ひどい大人ニキビは病院で治療すべき?病院で処方される薬とは

ニキビができたので、病院に行って治療をしようかなと考えているけれど、ニキビぐらいで病院に行くなんて…恥ずかしい。

それに、病院で治療する大人ニキビの程度や保険で診療が受けられるのかしら、処方される薬はどのような成分なのかしらなどといった不安がありますよね。

今回は、病院で治療すべきニキビと病院で処方される薬についてお伝えします。

スポンサードリンク

大人ニキビとは?

そもそも、大人ニキビとは、どのようなニキビをいうのでしょうか。

10代の時にできるニキビを「思春期ニキビ」といい、20代を過ぎてからできるニキビを「大人ニキビ」と呼んでいます。

大人ニキビは治りづらいのが特徴で、早めの段階でニキビケアを行わないとニキビ跡がクレーター化やシミになることもあります。

大人ニキビの原因

大人ニキビは、肌の皮脂や古い角質が毛穴詰まりを起こし、常在菌のアクネ菌が増殖することによって、毛穴が炎症を起こすことが原因です。

そして、大人ニキビの根本的な要因は、肌の乾燥、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れ、間違ったスキンケアになど様々です。

大人ニキビができるまで

大人ニキビができるまでには、次のような成長過程があります。

  • 微小面皰…肉眼では見られない小さい面皰
  • 面皰(コメド)…毛穴詰まりがおきたい状態。面皰には、閉鎖面皰と呼ばれている「白ニキビ」と開放面皰と呼ばれている「黒ニキビ」があります。
  • 紅色丘疹(赤ニキビ)…赤くブツブツした丘疹です。
  • 膿疱(黄ニキビ)…膿を持ったブツブツした膿疱です。

→病院では、赤ニキビと黄ニキビのことをまとめて、「炎症性皮疹」と呼んでいます。

普通、ニキビは、コメドや赤ニキビ、黄ニキビが混在して顔に表れます。

大人ニキビは病院で治療できるのか?

大人ニキビは病気でないから病院で治療できないと思っている人もいるようですが、病院で治療が受けられます。

「尋常性ざ瘡」の病名がついた病気になり、保険診療が行えますが、治療を目的としているために、治療法も限定されています。

病院でニキビ治療を受ける時に、何科に行けば良いか悩みますが、皮膚科若しくは形成外科となります。内科でもニキビ治療を行っている場合もありますが、専門知識のある皮膚科や形成外科がおすすめです。

病院で治療できるニキビとは?

では、大人ニキビの治療を病院で行う時には、保険診療なので、ある程度症状が進んでいないと受診できないのではないかと心配になりますよね。

病院で行うニキビ治療は、赤く炎症を起こしていない白いニキビ(コメド)から行うことができます。

それは、ニキビの初期段階である炎症を起こしていない白ニキビの時に、治療を行うとニキビの治りが早くなるからです。

ニキビの症状が進み悪化してから、ニキビ治療を行っても治りが遅くなることや、繰り返し起こる難治性ニキビ、硬結したニキビ、クレーター化したニキビになる可能性があり、早期のニキビ段階で治療を行うことが良いとされています。

病院で治療したほうが良いニキビとは?

大人ニキビは白ニキビの時から病院で治療を受けられるのは分かりましたが、それでもやはり白ニキビの時に治療を受ける人は少ないようです。

では、病院で治療すべきニキビとは、どのようなニキビなのでしょうか。

大人ニキビは対処する時期を間違えると治療が長引く原因にもなりますので、病院で治療をした方がよいニキビについて知っておきましょう。

たくさん発生している赤ニキビや黄ニキビ

赤ニキビや黄ニキビは、白ニキビが炎症をおこして、ニキビが化膿している状態です。化膿しているニキビは抗生物質での治療が必要となることもあります。

また、この状態のニキビは治療を間違えるとケロイド状に硬結したり、肌が陥没したりすることになりかねませんので、早めに治療を受けましょう。

繰り返しできるニキビ

大人ニキビができた場合に、自分の肌質に合ったスキンケアとニキビケアを行っていれば、1~2週間で治りますが、「ニキビループ」といわれている繰り返しおきるニキビができた時は、なるべく早く病院で治療を受けましょう。

ニキビループに陥る前に、早めの対処を行いましょう。

長く治らないニキビ

ニキビだと思って、治療やケアを行っていたけれどなかなか治らない場合には、「毛包虫性ニキビ」と言われているダニによるニキビの可能性もありますので、病院で治療を受けましょう。

ニキビ以外の症状がある場合

ニキビ以外に、体重増加や不安定な月経などの症状がある場合には、婦人科の病気の可能性もありますので、病院での治療を受けましょう。

顔以外に胸や背中にできるニキビ

顔のニキビはアクネ菌によるものですが、背中や胸などにできるニキビは、マラセチアというカビの一種の「マラセチア毛包炎」かもしれませんので、そのような時は病院で治療を受けましょう。

セルフケアでなかなか治らないニキビ

セルフケアで行うニキビ治療には限度があります。また、良いと思って行っているニキビケアやスキンケアが間違っている場合もありますので、病院で正しいスキンケアの方法などのアドバイスをもらいましょう。

肌質に合ったスキンケアや正しいスキンケアを行わないと肌に負担をかけ、ニキビが増加したり、悪化したりすることがあります。

病院で行うニキビ治療とは?

病院で行うニキビ治療は、国で決められた保険診療の範囲内で行われていますので、次のような治療になります。

病院で行うニキビ治療の方法

治療法としては、外用薬と内服薬の薬剤療法、面皰圧出法などの処置治療、ステロイド注射による注射治療の3つになります。

一般的なニキビ治療の診察内容
  • 問診ニキビのでき始めの時期やライフスタイル、今まで行ったニキビケア、普段のスキンケアなどを医師から質問されます。

 

  • 検査通常のニキビ治療では検査を行いませんが、ニキビの状態によって、医師の判断から検査を行うこともあります。

 

  • 処置医師の判断で、面皰圧出などの処置治療を行う場合があります。

処方薬の説明、アドバイス…問診などの内容とニキビの状態によって、薬が処方されます。また、スキンケアやライフスタイルなどのアドバイスも行います。

スポンサードリンク

病院で処方される薬とは?

次に、病院で処方される薬を見ていきましょう。

病院で処方される薬には、飲み薬と塗り薬の2タイプになります。病院では、ニキビの程度によって、単剤処方したり、飲み薬と塗り薬を併用して処方したりしています。

外用薬

外用薬はニキビに直接塗る薬で、軟膏やクリームタイプ、ローションタイプがあります。

処方される外用薬は、抗生物質、レチノイド製剤、過酸化ベンゾイル製剤、抗炎症剤の配合されている塗り薬になり、次のような作用があります。

  • 抗生物質

抗菌作用と抗炎症作用で、炎症を起こす原因であるアクネ菌を殺菌し、ニキビの炎症を鎮める治療薬ですしかし、抗生物質配合なので。耐性菌ができるリスクがあるために、長期間の使用には注意が必要です。

  • レチノイド製剤

皮膚の角化を抑制しながら、毛穴の詰まりを防ぎ、面皰(白にきび)を抑制する作用がある塗り薬で、ニキビ治療と予防に効果があります。

過酸化ベンゾイル製剤…抗菌作用と角質層剥離作用があり、ニキビを殺菌し、ニキビをできにくくする塗り薬です。

レチノイド製剤&過酸化ベンゾイル製剤の合剤…両方の作用によって、ニキビ治療を行う塗り薬です。

過酸化ベンゾイル製剤&抗生物質の合剤…両方の作用によって、ニキビ治療を行う塗り薬です。

非ステロイド系消炎・鎮痛外用剤…赤みや腫れの炎症を抑える塗り薬。ステロイドが配合されていないので、軽めの湿疹や顔の湿疹の治療に用いられます。

内服薬

内服薬の治療には、抗生物質、ビタミン剤、漢方薬の飲み薬が処方されます。

  • 抗生物質

抗生物質の殺菌作用によってアクネ菌の炎症を抑えニキビを改善します。耐性菌ができるリスクがありますので、長期間の服用には注意が必要です。

  • ビタミン剤

ビタミン剤には、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどが処方されます。

  1. ビタミンB群皮膚や粘膜を正常に保つ作用によって、肌のターンオーバーを整え働きがあります。ビタミンB群の中でもニキビ治療には、ビタミンB2とビタミンB6が良く処方されます。

 

  1. ビタミンC抗酸化作用で知られていますが、コラーゲンの生成に関与する働きもあります。また、炎症を抑えたり、皮脂の分泌を抑制したりする作用によって、ニキビを改善する働きもあります。

 

  1. ビタミンE脂溶性ビタミンといわれ、血管の血流を良くする働きのほかに、抗酸化作用によってニキビを改善します。
  • 漢方薬

漢方薬は、ニキビそのものを治療するのではなく、ニキビの要因となる体質を改善 し、ニキビを作らないようにする飲み薬になります。

炎症性のあるニキビに漢方薬を処方する場合には、全てのニキビに処方されるわけではありません。

漢方薬以外の内服薬や外用薬の治療、処置などの治療を行っても効果が表れなかった場合や漢方薬の服用以外の治療ができない場合に、「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう」、「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」、「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」の漢方薬が症状に合わせて処方されます。

スポンサードリンク

まとめ

「ひどい大人ニキビは病院で治療すべき?病院で処方される薬とは」についてお伝えしましたがいかがでしたか。

ニキビは、白ニキビから病院で治療が行えます。大人ニキビは、一度できるとニキビループになりやすいので、大人ニキビがひどくなる前に、早めに病院で治療を受けましょう。

現在、病院で治療を受けているけれど、大人ニキビの治りが悪いなど心配があるようでしたら、医療機関ではセカンドオピニオンの制度も導入していますので、他の病院で相談することもできますので、利用してみてはいかがでしょうか。

大人ニキビに効く30代のスキンケア方法と商品について

2017.12.15

大人ニキビに効く市販のおすすめサプリメントはこちら!

2017.12.15

ひどい大人ニキビを治すための方法と薬・漢方薬について

2017.12.15

大人ニキビに効果のあるおすすめの市販のスキンケアについて

2017.12.15

ストレスによる大人ニキビに優しい市販の化粧品について

2017.12.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です