薬局で購入できるニキビに最も効く薬について

顔にできるととっても気になるニキビ。ニキビは「尋常性ざ瘡」という保険診療で治療が受けられる病気なので、皮膚科で治療することが望ましいですね。

でも、皮膚科に行く時間の余裕がない時には、近くの薬局で購入できるニキビに効く薬で、早めに治したいですよね。

ここでは、薬局で購入できるニキビに最も効く薬についてお伝えしています。

スポンサードリンク

薬の分類

薬局で購入できるニキビに最も効く薬について、お伝えする前に、まず、「薬」について考えてみましょう。

私達は一般的に「薬」と称して呼んでいますが、正式には、「医薬品」といいます。医薬品は、次の2つに分類されています。

  • 医療用医薬品
  • 一般用医薬品(OTC医薬品)

医療用医薬品は、主に医師が処方したり、使用したりする医薬品のことです。医師による医療行為以外の場合には、医師の処方箋がないと受け取れない薬です。

一般用医薬品(OTC医薬品)は、薬局、薬店、ドラッグストアなどで販売されている医薬品のことです。

薬局で購入できる薬を知っておこう

薬局で購入できる薬は、以前は「市販薬」と呼ばれていましたが、現在では、「OTC医薬品」と一般的に呼ばれています。

OTCは、「Over The Counter」(オーバー・ザ・カウンター)の略で、カウンター越しに、薬を販売することから由来しているそうです。

OTC医薬品は、自分自身で健康管理を行い、軽い病気の時には医療機関を受診せずに、症状を緩和させる薬を薬局で購入し、自分の健康は自分で守るようにした制度です。これを「セルフメディケーション」といいます。

薬局で購入できる薬は、医師が処方する薬に比べて、効き目や副作用が穏やかです。しかし、医師が処方する薬と違い、副作用などの事故が起きた場合には、購入者の自己責任となります。

薬局で購入できる薬を販売できるのは、国家資格を持った薬剤師や登録販売者になります。

薬局で購入できる薬の種類とは?

薬局で購入できる薬には、副作用のリスクで分類される種類と、形状や効果別で分類される種類があります。

リスク分類

薬局で購入できる薬は、次のようにリスク分類されています。

  • 要指導医薬品
  • 第一類医薬品
  • 第二類医薬品、指定第二類医薬品
  • 第三類医薬品

要指導医薬品と第一類医薬品は、薬剤師のみが販売することができます。第二類医薬品と指定第二類医薬品、第三類医薬品は、薬剤師と登録販売者が販売することができます。

形状や効果別分類

薬局で購入できる薬には、形状や効果別に次のように分類されています。

  • 塗り薬
  • 飲み薬

塗り薬には、創傷部分やニキビなどに直接塗るタイプの薬です。軟膏、クリーム、ローションなどがあります。

飲み薬は、即効性はないのですが、ニキビのなりにくい肌に改善するタイプの薬です。錠剤、粉末、顆粒、カプセル、ドリンクなどがあります。

ニキビってなに?

薬局で購入できる薬には、様々な種類があることが分かりましたね。

では、次にニキビについて考えてみましょう。ニキビにも様々な状態のニキビがあり、できているニキビの状態ごとに使用する薬が違います。

ニキビはどうしてできるの?

ニキビになる原因は、人それぞれによって違います。では、ニキビができる原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

ニキビができる原因には、次のようなことが考えられますが、これらの原因がいくつも重なることによって、ニキビができます。そのため、一概に、ニキビの原因はコレだ!とは言えません。

ニキビができる直接的な原因

皮脂の過剰分泌によるニキビ菌の増殖によって毛穴が炎症をおこす。

ターンオーバーが乱れることによる角質が肥厚になり、毛穴が塞がれ炎症をおこす。

ニキビができる間接的な原因

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 誤ったスキンケア

このようなことが考えられます。

ニキビができる過程とは?

ニキビはある日突然、顔に現れると思っている人が多いようですが、そうではありません。ニキビは次のような過程を踏んで、顔に現れます。

  • ニキビ初期…白ニキビ

皮脂や老廃物などで毛穴が詰まり、白く盛り上がっている状態。

  • ニキビ中期…黒ニキビ、赤ニキビ

黒ニキビは白ニキビの毛穴が開き、中の皮脂などが酸化して黒ずんだ状態。

赤ニキビは白ニキビが悪化して、炎症を起こし赤く腫れ痛みのある状態。

  • ニキビ末期…黄ニキビ(膿ニキビ)

赤ニキビが更に悪化して、炎症が進み黄色の膿を持った状態。

黄ニキビの状態になると、炎症によって毛包壁が破壊され、ニキビの患部の炎症が拡大している状態です。

薬局で購入できるニキビに効く薬とは?

ニキビができる過程が分かったところで、次は、薬局で購入できるニキビに効く薬には、どのような薬があるのかをみていきましょう。

病気を治す時には、それぞれの症状に合わせた効能や効果のある薬を服用したり使用したりしますよね。

例えば、発熱した時には熱を下げる解熱剤、打ち身や捻挫をした時には痛みや炎症を抑える湿布薬などが良い例ですが、それと同じように、ニキビの場合も、ニキビを治すのに有効な成分を配合した薬を使用し、ニキビを撃退することになります。

スポンサードリンク

ニキビに効く薬の成分はどんなのがあるの?

ニキビを治すには、できたニキビの殺菌や炎症を抑える薬を使用することです。そのためには、ニキビに効く薬には、どのような成分が配合されているのかを知ることが重要です。

ニキビに効く薬には、次のような成分が配合されています。

  • 殺菌作用のある成分…イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用で、ニキビの原因菌である「アクネ菌」や背中ニキビの原因菌である「マラセチア菌」の進行を抑える働きがあります。

  • 抗炎症作用のある成分…イブプロフェンピコノール、グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症作用で、ニキビの炎症を抑え、新たにできるニキビの生成を抑える働きがあります。

  • 角質軟化成分…硫黄

過剰分泌された皮脂で起きるニキビには、角質を柔らかくし、余分な皮脂を吸収する硫黄成分でニキビを治します

ただし、硫黄成分は乾燥を招くので、乾燥が原因のニキビに使用する時には、充分注意が必要です。

  • 抗菌製剤…オキシテトラサイクリン塩酸塩

抗菌作用で、ニキビの原因菌のニキビ菌を鎮め進行を抑える働きがあります。

  • ステロイド製剤…ヒドロコルチゾン

ステロイド製剤は、抗炎症作用があるため、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

ステロイド製剤には、作用の強弱によって5段階に分類されています。薬局で購入できる薬には、ステロイド製剤の中でも、一番弱い作用のステロイド成分が配合されています。

薬局で購入できるニキビに効く薬はどのような商品があるの?

では、薬局で購入できるニキビに効く薬には、どのような商品があるのでしょうか。

薬局で購入できるニキビに効く薬は、数え切れないほどたくさんありますが、主な薬を上げてみましょう。

  • テラ・コートリル軟膏a…抗菌製剤とステロイド製剤を配合
  • ペアアクネクリームW…抗炎症作用と抗菌作用の成分を配合
  • オロナインH軟膏…殺菌作用の成分を配合
  • ビフナイトn…硫黄と抗炎症作用の成分を配合
  • クレアラシル…硫黄と抗炎症作用、ビタミンE製剤の成分を配合

薬局で購入できるニキビに最も効く薬とは?

ニキビに効く薬局で購入できる薬には、様々な成分が配合されていましたね。

では、薬局で購入できるニキビに最も効く薬は、どれなのでしょうか。ニキビの症状ごとに紹介しましょう。

赤ニキビ・黄ニキビ…テラ・コートリル軟膏a

ニキビ専用の薬ではありませんが、薬局で購入できるニキビに最も効く薬に上げた理由は次の2点です。

化膿した皮膚疾患全般に使用できること。

抗菌製剤とステロイド製剤の配合で、皮膚科で処方されるニキビ薬に近い働きを持っていること

白ニキビ・赤ニキビ…ペアアクネクリームW

効能・効果が吹き出物とニキビ治療薬になる薬です。抗菌作用でアクネ菌を殺菌しニキビや吹き出物の進行を抑える働き。抗炎症作用で赤ニキビの炎症を抑え、白ニキビの生成を抑制する働き。

この2つの働きでニキビや吹き出物を治療することからWとついています。

この薬は、白ニキビにも赤ニキビにも作用する働きの成分が配合され、どの肌質にも使用できる理由から紹介しました。

スポンサードリンク

まとめ

「薬局で購入できるニキビに最も効く薬について」をお伝えしました。

今回は、塗り薬についてお伝えしましたが、塗り薬はニキビに作用する一時的な薬で、ニキビの根本的な治療にはなりません。

また、広範囲のニキビやニキビの種類が混在している場合には、薬局で購入する薬では対応できませんので、皮膚科で治療を受けましょう。

最後に、全てのニキビにいえることですが、ニキビを治すために、日頃の食生活の見直しや正しいスキンケアを毎日行うことが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

2018.02.10

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!どんな食べ物が効果的なのか!

2018.02.10

赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

2018.02.10

ニキビ跡やクレーターの治し方と原因・対策などについて

2017.12.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です