乾燥が防げる訳ではなく、大人ニキビが治る訳でもなく、毛穴を小さくする事もできません。

大人ニキビをメイクで隠そうと、刺激の強い化粧品を皮膚に塗ってしまうとお肌がストレスを感じてしまいます。だからと言ってノーメイクで過ごす事は現実的に厳しいですよね。

自分にあった化粧品や基礎化粧品を見つける事、メイクの落とし方から肌ケアまでとても重要な事なのです。

化粧品が身体に悪い理由

化粧品の成分は様々な化学物質からできています。スナック菓子やコンビニ弁当などにも食品添加物が含まれています。

勿論食品添加物の含まれている食べ物は良くありませんが、吸収された後に肝臓を経由するので解毒作用で若干和らぐのです。

皮膚から吸収された化学物質は、体・血管の中に入って解毒されないままなのです。10日経っても10%ほどしか排出されず、残りの90%は蓄積されると言われています。

毎日お肌に塗っている化粧品がそのまま蓄積されている事を考えると怖いですよね。

合成化学物質は大人ニキビの原因の他にも、発がん性やホルモンバランスの崩れ、アレルギーを引き起こす原因にもなりかねないのです。

化粧品の成分で大人ニキビができる

化粧品を選ぶ際は、成分もきちんと把握して購入しましょう。

防腐剤

化粧品は開封すると空気中や指についた雑菌やカビで品質を劣化してしまうのを防ぐ為に、防腐剤や保存料を使用しています。

防腐剤を使用する事で長く使用できる化粧品、低コストで抑える事ができるのです。防腐剤にも色々な種類が存在しますが、特に気を付けたい成分は以下の通りです。

サリチル酸・・化粧水、洗顔料、ピーリング系、UVケア化粧品、シャンプー、口紅、ファンデーション、アイシャドウなどに使用されています。

敏感肌の人は大人ニキビの他にもアレルギーを引き起こす場合があります。

ニキビに効果的でもある成分ですが、大人ニキビには刺激が強すぎるためおすすめできません。発がん性やアレルギーの危険性が指摘されています。

トリクロサン・・石鹸、シャンプー、歯磨き粉などに使用されています。

防腐剤の他、殺菌作用もあります。米国食品医薬品局は2016年に、19種類の農薬成分を含む消費者向けの製品の販売中止命令を出した中にもトリクロサンが含まれています。

体内ホルモンの毒性、胎児の成長に影響があるとも報告されています。

メチルイソチアゾリノン・・シャンプー・ボディソープ・コンディショナー・洗顔料などに使用されています。

アレルギー性皮膚炎の可能性や皮膚バリアの低下が報告されています。

スポンサードリンク

界面活性剤

界面活性剤は水と油のように分離して、混ざり合わない物を混ざり合う為に使うものです。界面活性剤は台所洗剤に含まれている物がほとんどです。

油でベトベトなお皿も洗剤を使えばキレイに落ちてくれるのも、この界面活性剤のお陰と言うわけです。そんな刺激の強すぎる界面活性剤も化粧品に使用されている場合があります。

台所用洗剤を丁寧に塗っていても、お肌のバリア機能は低下し、乾燥・敏感肌・アレルギーを引き起こす原因になってしまいます。20代~30代の大人ニキビは乾燥が原因の場合がとても多いのです。

界面活性剤は何千種類と存在するので、完全に界面活性剤フリーの化粧品を探すには大変な事です。特に気を付けたいのは合成界面活性剤です。

スルホン酸・○○硫酸・Na・アンモニウム・ラウリル○○・ラウレス○○などの成分には気を付けましょう。

香料

良い香りがする化粧品はとても癒やされますよね。シャンプーやボディクリームなどは香りで購入する人も多いのではないでしょうか。

香料にも「天然香料」「合成香料」「調合香料」と3種類あり、それぞれの特徴を簡単に書いていきたいと思います。

  • 天然香料

動植物が原料の香料です。天然香料は色々な成分が混じり合って一つの香りを作っていきます。

  • 合成香料

合成香料は天然香料と化学合成してつくられた合成香料があります。合成香料は天然香料と似せて作る事が多く、化粧品作りに用いられている数は500~600種ほどあります。

  • 調合香料

調合香料は、調香師と呼ばれる人たちによって作られています。天然香料と合成香料を混ぜ合わせる事によって新しい香りが作られていくのが調合香料です。

  • 着色料

口紅やチークアイライナーやファンデーションに使われている着色料。着色料のお陰で、発色の良いお色が生まれます。着色料にも大人ニキビやアレルギーを引き起こす原因がある成分は存在します。

特にタール系色素には発がん性物質やアレルギーを誘発する可能性もあるので気を付けましょう。赤色200番号代・青色200番号代・黄色200番号代などです。

大人ニキビに良くない化粧品

  • リキッドファンデーション

リキッドファンデーションに含まれる油脂が大人ニキビには良くありません。またリキッドファンデーションは界面活性剤が使われているのでお肌の負担になります。

特に乾燥肌で大人ニキビに悩んでいる人は余計に乾燥し大人ニキビが悪化してしまう場合があります。

  • ウォータープルーフ製品

水に強いウォータープルーフは、汗をかく夏の時期にはとても重宝しますが、大人ニキビにはあまり良いと言えない化粧品です。

特にお肌に直接塗るウォータープルーフタイプの日焼け止めやフェンデーションは、クレンジングが必要な為、お肌に負担がかかる上に毛穴を塞ぎやすくしてしまいます。

  • オイル・拭き取りタイプの化粧落とし

 

  • オイルクレンジング・・余分な皮脂も洗い流し、乾燥して大人ニキビを誘発・悪化させてしまう可能性があります。

またすすぎ残しが原因で、毛穴にオイルが詰まり大人ニキビができやすくなってしまいます。逆にオイルをしっかり洗い流そうと、摩擦でお肌に負担をかけてしまいます。

  • 拭き取りタイプ・・疲れて帰宅した際に、シート一つでメイクが落ちる拭き取れるタイプは楽な上に時短にもなりますが、お肌を擦る事で大人ニキビを悪化させてしまいます。
    摩擦は大人ニキビの他にも、シワやたるみの原因になります。

大人ニキビに合う化粧品の選び方

化粧品に入っている成分を把握した上で大人ニキビに合う化粧品の選び方を見ていきましょう。

日焼け止め

オイルフリー、無添加、クレンジング不要、ノンケミカルタイプの日焼け止めをおすすめします。そして「SPF」「PA」数値が高い程お肌に負担をかけてしまいます。

SPAは20~30、PAはPA+++程にしておきましょう。野外にいる時間が多い場合は2時間おきに塗り直しましょう。

忘れてしまいがちですが、頭皮が一番日焼けをする部分なのでスプレータイプの日焼け止めで、頭皮もきちんとケアして下さい。

ファンデーション

メイクで欠かせないファンデーションは、パウダータイプの物がおすすめです。特に敏感腹・乾燥肌で大人ニキビが気になる人は、今日からパウダーファンデーションに切り替えましょう。

石鹸で落とせるタイプのファンデーションはお肌に優しくシンプルな成分でできている物が多いのです。「カバー力が足りなくてニキビが隠れない・・」そんな場合は、薬用コンシーラーでカバーしていきましょう。

チーク

顔を明るく見せてくれるチークも選び方によっては頬のニキビを悪化させてしまっている場合があります。チークは、ミネラルチークの化粧品を使用していきましょう。また、使い続けたブラシやパフにも雑菌が付着しお肌にとても不衛生です。

ブラシやパフはこまめに洗い、清潔な状態でお肌に使用して下さい。

化粧落とし

化粧落としは、クリーム・ミルクタイプの物、無添加記載の化粧落としをおすすめします。メイクをしっかり落とそうとゴシゴシ擦る行為は禁物です。

摩擦でニキビを潰してしまったり悪化する原因にもなるので、手でメイク落としを温めてから顔にのせ、抑えるように落としていくのがポイントです。

細かい小鼻や目元は、指の腹を使ってクルクル優しくマッサージしていきましょう。

洗顔料

お肌に優しい洗顔料を選びましょう。

防腐剤不要と記載してあるものもありますが、防腐剤不要と引き替えにエタノールやアルコール類が入っている場合がほとんどです。エタノールやアルコールを多量に使用すると、防腐剤の代わりになります。

パラベン(防腐剤)フリーの洗顔料か、アルコール成分が入った洗顔料、または消費期限が記載されている洗顔料など、自分に合った洗顔料を探してみて下さい。刺激を感じたり、お肌がつっぱる場合は成分をよくみて使用して下さい。

基礎化粧品

本当に自分のお肌に合った基礎化粧品を探し出すのって大変ですよね。効果な物でも自分のお肌にあっていないと意味がありません。

市販の基礎化粧品でも良い物はありますが、悪い成分が入った物も沢山あります。まずは広告に騙されないで!と言うことです。商品を手にしたら成分をしっかり見てみて下さい。

特に「ニキビに効果的」「アクネ菌○○」などアピールしている製品は、お肌に刺激が強い余計な成分が入っている場合が多いのです。

保湿を大事にし、刺激の少ない無添加製品の基礎化粧品を使用していきましょう。

スポンサードリンク

メイクはきちんとオフ!

疲れて帰宅してそのまま就寝してしまいたくなりますが、メイクをしたまま寝てしまうと「雑巾を5枚のせて寝ているのと一緒」と言われています。

顔は雑菌だらけ、お肌は実年入れよりも老けて見られがちに。

更に、お肌が乾燥を防ごうと毛穴が広がり、皮脂がどんどん出てしまい、乾燥にも繋がりニキビが出来やすくなってしまいます。

古い角質を残さない為にも、その日のメイクはその日のうちにしっかり落として、ニキビを悪化させない・作らないお肌にしていきましょう。

顔は触らない!

顔の皮膚はとても薄くてデリケートです。特に皮膚の一番外側でもある表皮は0.2㎜ほどしかないのです。キレイに見えていても外気に触れた手は雑菌だらけです。

雑菌だらけの手で顔を触ったり擦ってしまうと、刺激となって肌ストレスになってしまいます。ニキビが気になるからと言って決して触ってはいけません。

手に付いた雑菌がニキビを更に悪化させ、増やしてしまう可能性があるのです。顔を触る癖がある人はなるべく意識して生活してみて下さい。

まとめ

30代~40代の大人ニキビと上手に付き合っていく為にも、今使っている化粧品の成分を調べて見て下さい。

知らず知らずのうちにニキビを悪化させてしまっていたのかもしれません。お肌に刺激の少ない、優しい成分の化粧品で毎日のメイクを楽しんで下さいね!

ひどい大人ニキビを治すための効果のある市販薬について

2017.12.20

大人ニキビで皮膚科に受診して処方される薬の種類と効果について

2017.12.18

大人ニキビは皮膚科の治療で綺麗に治るのか?治療方法と価格について

2017.12.18

大人ニキビに効くおすすめのスキンケア商品について

2017.12.18

男のひどい大人ニキビに効果のある市販薬と化粧水について

2017.12.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です