赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

憂鬱だったニキビが治った!と、安心したのも束の間。いつまでも赤みのあるニキビ跡が消えずに悩んだ人は多いのではないでしょうか。

赤みのあるニキビ跡は自然と消滅するからケアが要らないといわれていますが、赤みのあるニキビ跡を放置しておくとシミの原因になることがあります。

今回はシミの原因になる赤みのあるニキビ跡の治し方の方法をお伝えします。

スポンサードリンク

ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、ニキビの炎症により毛穴や毛穴周辺の皮膚組織が損傷し、損傷した部分が完治せずに症状が残った状態になることです。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は皮下組織の損傷の症状によって、次の5種類に分類されます。

  • 赤みのあるニキビ跡
  • 色素沈着したニキビ跡
  • クレーターのニキビ跡
  • しこりのあるニキビ跡
  • ケロイド状のニキビ跡

赤みのあるニキビ跡と色素沈着したニキビ跡は、正しいセルフケアを行えば改善しますが、深層部の皮膚組織の損傷が大きいクレーターやしこり、ケロイド状になったニキビ跡は、セルフケアだけでは改善しませんので、美容皮膚科等の専門医の治療が必要になります。

赤みのあるニキビ跡の原因とは?

ニキビ跡の種類のうち、ニキビが治った後に、多くの方が経験する赤みのあるニキビ跡は、どのような原因があるのかを見ていきましょう。

赤みのあるニキビ跡の原因には、以下の2つになります。

肌内部の炎症により赤くみえる

ニキビができてから6カ月以内の赤みのあるニキビ跡は、ニキビが治っているように見えても肌内部にまだ炎症が残っているために、ニキビ跡が赤く見えます。

毛細血管が赤くみえる

ニキビができてから6カ月以上経過しても消えない赤みのあるニキビ跡は、肌の表皮や真皮層がニキビの炎症によってダメージを受け薄くなり、皮膚の下にある筋肉や血管が透けて赤く見えている状態です。

赤みのあるニキビ跡の治し方

赤みのあるニキビ跡は、ニキビが治った後の症状のため、ケアをしなくても時が経過すれば改善すると言われています。

しかし、ケアをせずにそのままの状態を続けているとなかなか赤みが消えなかったり、シミとして肌に残ってしまったりと症状が悪化するため、早期にケアを行う必要があります。

赤みのあるニキビ跡の治し方には、セルフケアと美容皮膚科等の専門医での治療がありますので、一つずつ見ていきましょう。

セルフケアで治す方法

セルフケアには、ニキビ跡に効果のあるスキンケアとフードケアの2つの方法があります。

  • スキンケア

ニキビ跡が残る肌の状態は、新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが乱れ、紫外線など外部からのダメージを受けやすくなっています。

このため、ニキビ跡のスキンケアは、残っている炎症を抑えながら、肌のターンオーバーを正常にし、外部からのダメージを受けにくい健康な肌を作る必要があります。

そのために、肌への浸透力が高く、自分の肌質にあったスキンケア商品を選び、正しいスキンケア行うことが、ニキビ跡を早期に改善することになります。

  • フードケア

人間の皮膚はとても正直で、食べ物によって肌の状態が左右されます。

ニキビ跡が消えずに残っている時には、現在の食事が肌の負担になっている場合が多いので、食事の見直しを行い、ニキビ跡に効果のある食べ物を摂りましょう。

でも、ニキビ跡に効果のある食べ物といっても迷ってしまいますので、簡単に紹介したいと思います。

・タンパク質:摂取すると体内でアミノ酸に分解しコラーゲンを生成。
肉、魚、卵、乳製品など

  • ミネラル成分:新陳代謝を高めデトックス効果のある亜鉛や鉄など
    レバー、牡蠣、納豆、海草類など

 

  • ビタミンA:皮膚や粘膜の強化作用
    レバー、人参、うなぎなど

 

  • ビタミンB2とビタミンB6:皮膚や粘膜を強化作用
    レバー、ニンニク、うなぎ、マグロ、納豆など

 

  • ビタミンE:シミのもととなる活性酸素を抑制する作用
    アーモンドなどのナッツ類、たらこなどの魚卵や肝、小麦胚芽など

 

  • ビタミンC:美白効果や免疫力強化作用
    パセリ、ブロッコリー、ピーマン、レモン、いちごなど

これらの食べ物をバランスよく摂取し、赤みのあるニキビ跡を早めに治しましょう。もし、食べ物で補えない場合には、サプリメントも上手に利用するといいですね。

スポンサードリンク

美容皮膚科等の専門医で治す方法

美容皮膚科等の専門医で行う治療になり、以下のような方法があります。

レーザー治療

レーザー治療とは、シミなどのニキビ跡に瞬間的にレーザー照射し、除去する方法です。

そのため、正常な細胞にはダメージを与えず、皮膚を切開や縫合をしないので、出血や傷跡が残ることはありません。

  • 熱治療

熱治療とは、高周波(RF)による熱エネルギーを肌にダメージを与えずに肌の真皮層に働きかけながら、コラーゲンの生成を促す治療方法になります。

皮脂の分泌を正常にしながら、皮膚のターンオーバーを正常にする作用があり、赤みのあるニキビ跡や色素沈着をおこしたニキビ跡に効果のある治療法です。

  • 光線治療

光線治療で使われる光は、1点だけ照射するレーザー光線と違い、可視光線の領域を幅広くカバーし、さまざまな波長の光を同時に出せ、1回の照射で多様な効果が得られる治療法になります。

ケミカルピーリング

蓄積された古い角質をサリチル酸マクロゴールやグリコール酸でピーリングをしながら、新しい素肌を取り戻す方法です。

ピーリング剤の酸を使用し、固くなった角質層を除去し、毛穴詰まりや脂性肌状態を解消し、肌の機能を正常にしながら、ニキビやニキビ跡を改善します。

また、余分な角質を除去することで他の治療の効果を高め、肌質を柔らかくすることで、肌トラブルを起こしにくくします。施術後は、角質剝離の状態のため、肌が乾燥することがあります。

その他のケアポイント

赤みのあるニキビ跡の治し方には、スキンケアやフードケア、美容皮膚科等の専門医での治療を行うこと以外にもケアして欲しいポイントがあります。

以下の3点は特に、プラスポイントとして行ってくださいね。

  • 良質な睡眠をしっかりととる

睡眠は人間の体作りに大きく関与しています。睡眠不足になると免疫力の低下やホルモンバランスの乱れなどが生じ、ニキビ跡が改善しない他にも、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病、睡眠障害や神経障害などの病気を誘発します。

睡眠時間は人によって異なりますので、睡眠時間を重視するよりも、質の高い睡眠を心掛けましょう。朝スッキリと気持ちよく目覚められる睡眠があなたにとって最適で質の高い睡眠時間になります。

  • ストレッチで新陳代謝アップ

毎日5分間でも良いので、体全体の筋肉をストレッチで伸ばしましょう。ストレッチを行うことで、血行が良くなり新陳代謝も上りスタイルアップにもなりますよ。

そして、1週間に1回の割合で、お気に入りの音楽を聴きながらストレッチを行ってみましょう。ストレス発散にもなりますので一挙両得ですね。

角度を変えて物事をみよう!

現代社会はストレスが溜まる一方です。でも、一つひとつストレスを抱えていては、身が持ちません。嫌なことでも少し角度を変えてみると違った風景が見えてきたりします。

また、物事をなるべくポジュティブ志向で考えてストレスを貯めこまないようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

「赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!」をお伝えしましたがいかがでしたか。

赤みのあるニキビ跡の治し方には、セルフケアと美容皮膚科等の専門医での治療の2通りがありますが、自分のニキビ跡の状態によって使い分けをおすすめします。

赤みのあるニキビ跡は、ニキビが治った初期段階なので、早くケアを行えば、回復期間が短くてすみます。

しかし、いつまでも赤みが改善されない場合には、美容皮膚科等の専門医での治療が必要になりますので、ニキビ跡の状態をいつでも確認しておきましょう。

ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

2017.12.13

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2017.12.13

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2017.12.12

薬局で購入できるニキビに最も効く薬について

2017.12.12

ニキビ薬の塗り方や絆創膏の使用方法と効果について

2017.12.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です