ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

悩んでいたニキビが治った!だけど、顔に色素沈着やシミのニキビ跡…そんな時は、とってもショックですよね。

ここでは、「色素沈着やシミのニキビ跡を改善する方法について」お伝えしています。

スポンサードリンク

ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、ニキビが治った後に、赤みが残ったり、茶色くなったり、凹凸やケロイド状になったりすることをいいます。

ニキビ跡には、次の4つの種類があります。

  1. 赤みのあるニキビ跡
  2. 茶色く色素沈着したニキビ跡
  3. クレーター状になったニキビ跡
  4. ケロイド状になったニキビ跡

ニキビ跡になるニキビとは?

では、どのようなニキビがこれらのニキビ跡を引き起こすのでしょうか。まず、ニキビの種類からみていきしょう。

ニキビの種類

ニキビの呼び方には、ニキビができる段階によって、違いがあります。

  • 白ニキビ
    ニキビの初期段階で、皮脂や古い角質などの老廃物が毛穴詰まりを起こしている状態のニキビ。「閉鎖面皰」や「コメド」ともいわれています。

 

  • 黒ニキビ
    白ニキビの毛穴詰まりが開いて、中の老廃物が酸化している状態のニキビ。「開放面皰」ともいわれています。

 

  • 赤ニキビ
    毛詰まりを起こした白ニキビが、アクネ菌の増殖によって炎症を起こしている状態で、赤くなっているニキビ。

 

  • 黄ニキビ
    赤ニキビの炎症が更に進み、膿を持った状態のニキビ。

 

  • 紫ニキビ
    黄ニキビが更に悪化した状態のニキビ。

ニキビ跡になるニキビはコレ!

では、どのニキビがニキビ跡になるのでしょうか。

白ニキビや黒ニキビは、ニキビができ始めの初期段階なので、しっかりとしたニキビケアを行なっていれば、肌の自然治癒力によって、ニキビ跡にはなりません。

しかし、赤ニキビや黄ニキビは、既に、炎症や膿みによって、肌組織に影響を及ぼしている状態です。そのため、赤ニキビと黄ニキビは、ニキビ跡になりやすくなります。

また、紫ニキビは、肌の深層に、膿や血液が滞っている状態のため、クレーター状のニキビ跡になる確率が高くなります。

ニキビ跡にさせないためにも、赤ニキビや黄ニキビの時にしっかりとしたニキビ対策を行いましょう。

ニキビ跡になる原因って何?

しかし、ニキビができた人が、全てニキビ跡になるわけではありません。そのため、ニキビの炎症でニキビ跡になる他に、ニキビの炎症を更に加速させる原因が考えられます。

それは、ニキビを自分で潰す行為です。

ニキビを自分で潰すと、手や指に付着した細菌がニキビに入り、ニキビの炎症が更に悪化します。

人間の皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織の層で作られています。特に真皮は、美肌作りに最も重要な物質のコラーゲンやヒアルロン酸などが多い所です。

ニキビの炎症が真皮まで達した場合には、皮膚に大きなダメージを与えていることを知っておきましょう。安易に、自分でニキビを潰してしまうのは、NGですよ!

スポンサードリンク

どうして色素沈着のニキビ跡になるの

では、どうしてニキビが色素沈着を起こすのでしょうか。

ニキビの炎症でダメージを受けた肌は、メラノサイトが活性化して、大量のメラニンを生成するために、ニキビが茶色くニキビ跡に変化します。茶色に変化したニキビ跡が色素沈着を起こし、シミとして残ります。

また、新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが不規則になり、古い角質が蓄積されることもニキビ跡の原因となります。

色素沈着やシミになったニキビ跡を改善する方法とは?

色素沈着やシミになったニキビ跡を改善するには、自分で行うホームケアと美容皮膚科で治療を受ける方法があります。

2つの方法について、それぞれどのように色素沈着やシミのニキビ跡を改善するのかをみていきましょう。

ホームケアで改善する方法

ホームケアで色素沈着やシミになったニキビ跡を改善するには、「スキンケア対策」と「食生活の改善」の2つがポイント!

この2つの改善方法をどのようにすれば良いのかをみていきましょう。

スキンケア対策

色素沈着やシミのニキビ跡は、新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが不規則な状態の肌です。また、メラニンの生成が盛んな状態になっているため、日焼けの影響を受けやすい肌状態です。

これらのことを踏まえると、色素沈着やシミのニキビ跡を改善するには、新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを正常にしながら、保湿対策と肌の中にメラニンを残さず新たなシミを作らない為の日焼け対策、新たなニキビを作らないスキンケアをする必要があります。

そのためには、毎日の正しい洗顔と保湿効果のある浸透力の高い化粧品のスキンケア対策と紫外線予防対策、美白対策が重要になります。

では、どのようなスキンケア商品を選べば良いのでしょうか。

色素沈着やシミのニキビ跡を改善するスキンケア商品を選ぶ時のポイントは次の5つ。

  • ノンコメドジェニックのスキンケア商品
  • 保湿力のあるスキンケア商品
  • ビタミンC誘導体を配合している商品
  • ハイドロキノン製剤が配合されている商品
  • UVケア商品
食生活の改善

スキンケアも大事だけれど、食事や生活習慣なども色素沈着やシミのニキビ跡を改善する上では、食生活の改善もとても大切です。

脂肪分や糖分の多い食事を摂る食事バランスの崩れや不規則な睡眠、ストレスなどもニキビ跡には、大敵です。特に、次のポイントを重点的に行いましょう。

生活リズムを整える

定期的な運動やストレッチで新陳代謝を整え、ストレスを発散させる。

ビタミンやミネラルなど肌に良い栄養を取り入れ、バランスの良い食事を摂る。

食事では補えない栄養などは、サプリメントで補給する。

美容皮膚科で改善する方法

色素沈着やシミのニキビ跡を美容皮膚科で改善する方法は、機器を使用した治療が基本になります。レーザー治療やイオン導入などが多く用いられています。

美容皮膚科で治療を行う際には、保険診療が使用できないために、金銭の出費がかかります。

レーザー治療

美容皮膚科でのニキビ跡の治療は、レーザーを使用するのが一般的です。

色素沈着やシミのニキビ跡の軽症からクレーターやしこりなど重症のニキビ跡まで幅広く治療に使われています。レーザー治療の施術後は、肌を落ち着かせるためのダウンタイムが必要になります。

イオン導入

イオン導入とは、微弱電流を使い、一時的に肌のバリア機能を弱め、浸透しにくい成分を肌の奥まで届け易くする美容方法です。

イオン導入に使用される成分には、次のような有効成分があります。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • アミノ酸
  • トラネキサム酸
スポンサードリンク

まとめ

ホームケアの場合には、美容皮膚科での治療に比べて、費用がかからないもののニキビ跡の状態によって効果が得られなかったり、悪化したりするデメリットがあります。

また、美容皮膚科の治療ではホームケアに比べて、短時間で改善しますが、金銭的に負担がかかるデメリットがあります。

それぞれの改善方法のメリットデメリットを考えて、自分に合った方法を選択して、一日も早くニキビ跡にサヨナラしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!どんな食べ物が効果的なのか!

2018.02.10

赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

2018.02.10

ニキビ跡やクレーターの治し方と原因・対策などについて

2017.12.13

ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

2017.12.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です