ニキビに一番効果のある皮膚科の薬はこちら!

ニキビは「尋常性痤瘡」という病気。保険診療で治療が受けられます。だから、ニキビを早く治したいのなら、皮膚科に行くのがおススメです。しかし、皮膚科で処方されているニキビの薬にはたくさんの種類がありますね。

ここでは、ニキビに一番効果のある皮膚科の薬についてお伝えしています。

スポンサードリンク

皮膚科で行うニキビの治療とは?

皮膚科で行うニキビの治療には、「保険診療」と「自由診療」があります。

保険診療とは、保険証を利用し、ニキビ治療にかかった金額の3割分を窓口負担する診療で、国が指定した保険診療項目の範囲内での治療内容になります。

一方、自由診療とは、保険診療では行えないが疾病に有効な治療内容の治療で、全額実費負担になります。そのため、保険診療に比べて高額な費用がかかります。

皮膚科で行うニキビの保険診療と自由診療の違いは?

では、保険診療と自由診療はどのように違うのでしょうか。

保険診療で行う皮膚科のニキビ治療

皮膚科で行う保険診療の治療は、ニキビの状態に併せて飲み薬や塗り薬の処方やニキビの処置などの治療を保険診療の範囲内で行います。

保険診療で行う皮膚科のニキビ治療は、日本皮膚科学会発行の「尋常性痤瘡治療ガイドライン」に沿って、薬の処方や治療が行われています。

自由診療で行う皮膚科の自由診療

自由診療で行う皮膚科のニキビ治療は、保険診療では治療できないピーリングやレーザー治療などの処置、保険診療では処方できない飲み薬や塗り薬の処方になります。

保険診療と自由診療のW診療は可能?

現在、日本の医療機関では、混合診療が禁止されています。そのため、保険診療と自由診療の同時診療はできませんので、ニキビの治療を皮膚科で受ける際には、しっかりと診療内容を確認しましょう。

皮膚科で診療が受けられるニキビの種類

ニキビには、ニキビができる過程の状態によって呼び方が違います。

非炎症性皮疹

  • 微小面皰(コメド)…毛穴に皮脂や老廃物が詰まっている状態。
  • 白ニキビ(閉鎖面皰)…毛穴に皮脂や老廃物が詰まって、毛穴詰まりが起きて、白く丘疹ができている状態。
  • 黒ニキビ(開放面皰)…白ニキビの先が開いて、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が酸化した状態。

炎症性皮疹

  • 赤ニキビ…白ニキビがアクネ菌の増殖によって炎症を起こし、赤くなり痛みを伴っている状態。
  • 黄ニキビ…赤ニキビがアクネ菌によって更に悪化し、膿んでいる状態。

尋常性痤瘡ガイドラインにみるニキビの重症度とは?

次に、皮膚科がニキビの治療を行うにあたり、指針にする「尋常性痤瘡ガイドライン」のニキビの重症度を参考までに紹介します。

  • 軽症
    片顔に炎症性皮疹が5個以下
  • 中等症
    片顔に炎症性皮疹が6個以上20個以下
  • 重症
    片顔に炎症性皮疹が21個以上50個以下
  • 最重症
    片顔に炎症性皮疹が51個以上

皮膚科で処方されるニキビ薬の種類

では、次に皮膚科でニキビを治療する際に、どのような薬を処方しているのかをみてみましょう。

皮膚科で処方されるニキビ薬は、飲み薬の内服薬と塗り薬の外用薬がありますが、ここでは、ニキビの塗り薬の外用薬について紹介しています。

皮膚科で処方されるニキビの外用薬

皮膚科で処方されるニキビの外用薬には、抗生物質、レチノイド製剤、過酸化ベンゾイル製剤、配合製剤があります。また、形状としては、ゲル、クリーム、ローションがあります。

抗菌製剤

抗菌製剤は、抗菌作用と抗炎症作用で、ニキビを悪化させるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌、除去し、赤みや腫れを改善してニキビを減少させる治療薬です。抗菌製剤には次の外用薬があります。

  • ダラシンTゲル、ダラシンTローション(成分:クリンダマイシンリン酸エステル)
  • アクアチム軟膏、アクアチムクリーム、アクアチムローション(成分:ナジフロキサシン)キノロン系の抗菌薬
  • ゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリーム(成分:ゲンタマイシン硫酸塩)
  • アクロマイシン軟膏(成分:テトラサイクリン塩酸塩)
スポンサードリンク

尋常性痤瘡治療剤

  • レチノイド製剤:ディフェリンゲル(成分:アダパレン)

ディフェリンゲルは、ビタミンA誘導体であるレチノイドの作用を持つ、国内で唯一の外用薬です。ディフェリンゲルは、軽症ニキビから重症ニキビまで幅広く使用できるニキビ治療の中心的存在です。

ディフェリンゲルには、「表皮細胞を角化させ、毛穴詰まりを解消せる作用」と「殺菌作用でニキビ菌を減少させ、炎症を鎮静化する」があり、ニキビ治療と予防する効果があります。

  • 酸化ベンゾイル製剤:ベピオゲル2.5%(成分:過酸化ベンゾイル)

ペピオゲルは、「過酸化ベンゾイル(BPO))2.5%を含んだニキビ治療薬です。海外では以前からニキビ治療薬として扱われていましたが、にほんでは2015年に保険適応になりました。

抗菌作用と角質の改善作用によって、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビにも使用できます。

配合製剤

  • デュアック配合ゲル(成分:クリンダマイシン・過酸化ベンゾイル)

デュアック配合ゲルは、ニキビの有効成分である「過酸化ベンゾイル」と抗菌薬の「クリンダマイシンゲル(ダラシン)」が配合されたゲル状の外用薬です。非炎症性皮疹と炎症性皮疹が混在する急性期のニキビに向きます。ベピオゲルと同じく2015年に保険適応になりました。

抗菌薬を配合することで、ペピオゲルよりも更に、抗菌作用の強い外用薬になります。

抗菌薬が配合されているために、耐性菌が発生するので、長期間使用することはできません。

  • エピデュオゲル(成分:アダパレン・過酸化ベンゾイル)

エピデュオゲルは、皮膚の角化抑制作用のあるレチノイド様物質のアダパレンと、殺菌作用と角質剥離作用の2つをあわせ持つ過酸化ベンゾイルが配合されたゲル状の外用薬です。3つの作用が補合いながら、白ニキビや黒ニキビをできにくくし、赤ニキビへの発展を阻止働きがあるためニキビが減少します。

ニキビの種類別や重症度別にみる皮膚科の薬とは?

皮膚科で処方されるニキビの外用薬が分かったところで、ニキビの種類別に皮膚科ではどのような薬が処方されるのかをみていきましょう。

ニキビの種類別にみる皮膚科の薬

  • 微小面皰(コメド)、白ニキビ、黒ニキビ

コメドと白ニキビや黒ニキビには、「ディフェリンゲル」、「ベピオゲル2.5%」、「エピデュオゲル」が、ニキビの状態に併せて処方されます。この場合には、内服薬よりも外用薬が主流になります。

しかし、赤ニキビや黄ニキビが混在している場合には、「デュアック配合ゲル」や内服薬が処方されます。

  • 赤ニキビ、黄ニキビ

赤ニキビや黄ニキビには、「抗菌内服薬」、「抗菌外用薬」、「ディフェリン」、「ベピオゲル2.5%」、「デュアック配合ゲル」、「エピデュオゲル」が、ニキビの状態によって処方されます。

ニキビの重症度別にみる皮膚科の薬

  • 軽症~中等症
    「ベピオゲル2.5%」
  • 軽症~重症
    「ディフェリンゲル」、「ディフェリンゲル+外用抗菌薬」
  • 中等症~重症
    「デュアック配合ゲル」、「ディフェリンゲル+内服抗菌薬」
  • 中等症~最重症
    「エピデュオゲル」、「エピデュオゲル+内服抗菌薬」

ニキビに一番効果のある皮膚科の薬とは?

ニキビ別と重症度別に、皮膚科で処方される外用薬をみてきましたが、軽症から重症まで幅広く対応している「ディフェリンゲル」が、皮膚科で処方されている薬の中で、一番効果があるといえます。

「ディフェリンゲル」は、ニキビの状態に併せて、飲み薬や作用の違う外用薬を追加することで、どのニキビにも対応可能な薬です。

スポンサードリンク

まとめ

「ニキビに一番効果のある皮膚科の薬はこちら!」を紹介しました。皮膚科の薬にはたくさんの種類がありますが、皮膚科では医師がニキビの状態に併せて薬を処方してくれます。

しかし、薬の効き方や副作用の出方は、人によって違いますので、処方された薬が合わなかった場合には、早めに担当医師に相談しましょう。

ニキビに効く市販の飲み薬や塗り薬についての詳細

2018.03.03

ニキビ跡やクレーターの治し方とはいったい!?

2018.03.03

ニキビ薬の塗り方や絆創膏の使用方法と効果について

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2018.02.10

赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

2018.02.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です