ひどい大人ニキビを治すための効果のある市販薬について

同じ部分に繰り返しできる大人ニキビ、生理前になるとニキビが増える、赤くジュクジュクして炎症を起こしている大人ニキビ、これらはなかなか治りづらいですね。

しかし、こんな状態でも仕事が忙しくてなかなか医療機関に行けないから、手軽に購入できる市販薬を使ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、数多い市販薬の中から効果のある大人ニキビ治療薬を選ぶのは苦労しますよね。そんな時に、知っていると便利な大人ニキビに効果のある市販薬について、今回はお伝えします。

スポンサードリンク

市販薬って何?

私たちが服用する薬には、「医療用医薬品」と「一般医薬品」があります。

医療用医薬品は、医療機関で医師の診察を受けてから処方される薬を言います。一方、一般医薬品は、市販薬とかOTC医薬品と呼ばれている薬で、医師の処方がなくても薬局やドラックストアに行けば誰でも手軽に購入できる薬になります。

医師から処方される薬は一つの薬に一つの成分が配合されている場合が多いですが、市販薬は一つの薬に数種類の成分が配合されている総合剤になります。そのため、多くの市販薬の成分は、医療用医薬品の半分や三分の一の配合になっています。

市販薬にもあるランクとは?

私たちが薬局やドラックストアで手軽に購入できる市販薬は、「要指導医薬品」「一般医薬品」に分類され、一般医薬品の中でも、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」と更に分類されています。

要指導医薬品は、ネットや通信販売等では購入できない市販薬で、一般医薬品はネットや通信販売等で購入できる市販薬です。

要指導医薬品

要指導医薬品とは、医療用医薬品から一般医薬品に移行した新しい成分の薬で、慎重に販売を行う必要がある医薬品になります。

また、薬剤師が対面によって、購入者から購入目的の相談を受けた上で、薬剤師が購入者に対し書面での医薬品の情報提供を行う必要があります。

第1類医薬品

第1類医薬品とは、副作用や飲み合わせなど特に注意が必要な薬で、薬剤師が購入者に対し、書面による情報提供が必要とされています。

第2類医薬品

第2類医薬品とは、副作用や飲み合わせなどの注意が必要で、薬剤師や登録販売者が取り扱える医薬品です。

また、第2類医薬品の中でも特に注意が必要な反復性のある市販薬を指定第2類医薬品と言います。第2類医薬品の説明については、購入者への説明が必要ではなく、努力説明になります。

第3類医薬品

第3類医薬品とは、第1類医薬品と指定第2類医薬品と、第2類医薬品以外の一般医薬品になり、薬剤師や登録販売者が取り扱える薬です。購入者への説明の必要はありません。

ニキビの市販薬の種類とは?

市販薬には副作用や飲み合わせなどによって、細かくランク付けがされていましたね。

その市販薬の中にも、様々な種類の薬があります。体の内面から効果をもたらす飲み薬と直接患部に塗布したり貼ったりする外用薬があります。

また、飲み薬の中には錠剤やカプセル、粉末、顆粒、ドリンクタイプなどがあり、外用薬にはクリームや軟膏、ローション、湿布薬などの種類があります。

ニキビの市販薬には、錠剤や顆粒、ドリンク剤の飲み薬とクリームや軟膏、ローションタイプの塗り薬があり、それぞれ配合されている成分が違います。

ニキビの市販薬に配合されている成分

ニキビの市販薬の飲み薬と外用薬の有効成分には、それぞれに違いがありますので、選ぶ時のポイントとして知っておきましょう。

外用薬の配合成分
  • 硫黄(アクネ菌を殺菌する作用、毛穴詰まりを解消する作用、肌を乾燥させる作用)
  • イブプロフェンピコノール(アクネ菌を殺菌する作用)
  • イソプロピルメチルフェノール(抗炎症作用)
  • オキシテトラサイクリン塩酸塩(抗菌作用のある抗生物質)
  • ヒドロコルチゾン(副腎皮質ホルモン剤)
  • クロルヘキシジングルコン酸塩液(殺菌消毒剤)
  • グリチルレチン酸(甘草由来の抗炎症作用)
経口薬の有効成分
  • グルクロノラクトン(体内の不要物を解毒排出する作用)
  • L-システイン(新陳代謝を促してターンオーバーを正常化する作用)
  • 生葉ヨクイニン(ハトムギが原料で、新陳代謝を促してターンオーバーを正常化する作用)
  • ビタミンB2,B6(肌のターンオーバーを正常化する作用)
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3と呼ばれ、皮膚や粘膜に作用する成分)

ひどい大人ニキビに効果がある市販薬の成分とは?

ニキビに有効な成分を説明しましたが、ではどのような成分がひどい大人ニキビには効果があるのでしょうか。

大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れと乾燥により、古い皮脂が毛穴詰まりを起こすことで、アクネ菌が増殖し炎症がおきます。そのため、塗り薬では、殺菌と炎症作用があり乾燥を起こさせない成分が配合されている市販薬となります。

また、飲み薬は、新陳代謝を活発にしてターンオーバーを正常化し、保湿を高めることができる成分を配合した市販薬となります。

ひどい大人ニキビを治すための効果のある市販薬とは?

では、次にひどい大人ニキビに効果のある市販薬を塗り薬と飲み薬に区別して紹介します。

塗り薬

 

テラ・コートリル軟膏a[ジョンソン・エンド・ジョンソン]指定第2類医薬品

テラ・コートリル軟膏aは、ニキビ治療薬ではありませんが、化膿した皮膚疾患に有効な塗り薬で、抗菌作用のある抗生物質と炎症作用のあるステロイド剤を配されています。

市販薬の中では、唯一、抗生物質とステロイド剤が配合された外用薬になります。

  • 対象ニキビ:炎症のある赤ニキビ、繰り返すニキビ、黄ニキビ
  • 配合成分:ヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)、オキシテトラサイクリン塩酸塩(抗生物質)
  • 効能・効果:化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、汗疹、かぶれ、しもやけ、虫さされ、蕁麻疹、化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
  • 使用方法:1日1~数回、適量を患部に塗布。又はガーゼなどに塗布して貼付する。
  • 容量・価格:6g・1,000円(税抜き)
スポンサードリンク

メンソレータム® アクネス25メディカルクリーム[ロート製薬]第2類医薬品

アクネ菌によるコメドの生成を抑止し炎症を鎮めるイブプロフェンピコノールとアクネ菌の殺菌と増殖を抑制するイソプロピルメチルフェノールを配合した大人ニキビ用の塗り薬です。うるおい成分を配合した浸透力が高いクリームタイプです。

  • 対象ニキビ:しつこい大人ニキビ、炎症のある赤ニキビ、
  • 有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール
  • 効能・効果:ニキビ、吹き出物
  • 使用方法:1日数回、石けんなどで洗顔後、適量をニキビに塗布。
  • 容量・価格:6g・1,200円(税抜き)

ペアアクネクリームW[ライオン]第2類医薬品

大人ニキビの症状を悪化させているアクネ菌の殺菌作用のあるソプロピルメチルフェノールと大人ニキビの炎症を鎮める作用のあるイブプロフェンピコノールを配合したWの効果で繰り返し起こる大人ニキビに効果のある塗り薬です。

  • 対象ニキビ:フェイスラインのニキビ、なかなか治らない炎症のあるニキビ、毛穴詰まりのニキビ、シミになりそうなニキビ
  • 有効成分:イソプロピルメチルフェノール、イブプロフェンピコノール
  • 効能:吹き出物、ニキビ
  • 使用方法:1日数回、石けんで洗顔後、適量を患部に塗布。
  • 容量・価格:14g・950円、24g・1,450円(全て税抜き)

飲み薬

ペア漢方エキス錠[ライオン]第2類医薬品(15歳以上)

 

ホルモンバランスの乱れが原因で、生理前に繰り返す大人ニキビを改善する錠剤タイプの漢方薬です。

5つの生薬(けいひ、茯苓、牡丹皮、芍薬、桃仁)を配合した桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガン)の作用で、血の巡りを良くするので、紫ニキビを改善します。また、女性だけではなく、血流が滞っている男性にも服用できます。

  • 対象ニキビ:白ニキビ、ホルモンバランスによる大人の周期ニキビ、紫ニキビ
  • 服用方法:1日2回、1回4錠
  • 容量・価格:112錠(14日分)2,180円、240錠(30日分)4,200円(全て税抜き)

ペアA錠[ライオン]第3類医薬品(15歳以上)

体の中からアプローチをして、肌のデトックス効果で、繰り返し起こる大人ニキビや肌荒れを改善する飲み薬です。

グルクロノラクトン、L-システイン、生薬ヨクイニン、ビタミンB2、ビタミンB6の5つの有効成分の配合で、肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを正常にしながら、古くなった肌の角質や皮脂などの老廃物を排出し体の中から改善します。

  • 対象ニキビ:繰り返し起こる大人ニキビ、食生活の乱れが原因の大人ニキビ
  • 有効成分:グルクロノラクトン、L-システイン、生薬ヨクイニン、ビタミンB2、ビタミンB6
  • 服用方法:1日2回、1回1錠
  • 容量・価格:60錠(30日分)1,440円、120錠(60日分)2,700円(全て税抜き)

新エバユースB26:第一三共ヘルスケア:第3類医薬品(7歳以上)

ビタミンB2、B6、B3、ビタミンC、H、L-システイン、ヨクイニンエキスをバランス良く配合することによって、新陳代謝を活発にし、ニキビや肌荒れを緩和する飲み薬です。

15歳以上から服用する飲み薬が主流の中で、7歳から服用できるのが特長です。

  • 服用方法:15歳以上(1日1回2錠)、7歳~14歳(1日1回1錠)
  • 容量・価格:60錠・1,280円、120錠・2,380円、180錠・3,380円、250錠・4,480円(全て税抜き)
スポンサードリンク

まとめ

「ひどい大人ニキビを治すための効果のある市販薬について」をお伝えしましたがいかがでしたか。

ニキビの市販薬は、第2類医薬品や第3類医薬品が多いため、気軽に購入することができますが、中には大人ニキビに向かない市販薬もあります。

購入する時には、薬剤師に、必ず自分のニキビの症状を伝えた上で、薬の成分や副作用、飲み合わせ、使用方法などを確認をすることをおすすめします。

また、外用薬は使用し始めて1週間、飲み薬は服用してから1か月を目途に、効果がなかった場合には、専門医の診察を受けてください。

大人ニキビで皮膚科に受診して処方される薬の種類と効果について

2017.12.18

大人ニキビは皮膚科の治療で綺麗に治るのか?治療方法と価格について

2017.12.18

大人ニキビに効くおすすめのスキンケア商品について

2017.12.18

男のひどい大人ニキビに効果のある市販薬と化粧水について

2017.12.18

大人ニキビに効く40代のスキンケア方法と商品について

2017.12.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です