赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

ニキビの炎症が治まって一安心。しかし、ニキビが治まったのにもかかわらず、赤みや色素沈着などのニキビ跡が残ってしまうことがあります。

特に、赤みのあるニキビ跡は、多くの人が経験するノーマルなニキビ跡です。

ここでは、赤みのあるニキビ跡の治し方にはどのような方法があるのかをお伝えしています。

スポンサードリンク

ニキビ跡に種類はあるの?

ニキビ跡とは、ニキビの炎症によって毛穴や毛穴周辺の皮膚組織に損傷ができ、損傷した部分が赤みや色素沈着、凹凸やケロイド化した状態になったことです。

ニキビ跡は状態によって、次の4つの種類があります。

  • 赤みのあるニキビ跡
  • 色素沈着したニキビ跡
  • クレーター状にになったニキビ跡
  • ケロイド状になったニキビ跡

全てのニキビ跡はセルフケアで治るの?

これらのニキビ跡は、皮膚の損傷状態に違いがありますので、全てのニキビ跡がセルフケアで治ることはありません。

これからお伝えする赤みのあるニキビ跡は、皮膚の炎症が起きてから時間的に浅いため、おきている炎症を抑えることで、ニキビ跡の種類の中でも、ニキビ跡が改善しやすいといわれています。

また、色素沈着したニキビ跡もセルフケアで新陳代謝を活発化し、肌のターンオーバーを正常にすることでニキビ跡が改善します。

しかし、クレーター状やケロイド状になったニキビ跡は、肌の深層部の皮膚組織の損傷が大きいため、セルフケアだけでは改善できず、美容皮膚科等の専門医の治療が必要になってきます。

赤みのあるニキビ跡になる理由とは?

では、ニキビが治ったのにどうして赤みのあるニキビ跡が起きるのでしょうか。

赤みのあるニキビ跡になるのは、次の2つが考えられます。

  • 肌の内部の炎症により赤く見える。
    表面のニキビが治っているように見えても、6か月以内は、肌の内部にまだ炎症が残っている状態が続いているために、赤く見えます。
  • 毛細血管で赤く見える。
    ニキビが落ち着いても6か月以上赤みが残っている場合には、ニキビになっていた部分の皮膚が薄くなっているために、皮膚の下にある筋肉や血管が透けて見えるために赤く見えます。

赤みのあるニキビ跡はケアが必要なの?

赤みのままケアをせずにいると、赤みが消えずに、色素沈着したまま肌にシミとなって残ってしまいます。

それを防ぐためにも、ニキビ跡の初期段階のうちに、しっかりとしたホームケアを行い赤みのあるニキビ跡を撃退しましょう。

赤みのあるニキビ跡の治し方はコレ!

では、早めのケアで治すことができる赤みのあるニキビ跡は、どのような治し方があるのでしょうか。

赤みのあるニキビ跡の治し方には、自分で行うホームケアと美容皮膚科で治療を受ける方法があります。

それぞれの治し方には、どのような方法があるのかをみていきましょう。

赤みのあるニキビ跡の治し方:ホームケア

ホームケアで赤みのあるニキビ跡を治すには、赤みのあるニキビ跡の原因である肌内部の炎症を抑えるスキンケアと食生活を改善する方法になります。

スキンケア

赤みのあるニキビ跡の肌は、新陳代謝が低下し肌のターンオーバーが不規則で、薄くなっているために、紫外線などの影響を受けやすい状態になっています。

そのため、赤みのあるニキビ跡は、次のようなスキンケアを行いましょう。

  • 肌内部に残っている炎症を抑える。
  • 新陳代謝を向上し、ターンオーバーを正常な状態に戻す。
  • 外部からのダメージを跳ね返す健康な肌作りをする。
  • 新たなニキビを作らない。
  • 毎日のスキンケアを怠らない。

スキンケアのポイントは、洗顔。気を抜かないで丁寧な洗顔を心掛けましょう。

これらは、全てのニキビ跡のケアにも言えることで、スキンケアを行う上で、大切なポイントです。

赤みのあるニキビ跡に使用するスキンケア商品を選ぶ際のポイントを紹介します。

  • ノンコメドジェニックのスキンケア商品

新たなニキビを増やさないためにも必要です。

  • ビタミンC誘導体を配合しているスキンケア商品

ビタミンC誘導体を配合しているスキンケア商品で、肌内部の炎症を鎮めます。

  • 浸透力のあるスキンケア商品

浸透力のあるスキンケア商品で、肌の乾燥を防ぎ保湿効果をアップする。

食生活の改善

スキンケアを行いながら、食生活の見直しと改善を行います。私達の肌は、とてもデリケートで、食生活によって肌状態が如実に違ってきます。

ニキビ跡が長引く人は、現在の自分の食生活を一度、振り返ってみましょう。

  • 食事の見直しと改善

食べることは、私達が生活していく上で、体を維持するための基本です。

また、食べ物によって肌の質が変わってきますので、スキンケアだけでなく、体の中から肌へ栄養分を送ってあげましょう。

食事の基本は、次の五大栄養素です。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • 無機質

これらの栄養素を含んだ食物をバランス良く摂るのが理想的です。特に、ニキビ跡を改善するには、次の3点が重要になります。

  • たんぱく質
    「たんぱく質」は、摂取すると体内でアミノ酸に分解されコラーゲンを生成する働きがあります。肉や魚、卵や乳製品に多く含まれています。
  • ビタミンB群
    「ビタミンB群」は、皮膚や粘膜を強くしたり、修復したりする働きがあります。レバーや鰻、マグロや納豆などに多く含まれています。
  • ビタミンC
    美白効果や免疫力を高める作用がある「ビタミンC」は、赤みのあるニキビ跡や色素沈着やシミのニキビ跡には、特におすすめです。

これらの栄誉素を食べ物から摂取することが難しい時には、サプリメントなどの栄養補助食品を上手に利用します。

しかし、栄養素の摂り過ぎも身体に負担がかかることがありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク
良質な睡眠をとる

今のあなたは、睡眠負債を抱えていませんか?睡眠不足が重なり、心身ともに障害が生じる睡眠負債は、深刻な問題です。

ニキビ跡のケア以外にも、精神的な苦痛が伴いますので、軽いうちに、睡眠不足を打破しておきましょう。

睡眠時間は、個人によって違いがあります。朝、すっきりとした目覚めたられた睡眠が、あなたにとっての良質な睡眠時間です。

定期的な運動

定期的な運動をすることで、新陳代謝が活発化し、ストレスが発散される効果があります。

運動が苦手な人は、ストレッチでも効果がありますので、日常生活に取り入れてみてくださいね。

赤みのあるニキビ跡の治し方:美容皮膚科での治療

ニキビ跡の初期段階の赤みのあるニキビ跡の時に、しっかりニキビ跡のケアを行うとニキビ跡をスムーズに改善できます。

ニキビ跡は保険診療が使えず、自費診療になりますが、赤みのあるニキビ跡のうちに、早めに美容皮膚科での治療を受けると悪化した場合に比べて、費用が抑えられます。

美容皮膚科で行う赤みのあるニキビ跡の治療は、美容皮膚科ごとに多少の違いはありますが、次のような治療が一般的です。

  • レーザー治療

赤みのあるニキビ跡専用のレーザー機器を使用し、赤みのあるニキビ跡にレーザーを照射させ治療する方法です。赤みのあるニキビ跡のほか、炎症性の赤ニキビや赤ら顔、毛細血管拡張症などの治療にも用いられます。

  • イオン導入

肌に微弱電流を流し、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの有効成分を肌の真皮層に浸透させニキビ跡を改善する方法です。スキンケア商品では、真皮層まで浸透しにくいため、専用の機器を使用して有効成分を真皮層に届けます。

美容皮膚科の機器とは効果の違いがありますが、家庭用のイオン導入器が市販されています。

イオン導入は、ニキビ跡の軽減の他、ニキビの鎮静化、ターンオーバーの正常化、メラニン生成の抑制など多岐にわたって、治療できます。

イオン導入は、単独使用ではなく、LED治療やピーリング、角栓除去の治療と組み合わせて行うことが多くなります。

  • LED治療

値の違う2つの波長を順に連続照射し、皮膚の深部までエネルギーを到達させる治療法です。コラーゲンの生成、肌のターンオーバーや創傷の促進、ニキビ菌の殺菌やニキビ痕の改善ができます。

スポンサードリンク

まとめ

「赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!」をお伝えしました。

赤みのあるニキビ跡の治し方には、自分で行うホームケアと美容皮膚科での治療の2通りがあります。自分で行うホームケアは、費用が少なくすむメリットがある反面、途中で挫折しない強い意志が必要です。

また、美容皮膚科で治療を行う場合には、ホームケアよりも費用がかかるデメリットがあります。

それぞれの方法を良く吟味した上、自分に適した方法で赤みのあるニキビ跡を早く撃退しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ニキビ跡やクレーターの治し方と原因・対策などについて

2017.12.13

ニキビ跡の治し方!どんな食べ物が効果的なのか!

2017.12.13

ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

2017.12.13

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2017.12.13

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2017.12.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です