大人ニキビの具体的な予防法と食べ物・飲み物などについて

日頃からニキビができないように気を付けていたのに、いつの間にかでき始めたニキビ・・・。

同じ場所に繰り返しできやすい大人ニキビに悩んでいる人も多いですよね。大人ニキビは跡に残りやすくシミになる場合もあります。

そんな厄介な大人ニキビは作らせないことがとっても重要です。普段からしっかりと予防を、ニキビ対策を行っていきましょう。

スポンサードリンク

大人ニキビはどうして同じ場所にできるの?

同じ場所に繰り返しできてしまうのが大人ニキビの特徴でもありますよね。

繰り返しできるニキビには原因がいくつかあります。

ニキビがきちんと治りきっていない

肌の表面上は治りきったと思っていても、毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌は隠れていて、皮脂や汚れが溜まるのを待っているのです。

再びチャンスが訪れたら、皮脂や汚れをエサにして増殖し再びニキビを作り出してしまうのです。

ニキビができた後の毛穴の開き

小さな毛穴からニキビができるので、その分毛穴が開き、凹みが深くなります。

深くなった毛穴はより皮脂や汚れが溜まりやすく、アクネ菌も集まりやすいのです。

逆に周りの毛穴は広がった毛穴に押されて、毛穴の出入り口が狭くなっている状態です。

アクネ菌は狭くて空気が入り込まない場所を好むので、押された狭い毛穴に住み着き、同じ所とその周りに繰り返しできてしまう事が考えられます。

ホルモンバランスの崩れ

生理前になると肌トラブルが起きやすく、顎やフェイスラインのニキビに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが活性化します。

元々、顎やフェイスラインは男性ホルモンが影響しやすい場所なので、皮脂分泌が活発になった顎やフェイスラインにニキビとなって表われるのです。

大人ニキビの原因は?

大人ニキビができる原因を、内的要因と外的要因に分けて書いていきたいと思います。

  • 内的要因

内的要因とは身体の内側から起こる原因のことを指します。

内的要因には

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 便秘
  • ホルモンバランスの崩れ
  • 飲酒、喫煙

などが挙げられます。

  • 外的要因

外的要因とは外からの刺激で起こる原因のことを指します。

  • 間違った洗顔方法
  • 紫外線
  • 乾燥
  • メイク道具やヘアケア用品
  • 摩擦

などが挙げられます。

ニキビを予防するクレンジングと洗顔方法

洗顔のしすぎや間違った洗顔法は乾燥や摩擦は肌バリア機能を傷つけてしまいます。

まずは正しいクレンジング法と洗顔法で予防していきましょう。

クレンジング方法

  • メイクを落とす前に手は必ず洗う

手には沢山の雑菌が付いています。

外に出ていない場合でもメイクを落とす前には必ず手を洗って、手を乾かした状態で落としていきましょう。

  • ポイントメイクはクレンジング前に落とす

アイメイクやリップメイクをしっかりされている人は、クレンジングの前にポイントメイクリムーバーを使ってアイメイクとリップメイクを落としていきます。

コットンにリムーバーをヒタヒタに浸したら、目元・口元に当て、力を入れずに落としていきます。

目元の皮膚は特に薄くてデリケートなので余計な力を入れて擦ってしまうとシワやたるみの原因になるので、注意して下さい。

  • クレンジング剤

敏感肌の人はミルク・クリームタイプの低刺激で刺激の少ないクレンジング剤をおすすめします。

  • 順番

比較的皮脂が多い額・鼻→頬→目元→口元の順番で落としていきます。

小鼻・目元・口元などの細かい部分は指の腹を使って丁寧に優しくクレンジング剤を馴染ませるように落としていきます。

額・頬の比較的面積の広い部分は手の平全体を使って肌を覆うようにクレンジング剤を馴染ませていきます。

力を使って擦るのではなく、手の温度を使って落としていくのがポイントです。

  • ぬるま湯ですすぐ

温度が熱すぎると必要最低限の水分や油まで一緒に流してしまい、乾燥を招いてしまうのですすぐ温度は30~32度くらいの少し温いと感じる温度で行っていきます。
特にこめかみや生え際のすすぎ残しはニキビの原因になるのでしっかりとすすいでいきます。

洗顔方法

  • どんな洗顔料がいいの?

ニキビを作らせない肌を作るには生活習慣の見直しとシンプルな洗顔料・正しい洗顔方法です。

洗顔後に少しでも肌に異常がでた場合は低刺激な洗顔料を手にとってみて下さい。

おすすめ洗顔料は「ガミラシークレット(石鹸)」「ミヨシ 無添加白い石けん」です。

2つの製品共に、合成ポリマー・パラベン・防腐剤・紫外線吸収剤・アルコール・タール色素フリーで敏感肌に人でも使える洗顔料なので、科学的に作られた成分が一切入っていません。

  • ガミラシークレット

115グラム・2848円と洗顔料にしては少しお高い値段ですが、キメ細かい泡立ち・洗い上がりのしっとり感は否めません。

保湿力がとても高いので乾燥肌に人には特におすすめです。

また、泡をのせながらパックを行うことができるので一つ一つこだわりある植物由来の美容成分が肌に浸透し、よりしっとりとしたハリのある肌へと導いてくれる石鹸です。

一つ気を付けたいことは、石鹸が非常に溶けやすいと言うことです。使用後はお風呂場や湿気のアル場所ではなく乾燥した状態で保存してください。

  • ミヨシ 無添加白い石けん

ドラッグストアで購入できる優秀なプチプラ石鹸です。108グラム150円なので、プチプラ石鹸を使ったことがない人でも手軽にお試しできますよね。

この石鹸の長所は成分がとてもシンプルなことです。

成分が石けん素地のみなので、勿論合成ポリマー・パラベン・防腐剤・紫外線吸収剤・アルコール・タール色素フリーです。

洗い上がりがさっぱりしているので、混合肌・脂性肌の人のおすすめです。

「乾燥肌だけど使ってみたい・・」そんな人には、泡を立てた時点でハチミツをプラスして保湿力をアップさせましょう。

ハチミツには保湿・アンチエイジング・ニキビケアが期待できる美容食品です。シンプルな成分だからこそハチミツ洗顔ができる石けんなのです。

スポンサードリンク

洗顔料を使った洗顔は朝?夜?

普通肌・敏感肌・乾燥肌・・洗顔料を使った洗顔は夜のみで、朝はぬるま湯で素洗いしていきましょう。

洗顔のしすぎは余計な皮脂まで落として乾燥ニキビに繋がってしまいます。

混合肌・脂性肌・・その日の朝、肌のコンディションに合わせて洗顔料を使った洗顔を行っていきます。

例えば「頬はカサカサ・鼻はべたべた」の場合はTゾーンのみ洗顔料を使い他の場所は素洗いなど、自分の肌と相談して洗顔していきましょう。

蒸しタオル洗顔方法

蒸したタオルの蒸気によって肌をやわらかくし、毛穴も開くため溜まった汚れや皮脂を取り除きやすくしてくれます。

また、肌の代謝を高めてくれるのでエイジングケア効果も期待できます。

清潔なタオルを水で濡らして絞ったら500wの電子レンジで約1分チン。はい、簡単蒸しタオルの出来上がりです。

クレンジング後、蒸しタオルを顔の上に2~3分のせていきます。顔が温かい内に洗顔していきましょう。

洗顔方法

用意する物は泡ネットと洗顔料です。キメ細かい泡を立てることで毛穴の汚れを取り除きキメ細かい肌作りと繋がっていきます。

水量が多すぎるとキメの粗い泡が立ってしまうので、泡を作る時は水を少しずつ足しながら行っていきましょう。

もっちりとした泡を作ったら、手の平や指の腹が触れないよう泡のクッションを使って洗顔していきます。摩擦はニキビやシワを作る原因になってしまいます。

すすぐ際は30~32度のぬるま湯で行います。この時も手の平や手の腹を使ってすすぐのではなく、ぬるま湯を近づけ覆うように洗っていきます。

髪の毛の生え際やフェイスラインのすすぎ残しが原因でニキビを作らせない為にも20~30回はすすいでいきましょう・

すすぎ残しは洗顔料が毛穴に入り込んでニキビができる素になってしまいます。

ティッシュオフ

顔の皮膚はとても薄いので少しの摩擦でも傷つけてしまいます。できたらタオルではなく、凹凸のないティッシュで水分を取っていきましょう。

おすすめは「ネピア アンパンマン鼻セレブティッシュ」です。洗顔後は水分の蒸発が激しく乾燥を招いてしまいます。

アンパンマン鼻セレブはダブル保湿に加え「天然スクワラン」「ベビーオイル」配合なのでティッシュオフをしながら保湿を同時に行える美容ティッシュでもあります。

また、デリケートな赤ちゃんにも使えるので、敏感な大人の肌にもより優しく包み込んでいきます。

乾燥させないスキンケア法

正しいスキンケアと洗顔で化粧水の浸透率を高めたら、しっかり保湿をしていきましょう。

ニキビを防ぐスキンケア用品って何?

ニキビを防ぐスキンケア用品は成分がとても重要となってきます。

ニキビの炎症に働きかける「グリチルリチン酸」「アラントイン」「イオウ」「サリチル酸」。皮脂を抑え、ニキビ跡に効果的「ビタミンC誘導体」。

保湿に効果的な「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などの成分が配合されているスキンケア用品がおすすめです。

  • 普通肌、乾燥肌、敏感肌・・サイクルプラス エンリッチローション

何よりも保湿成分が贅沢に入っているので、乾燥したすい肌質の人におすすめしたい製品です。

「高濃度ビタミンC誘導体」「水溶性見たミンE誘導体」「EGFペプチド」「ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)」「ヒアルロン酸5種」「美容保湿成分6種」と乾燥を防ぐ他にも、表皮に働きかけ、肌のハリと弾力を保っていきます。

またエンリッチローションはASPPSパウダー(ビタミンC誘導体)を化粧水に混ぜて使用していきます。

新鮮な状態のまま肌に届け、1ヶ月で使い切ることを目安としています。1ヶ月過ぎてしまうとASPPSの働きが弱まり変色してしまいます。

「生きている化粧水」、安全性もとても高いですよね。初めての人は、まずお試しで使ってみることをおすすめします。

  • オイルクレンジング(メイク落とし)
  • クリ-ミィウォッシュ(洗顔料)
  • エンリッチローション
  • エンリッチエッセンス(乳液)
  • エンリッチクリーム

5点セット、2800円で購入できるので、1ヶ月間是非試して見て下さいね。

  • 脂性肌、混合肌・・オルビス 薬用クリアローション

繰り返しできやすい大人ニキビのために開発されたスキンケアシリーズです。

混合肌の人はしっとりタイプ、脂性肌の人はさっぱりタイプをおすすめします。

100%オイルカットながらも保湿成分(コラーゲン・ヨクイニンエキス)はしっかりと入っているので、さらっとした使い心地ながらも乾燥は防いでいきます。

甘草由来のグリチルリチン酸・紫草の根から抽出したエキスが配合されているので、肌のバリア機能を高め、ニキビを元から作らせない肌作りを目指していきます。

さっぱりタイプは脂性肌に人でも冬は乾燥してしまう場合もあるので、冬場はしっとりタイプにシフトチェンジして下さいね。

こちらもお試しセットがあるので、自分の肌と合うかを是非試してみて下さい。

  • 薬用洗顔料
  • 薬用化粧水40ml
  • 薬用化粧水本品180ml
  • 薬用保湿液
  • 抗菌タオル(オルビス×今治タオル)

5点セット2500円でお試しできます。

スキンケア方法

洗顔後は水分蒸発が早いのですぐスキンケアを行わないと乾燥してしまいます。

1分1秒でも早く保湿をしていきましょう。化粧水は2~3回に分けてつけていきます。

バシャバシャと豪快につけていきたいですが、ただ付けているだけでは全く浸透しないので丁寧に優しく行いましょう。

  • 1回目・・手の平全部で顔を覆い、顔にまんべんなく馴染ませていきます。この時に顔を叩いたり、擦ってはいけません。
  • 2回目・・指の腹を使って目元・鼻・眉間・口元などの細かい部分を抑えるようにケアしていきます。
  • 3回目・・特に乾燥しやすい場所をもう一度覆うように塗り、手の平が肌に吸い付く感覚になればOKです。

紫外線対策

紫外線を浴びると様々な肌トラブルに見舞われます。肌が乾燥したりバリア機能が低下してターンオーバーが正常に行われなくなります。

肌が刺激を受けると防衛反応が働き肌の角質を厚くし水分の蒸発を防ごうとします。

厚くなった角質は毛穴の入り口を塞ぎやすくなるので、ニキビができやすくなってしまいます。

紫外線を浴びるとニキビができるだけではなく、シミやシワ・たるみの原因にもなるので年齢よりも老けてみられてしまいます。

紫外線は曇りの日でも室内であっても光は差し込むので、紫外線対策はしっかり行っていきましょう。

日常生活の場合はSPF30・お昼に1度は塗り直し、外にいる時間が長い場合はSPF50~、2時間おきくらいとこまめに塗り直しましょう。

スポンサードリンク

メイク道具や寝具は清潔に保ちましょう

メイク道具や寝具は常に清潔にしていますか?

肌に直接触れるパフやブラシは定期的にお手入れをしないと雑菌だらけになってしまいます。

ファンデーション用のパフやスポンジは2~3日に1度・ファンデーションやチーク用ブラシは最低でも1週間に1度はお手入れしていきましょう。

  • パフ・スポンジのお手入れ方法

石けんを使って洗っていきます。しっかりと泡を立ててパフやスポンジについた汚れを落としていきます。

よく揉み出して中の汚れも落としたらしっかりと洗い流していきます。

キレイに洗い流したら、タオルに挟んで水気を取り洗濯ばさみに挟んで干すかタオルの上にのせて日陰で乾かしていきます。

「2日に1度は面倒だな・・」そんな人には使い捨てのスポンジや、シリコンパフをおすすめします。

シリコンパフのお手入れ法は使い終わったら水で洗い流して乾かすだけなのでとても簡単です。

スポンジやパフは100均にも売っているので気になる人は一度足を運んでみて下さいね。

  • ブラシのお手入れ方法

ブラシが汚れてくれると化粧の仕上がりも上手くいかないですよね?ブラシをお手入れする前に、コームを使ってブラシをとかしていきます。

一気にブラッシングすると毛がきれてしまう場合があるので、少しずつほぐしていきます。

石けんや洗剤を使って洗っていく方法もありますが、一番簡単なお手入れ方法は、無水エタノールで洗うことです。

容器の中にエタノールを入れメイクブラシを浸します。ブラシをクルクルと動かすだけでブラシについた汚れがどんどん落ちていきます。

タオルやティッシュでオフしたらお手入れ完了です。無水エタノールは数分で蒸発するので乾燥の手間がかかりません。

  • 寝具

寝具は汗やホコリをどんどん吸い込むので、雑菌が増殖し頬ニキビの原因にもなります。

冬でも寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われているので、シーツ・布団・枕カバーに染みこんでいきます。

枕カバーは2日に1度、シーツや1週間に1度は洗濯し、布団は月に1~2回は干してダニや汚れを取り除いていきます。

布団の表面にダニや死骸・糞が浮き出てくることがあるので取り込んだら両面に掃除機をかけていきましょう。干すことが難しい場合は、布団掃除機を使って予防していきましょう。

枕カバーは肌に直接触れているので特に気を付けなければなりません。

フワッと香る柔軟剤の香りに癒やされる人も多いかもしれませんが、柔軟剤には動物性脂肪が含まれているので敏感肌の人は避けた方が良いでしょう。

2日に1度洗濯するのが面倒な人はタオルを枕の上に敷いて、頻繁に交換するだけでも充分ニキビ予防になります。

  • 適度な運動

汗をかくことで乾燥予防やデトックス効果があります。血液の流れが良くなるのでは肌に必要な栄養も届けやすくなるのでターンオーバーも正常に機能します。

ニキビ対策になる運動はウォーキングやサイクリング、ジョギングや水泳、ヨガといった有酸素運動です。

運動が苦手な人でもウォーキングやヨガなら始めやすいのではないでしょうか。

また、軽い運動は精神的なストレスを解消する効果があるので内的要因でもあるストレスニキビを予防することもできるのです。

一駅分歩いてみたり、自転車を使って移動してみたりと自分のできる範囲からはじめてみてください。

  • 睡眠

睡眠不足は肌の大敵です。睡眠不足は自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。

リラックスしている状態は副交感神経、興奮している状態は交感神経が優位になります。

不規則な生活や睡眠不足は交感神経が優位になり男性ホルモンが促進されて皮脂分泌を活発にします。過剰な皮脂分泌はニキビの原因になります。

携帯やパソコンの光(ブルーライト)は太陽の光と近い性質があり、脳が「起きている状態」と認識してしまいます。

寝る1時間前は携帯やパソコンには触れずに寝る準備をしていきましょう。

肌に良い食べ物は?

人間の身体は食べ物でできているので、偏った食生活は体にも肌にも悪影響です。

肌に良い食材もあれば悪い食材もあるのでご紹介していきたいと思います。

単体の栄養素を沢山摂取するのではなく、バランスよく摂取していくことが大事なポイントです。

ニキビに良い食べ物

  • ビタミンB群・・ビタミンB群にはターンオーバーの手助けをしたり、爪・髪・肌の再生効果や脂質・糖質をエネルギーに変える働きがあるので、肌に良いだけではなくダイエットにも良い栄養素です。ビタミンB群はアンチエイジングや美肌作りには欠かせません。

 

  • ビタミンB1(糖質をエネルギーに変える働き・ターンオーバーを促進)・・・豚肉・うなぎの蒲焼き・たらこ・玄米・大豆・ほしのり・ひらたけ

 

  • ビタミンB2(細胞の再生効果と成長促進効果)・・・レバー・うなぎの蒲焼き・いくら・魚肉ソーセージ・しじみ・チーズ・ほしのり

 

  • ビタミンB3ナイアシン(タンパク質や脂質、糖質の代謝促進・抗酸化作用)・・たらこ・鰹節・いわし・鶏ささみ・牛、豚レバー・焼豚・落花生・干し椎茸

 

  • ビタミンB5パンテトン酸(抗炎症効果・肌のキメを整える)・・レバー・納豆・卵黄・たらこ・子もちカレイ・アボカド・もろへいや

 

  • ビタミンB6(タンパク質の合成を助け髪や爪、肌の成長促進効果)・・まぐろ・さんま・カツオ・塩鮭・鶏肉・牛肉・バナナ・抹茶・焼き海苔

 

  • ビタミンB7ビオチン(炎症を抑える効果・コラーゲンの生成を促す)・・あさり・ししゃも・ナッツ類・卵黄・鶏レバー・あおのり・まいたけ

 

  • ビタミンB9葉酸、ビタミン12(協力し合って赤血球を促進・貧血防止)・・酵母・あまのり・鶏レバー・わかめ・大豆・からしな・きな粉

ビタミンC

ニキビの炎症を抑え、ターンオーバーを促進してくれるのでニキビ跡やシミ・そばかすにもビタミンCが効果的です。

また抗酸化作用があるので、過剰な活性酸素を防ぐ効果もあるのです。活性酸素は老化の原因になります!

  • ビタミンC・・トマピー・赤ピーマン・黄ピーマン・ブロッコリー・ルッコラ・アセロラジュース・レモン・キウイフルーツ・焼き海苔

ビタミンA

ビタミンAはキメ細かい肌作りや毛穴の詰まりを解消する効果があります。また乾燥を防ぎ皮膚の潤いを保つ効果もあります。

ビタミンAは紫外線によって減少してしまうので、すこやかな肌を保つ為にはビタミンAを常に補給してあげることが大切なのです。

  • ビタミンA・・レバー・うなぎ・ホタルイカ・いくら・銀ダラ・チーズ・卵黄・抹茶・パセリ・モロヘイヤ・ニンジン・ほうれん草

ビタミンE

ビタミンEは老化の原因となる活性酸素を減少させたりターンオーバーを促進する働きがあります。

保湿効果・抗炎症作用・紫外線防御効果など多彩な効果が認められています。

乾燥肌・敏感肌の人は積極的に摂取することをおすすめします。ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。

  • ビタミンE・・小麦麦芽・あゆ・にじます・うなぎ・たらこ・ツナ缶・とnひまわり油・ナッツ類・大根の葉・ゆでかぼちゃ

乳酸菌

腸内環境が悪化すると、腸内で食べ物が腐敗し毒素が溜まってしまいます。

毒素は血液を通じて全身に回るので肌トラブルは勿論、口臭・便秘・体臭・胃もたれ・便秘の原因になってしまいます。口臭・体臭は嫌ですよね・・。

腸内環境をしっかり整えて、体の中からキレイになりましょう。

  • 乳酸菌・・ナチュラルチーズ・味噌・キムチ・ぬか漬け・塩麹・ヨーグルト・納豆・乳酸菌飲料

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質のひとつで肌・髪・爪・筋肉・骨など人間の体を作るためには欠かせない成分です。

「コラーゲンは体内で分解されるから意味がない。」と言われていますが、コラーゲンが豊富な食べ物は、新たにコラーゲンを育成するとも言われているで肌のハリ、ツヤを作る大切な美容食なのです。

  • コラーゲン・・豚足・牛すじ・鶏手羽元・軟骨・鶏皮・スッポン・フカヒレ・カレイ・エビ・エイヒレ

ジュースで美肌の栄養素をチャージ

一人暮らしや忙しいとバランスの良い食事をとるのって中々難しいですよね。

簡単に栄養を摂れる野菜ジュースやトマトジュース・アセロラジュース・飲むヨーグルトで簡単に取り入れていきましょう。

コンビに・スーパーでも購入できるので忙しい朝にもぴったりですよね。

市販の物は塩分や糖質・脂質が多く入っている物が多いので栄養成分表や原材料名をよく見て購入して下さい。

基本は肉・魚・卵・豆類・野菜・海藻・果物を中心に、1日30品目を目標にしていきましょう。

まとめ

食生活・生活習慣・メイクや寝具の汚れ・スキンケア方法など、日常生活の中で大人ニキビを予防する方法をご紹介させていただきました。

生活していると中々気がつかないことも、これを機にニキビ予防をしてみて下さいね。大人ニキビを予防することは同時に、老けさせない肌作りにも繋がってきます。

5年後10年後に向けてしっかりと美肌作りをしていきましょう。

頬にできたひどい大人ニキビが治らない原因は何?

2017.12.12

大人ニキビに効果のある皮膚科で処方される薬と種類について

2017.06.22

大人ニキビに効果のある人気スキンケアランキング

2017.06.22

大人ニキビに最も優秀な市販のおすすめ薬ランキングについて

2017.06.21

大人ニキビの治し方!薬を使用した初期は荒れる?荒れない方法とは

2017.06.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です