ニキビに効く市販の飲み薬や塗り薬についての詳細

ニキビは男女共通の悩み。ニキビができてから早いうちに皮膚科で治療するように言われるけれど…、皮膚科に行く時間の余裕がない時は、やはり、市販薬に頼ってしまいますね。

ここでは、ニキビに効く市販の飲み薬や塗り薬について紹介しています。

スポンサードリンク

目次

ニキビができるまでの過程

ニキビは、皮脂や乾燥した角質などの老廃物が毛穴を塞ぎ、真皮の中にある毛包が、顔の常在菌であるアクネ菌の増殖によって、炎症を起こしてできる吹き出物の一つです。

ニキビは、できている状態ごとに名前がついています。

炎症がおきていない状態のニキビ

  • 白ニキビ…毛穴詰まりを起こしていて、顔の表面がポツンと白く小さな丘疹ができている状態。別名「閉鎖面皰」といいます。
  • 黒ニキビ…白ニキビの先端が開口していて、毛穴に詰まった老廃物が酸化している状態。別名「開放面皰」といいます。

炎症がおきている状態のニキビ

  • 赤ニキビ…白ニキビが炎症を起こし、赤く丘疹している状態で痛みが伴っているニキビです。
    黄ニキビ…赤ニキビが更に悪化し、膿を持った状態のニキビです。

ニキビには、ニキビの状態によって使用する塗り薬や服用する飲み薬が違います。市販の薬を選ぶ時には、現在できているニキビの状態を確認してから購入しましょう。

ニキビに効く市販の飲み薬について

ニキビに効く市販の飲み薬は、主にニキビができないような肌質への改善を目的とした薬になります。

また、飲み薬の形状としては、錠剤、粉薬、顆粒、カプセル、ドリンクなどがあります。

ニキビに効く市販の飲み薬に配合されている成分とは?

では、ニキビに効く市販の飲み薬は、どのような成分が配合されているのかを次にみていきましょう。飲み薬に配合されている成分と効能や効果については、次のようになります。

飲み薬に配合されているニキビに効く成分は、次の5つ。

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • Lステイン
  • グルクロノラクトン
  • ヨクイニン

では、成分の効果や効能を一つずつみていきましょう。

ビタミンB群

ビタミンは、人の身体作りに必要な五大栄養素の1つで、ビタミンBやビタミンCなど13種類あります。ビタミンの中でも、特にビタミンB群は、皮脂を正常にする働きや肌粘膜などの修復をする働きがあり、ニキビに効果があります。

多くの場合、ビタミンB2「リボフラビン」、ビタミンB6「ピリドキシン塩酸塩」が配合されています。

ビタミンC

ビタミンCは、次のような働きで、ニキビやニキビ跡を改善します。

  • 活性酸素による抗酸化作用によるシミを薄くする働き
  • 肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常にする働き
  • 肌の皮脂や油分を抑制する作用があるため、毛穴詰まりを防ぐ働き

Lステイン

Lステインは、アミノ酸の一種で、次の3つの働きがあり、肌のトラブルであるシミや肌荒れなどを改善します。

  • ターンオーバーを正常化
  • 体の代謝(エネルギー産生)をサポート
  • 抗酸化作用

グルクロノラクトン

人間の体内にあるグロンサンの一種で、肝臓で作られるグルクロン酸となり、肝臓で処理できない老廃物と結合して、体外に排出する作用があります。

ヨクイニン

ヨクイニンエキスは、イネ科ハトムギの主成分で、漢方薬の一種です。イボの治療に使用されていますが、次の作用によって、ニキビ治療にも効果があります。

  • 肌のターンオーバーを正常化する。
  • 排膿や抗炎症作用がある

ニキビに効く市販の飲み薬にはどんな飲み薬があるの?

ニキビに効く市販の飲み薬は、上記の5種類の成分が主成分となっています。

しかし、配合されている成分の種類や量は、メーカーごとに違います。

現在、市販されている代表的なニキビに効く市販の飲み薬としては、「チョコラBB」、「ハイチオールC」、「ペアA」、漢方の「当帰芍薬散」、「桂枝茯苓丸加ヨクイニン」などがあります。それぞれに配合されている成分や服用方法を紹介します。

チョコラBBプラス

15歳以上服用可:第3類医薬品

主成分:ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1

服用方法:1日2回 1回1錠

※この他にも、ニキビに効く飲み薬として錠剤タイプの「チョコラBBピュア」、ドリンクタイプの「チョコラBBドリンクビット」、「チョコラBBドリンクⅡ」や、5歳以上で服用できニキビに効く飲み薬の「チョコラBBジュニア」などがあります。

ハイチオールBクリア(エスエス製薬)

11歳以上服用可:第3類医薬品

主成分:L- システイン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンC

服用方法:1日1回 15歳以上:1回3錠、11歳~14歳:1回2錠

※この他にも、ニキビに効く飲み薬として錠剤タイプの「ハイチオールCプラス」、「ハイチオールCホワイティア」、「ハイチオールC プルミエール」があります。

ペアA錠(株式会社ライオン)

15歳以上のみ服用可:第3類医薬品

主成分:グルクロノラクトン、ヨクイニンエキス、L-システイン、ビタミンB2、ビタミンB6

服用方法:1日2回朝夕。1回1錠。

この他にも、ニキビに効く飲み薬としてドリンクタイプがあります。また、漢方薬配合で第2類医薬品の「ペア漢方エキス錠」があります。

ネオ小町錠(摩耶堂製薬会社)

5歳以上服用可。第2類医薬品

キキョウ、センキュウなど漢方成分、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB5

服用方法:1日2~3回。1回3~5錠。

市販薬の第2類医薬品や第3類医薬品って何?

市販されている薬は、副作用の危険度から、「要指導医薬品」、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「指定第2類医薬品」、「第3類医薬品」に分けられています。

要指導医薬品と第1類医薬品は、国家資格を持った薬剤師のみが販売できる市販薬です。その他の第2類医薬品と指定第2類医薬品、第3類医薬品は、国家資格を持った薬剤師又は、登録販売者が販売できる市販薬になります。

では、次にニキビに効く市販の塗り薬について紹介します。

ニキビに効く市販の塗り薬について

ニキビに効く市販の塗り薬は、ニキビに直接塗布することで、ニキビを治療する薬ですが、ニキビの根本治療ではなく対処療法的な働きになります。

ニキビに効く市販の塗り薬の種類とは?

ニキビに効く市販の塗り薬の種類は、軟膏、クリーム、ローションなどがあります。ニキビの部位によって使い分けをすると良いでしょう。

ニキビに効く市販の塗り薬の有効成分とは?

では、市販の塗り薬に配合されている有効成分には、どのような種類があるのでしょうか。たくさんの有効成分があり、ここで全部記載することは不可能なので、主な有効成分を紹介しましょう。

多くの市販の塗り薬には、「イオウ」か「イブプロフェンピコノール」が主成分として配合されています。

イオウ

イオウには、アクネ菌の殺菌効果、角質を軟化させ、毛穴詰まりを予防する効果、皮脂の過剰な分泌を抑えながら、油分を乾燥させる効果があります。そのため、乾燥が原因のニキビには、不向きです。

イブプロフェンピコノール

イブプロフェンピコノールは、炎症を抑える働きがあります。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌の殺菌効果で、ニキビなどの吹出物の生成を抑制する働きがあります。

グリチルリチン酸二カリウム

甘草の根に含まれるグリチルリチン酸とカリウムを化合させた製剤で、抗炎症作用があり、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

サリチル酸

ヤナギの樹皮に含まれている成分。非ステロイド系の抗炎症作用で、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

アラントイン

胚芽やコンフリーなど植物の根から取れる成分で、肌荒れ防止やニキビの炎症防止の働きがあります。また、新陳代謝を促す働きで美白効果もある成分です。

ニキビに効く市販の塗り薬にはどんな薬があるの?

では、ニキビに効く塗り薬にとのような市販の塗り薬があるのかを成分別に紹介します。

  • イオウ系

アンナザルベ・エース

販売者:第2類医薬品 エスエス製薬株式会社 イオウ

成分名:レゾルシン、グリチルリチン酸

使用回数:1日2〜3回

エスカメル

販売者:第2類医薬品 佐藤製薬株式会社 イオウ

成分名:レゾルシン

使用回数:1日1回

スポンサードリンク

クムメル軟膏

販売者:第3類医薬品 大和製薬株式会社 イオウ

成分名:dl-カンフル 大豆レスチン

使用回数:1日2回

クレアラシルニキビ治療薬クリーム

販売者:第2類医薬品 明治薬品 イオウ

成分名:レゾルシン グリチルリチン酸二カリウム トコフェロール酢酸エステル

使用回数:1日数回

タイワクムメルシエキ

販売者:第2類医薬品 大和製薬株式会社 イオウ

成分名:dl-カンフル ホモスルファミン

使用回数:1日2回

ビフナイトnニキビ治療薬

販売者:第3類医薬品 小林製薬株式会社 イオウ

成分名:グリチルレチン酸 イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

ピンプリット にきび治療薬

販売者:第2類医薬品 資生堂薬品株式会社 イオウ

成分名:レゾルシン グリチルレチン酸

使用回数:1日数回

メンソレータム アクネスシリーズ

販売者:第2類医薬品 ロート製薬株式会社 イオウ

成分名:レゾルシン グリチルレチン酸 トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

使用回数:1日数回

近江兄弟社メンターム アクネローション

販売者:第2類医薬品 近江兄弟社 イオウ

成分名:ホモスルファミン

使用回数:1日数回

  • イブプロフェンピコノール系

アポスティークリーム

販売者:第2類医薬品 ゼリア新薬工業株式会社

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール ビタミンE酢酸エステル

使用回数:1日数回

イハダ アクネキュアクリーム

販売者:第2類医薬品 資生堂薬品株式会社

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

エバユースにきび薬

販売者:第2類医薬品 第一三共ヘルスケア

成分名:イブプロフェンピコノール

使用回数:1日数回

サンクトリート アクネ

販売者:第2類医薬品 協和薬品工業

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

フレッシングアクネクリーム

販売者:第2類医薬品 久光製薬

成分名:イブプロフェンピコノール

使用回数:1日数回

ペアアクネクリームW

販売者:第2類医薬品 ライオン株式会社

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

モアファイン アクネ

販売者:第2類医薬品 協和薬品工業株式会社

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

メンソレータムアクネス25メディカルクリームC

販売者:第2類医薬品 ロート製薬株式会社

成分名:イブプロフェンピコノール イソプロピルメチルフェノール

使用回数:1日数回

  • その他

ペアアクネリキッド治療薬

販売者:第2類医薬品 ライオン株式会社

成分名:サリチル酸 イソプロピルメチルフェノール アラントイン

使用回数:1日2回

オロナインH軟膏

販売者:第2類医薬品 大塚製薬

成分名:クロルヘキシジングルコン酸塩液

使用回数:状態による

ニキビに効く市販の塗り薬について

薬の添付説明書の効能・効果に「ニキビ」が表記されていませんが、抗生物質とステロイド製剤配合の塗り薬は、炎症があるニキビにも効くといわれています。

市販されているニキビに効く抗生物質とステロイド製剤配合の塗り薬には、「テラコートリル軟膏a」、「フルコートF」があります。

抗生物質の殺菌作用とステロイド製剤の抗炎症作用で、炎症のあるニキビを改善します。しかし、広範囲のニキビの使用や長期間の使用はできませんので、ニキビ薬と違い、特に使用する時には注意をする必要があります。

スポンサードリンク

市販の薬はルールに沿って使用しよう

ニキビに効く市販の飲み薬や塗り薬には、服用する量や期間、塗る量や期間が決められていますので、ニキビの悪化や副作用が起きないように、服用や使用する時には、市販の添付文章に必ず目を通しましょう。

服用中や使用中に異常が感じられたら中止する勇気も大切です。そして、市販薬は医者から処方される処方薬と違い、自己責任が伴うことを忘れないで下さいね。

まとめ

「ニキビに効く市販の飲み薬や塗り薬についての詳細」を紹介しました。市販の薬は手頃で購入する時には便利ですが、医師の処方薬に比べると自己責任が伴います。

市販の薬を購入する時には、添付文章を読んで、服用方法や使用方法を守って、早くニキビを治しましょう。

また、ニキビは、毛穴に皮脂や角質などの老廃物が溜まり、毛包にアクネ菌が増殖し炎症を起こしできるものです。

その原因は、ストレスや不規則な生活習慣、アンバランスな食事摂取、スキンケア不足、ホルモンバランスなどさまざまな理由がありますので、ニキビの一番の原因を見つけ出して、ライフスタイルを改善しましょう。

ニキビ薬の塗り方や絆創膏の使用方法と効果について

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2018.02.10

薬局で購入できるニキビに最も効く薬について

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!色素沈着やシミを改善する方法について

2018.02.10

赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

2018.02.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です