ニキビに効く市販・皮膚科の飲み薬・塗り薬ランキングについて

ニキビができたら、皮膚科へ行くか自分で市販薬を買うかのどちらかになりますが、いずれにしても飲み薬や塗り薬で治療することになります。

薬の効き目は個人差があると言うけれど、やはり知りたいのが薬の効き目のランキング。

ここでは、ニキビに効く飲み薬や塗り薬のランキングについて紹介しています。

スポンサードリンク

ニキビに効く市販薬おすすめランキング

ニキビができた時に、第一選択肢とするのは、薬局などで手軽に購入できる市販の薬ですね。ニキビに効く市販薬には、ニキビに直接つける塗り薬と、身体の中からニキビに間接的に作用する飲み薬があります。

ニキビに効く市販の塗り薬おすすめランキングベスト3

ニキビができた時に多くの人が購入するのが塗り薬です。ニキビに直接つける市販の塗り薬は、手軽に購入できるので重宝しますね。

塗り薬の種類には、「クリームや軟膏」、「ジェル」、「ローション」などがあります。

では、市販の塗り薬の中で、もっともニキビに効く市販薬は、どんな商品なのでしょうか。数あるサイトの中からニキビに効く市販のおすすめな塗り薬について、ランキングを紹介します。

クレアラシルニキビ治療クリーム:3位

クレアラシルと言えば、思春期ニキビで有名なニキビ治療薬です。クレアラシルニキビ治療クリームには、白色と肌色の2つのカラーが揃っています。

  • 販売会社:レキットベンキーザー社
  • 医薬品分類:第2医薬品
  • 効能・効果:ニキビ
  • 有効成分:イオウ、レゾルシン、グリチルリチン酸ニカリウム、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)

4つの有効成分で、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌、炎症を鎮め、ニキビの先端を開かせ皮脂を吸収させながら、大人ニキビにも思春期ニキビにも対応しているニキビ治療薬です。

ペアアクネクリームW:2位

ペアアクネクリームWは、いつも上位を占めているニキビ治療薬です。

  • 販売会社:ライオン
  • 医薬品分類:第2医薬品
  • 効能・効果:吹き出物、ニキビ
  • 有効成分:イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール

アクネ菌を抑制するイブプロフェンピコノールとアクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールのWの成分を配合した塗り薬で、炎症性のある赤ニキビの他、白ニキビも治すことができます。

テラコーリル軟膏:1位

さまざまなサイトがある中でも、いつもランキング1位なのが、この「テラコーリル軟膏」です。テラコーリル軟膏はニキビに効くといっても、ニキビ治療薬ではありません。

  • 販売会社:ジョンソンエンドジョンソン
  • 医薬品分類:指定第2類医薬品
  • 効果・効能:化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、蕁麻疹、化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
  • 有効成分:オキシテトラサイクリン塩酸塩、ヒドロコルチゾン
どうしてテラコートリルはニキビに効果があるの?

テラコーリル軟膏がニキビに効く理由は簡単!ズバリ、抗生物質とホルモン剤が配合されているからなんです。

市販薬の中で、唯一、抗生物質とホルモン剤が配合されている塗り薬です。

抗生物質の抗菌作用とホルモン剤の抗炎症作用によって、ニキビに作用します。

しかし、化膿したニキビに効果がありますが、炎症が起きていない白ニキビや黒ニキビには、効果がありません。

また、抗生物質配合のため長期間使用すると耐性菌ができてしまいます。そして、ホルモン剤が配合されているので、広範囲なニキビには使用できません。

ニキビに効く市販の飲み薬おすすめランキングベスト3

飲み薬は塗り薬と違い、直接ニキビに効くのではなく、体質改善を行いながら、ニキビができにくい肌へ改善していきます。

飲み薬の種類には、「錠剤やカプセル」、「散財」、「顆粒タイプ」があります。

では、ニキビに効く市販の飲み薬のランキングを紹介します。

スポンサードリンク

ハイチオールBクリア:3位

  • 販売会社:エスエス製薬株式会社
  • 医薬品分類:第3医薬品
  • 効能・効果:次の諸症状の緩和(肌あれ、にきび、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎、)
  • 有効成分:L-システイン、ビタミンB類(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB3、ビオチン、パントテン酸カルシウム)、アスコルビン酸(ビタミンC)

L-システインとビタミンB群が、肌や粘膜の代謝に働きかけ肌のターンオーバーを正常にします。また、抗酸化作用やコラーゲンの生成作用があるビタミンCを配合しているので、肌あれやニキビを改善します。

ハイチオールシリーズには、他に、シミ・ソバカス・ニキビに効く「ハイチオールCホワイティア」、「ハイチオールCプラス」、「ハイチオールC プルミエール」もあります。

ペアA錠:2位

  • 販売会社:株式会社ライオン
  • 医薬品分類:第3類医薬品
  • 効果・効能:次の症状の緩和(にきび、肌あれ、皮膚炎、かぶれ、ただれ、湿疹、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎)
  • 有効成分:グルクロノラクトン、ヨクイニンエキス、L-システイン、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

体内にある老廃物を解毒・排出する作用のあるグルクロノラクトン、ニキビや肌荒れを改善するヨクイニンエキス、肌の新陳代謝を促すL-システイン、皮膚や粘膜を維持し修復する作用のあるビタミンB2とビタミンB6で、肌を内側から改善し、肌のターンオーバーを正常にする飲み薬です。

ペアシリーズには、同じ成分配合のドリンクタイプと、5つの生薬を配合した漢方薬の「桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガン)」の飲み薬があります。また、外用薬には、塗り薬とローションがあります。

チョコラBBプラス:1位

  • 販売会社:エーザイ
  • 医薬品分類:第3類医薬品
  • 効果・効能:次の症状の緩和(肌あれ、にきび、口内炎、口角炎、口唇炎、かぶれ、ただれ、湿疹、皮膚炎、舌炎、赤鼻、目の充血、目のかゆみ)
  • 有効成分:ビタミンB類(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB3、パントテン酸カルシウム)

ビタミンB群は、皮膚や粘膜の維持と修復を行う働きがあり、肌の新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを正常にする作用があります。

チョコラBBは、このビタミンB群を主成分としたニキビや肌荒れを緩和する飲み薬です。

チョコラBBシリーズには、他にアスコルビン酸がプラス配合された「チョコラBBピュア」があります。また、ビタミンB群にヨクイニンをプラス配合した手軽に飲用できるドリンクタイプの「チョコラBBドリンクⅡ」、「チョコラBBドリンクビット」もあります。

ニキビに効くおすすめな皮膚科の薬

ニキビは、「尋常性ざ瘡」という病気なので、皮膚科で保険治療を受けることができます。

そのため、市販されている薬に比べて、ニキビに効果的な薬を処方してもらえます。

皮膚科で処方されている薬の中で、よく処方される薬をランキング形式で紹介しますので、皮膚科で治療を受ける際の参考にしてください。

皮膚科が処方する薬には、保険適応の薬と保険が適用されない実費負担の薬があります。ここでは、保険適応の薬のランキングをお伝えしています。

ニキビに効く皮膚科の塗り薬

ニキビに効く皮膚科の塗り薬には、ニキビの症状に合わせて処方されます。形状は、「クリームやローション」、「ゲルタイプ」があります。

ベピオゲル2.5%:3位

2015年から保険適応になった過酸化ベンゾイル製剤の治療薬です。

抗菌作用とピーリング作用があり、ニキビを殺菌し、ニキビをできにくくさせます。

過酸化ベンゾイル製剤の成分がニキビ以外の皮膚に付くと、赤みやかぶれの症状になる接触性皮膚炎を起こすことがありますので、治療中には注意が必要です。

ダラシンTゲル:2位

ダラシンTは、ニキビに特化した抗菌薬外用薬です。抗菌作用と抗炎症作用で、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、ニキビの炎症を鎮めます。

しかし、抗生物質配合のため、耐性菌ができるリスクがあることから、長期間使用には注意が必要です。

ディフェリンゲル:1位

ディフェリンゲルは、ビタミンA誘導体の一種であるアダパレン製剤を主成分とするニキビ専用の塗り薬です。

現在、日本で保険適応のビタミンA誘導体の薬は、唯一、ディフェリンゲルのみです。

皮脂の抑制作用と角質のピーリング作用で、初期ニキビから使用できます。また、抗菌外用薬や抗生剤の内服薬と組み合わせことによって、重症ニキビまで使用できます。

ニキビに効く皮膚科の飲み薬

 

皮膚科でニキビの時に処方される薬は、「抗生物質」や「抗炎症剤」、「ビタミン剤」、「ステロイド剤」、「漢方薬」があり、ニキビの状態によって医師が処方します。

皮膚科で処方される飲み薬の中でも、やはりニキビに効くのは抗生物質になります。しかし、抗生物質は長く服用すると耐性菌がでるため、外用薬と併用する場合が多くなります。

ルリッド:3位

ルリッドの成分である「ロキソマイシン」の静菌作用でニキビの発症を抑制し、ニキビの悪化を防ぐ抗生物質です。赤ニキビや黄ニキビ、背中のニキビを治します。

服用後1~2週間で効果が現れると言われています。

マクロライド系の抗生物質で、ニキビ以外にも、幅広く使用されている薬です。

ミノマイシン:2位

テトラサイクリン系の抗生物質で、ニキビができた時に処方されるノーマルな薬です。

アクネ菌が増える時に、必要なタンパク質の合成を妨げる働きがあるため、

アクネ菌が成長できなくなり数が減ることで、ニキビが改善されます。

ビブラマイシン:1位

ミノマイシンと同じテトラサイクリン系の抗生物質ですが、ビブラマイシンは抗菌作用の他に抗炎症作用があり、ニキビ治療に向いており処方されやすくなります。

スポンサードリンク

まとめ

「ニキビに効く市販・皮膚科の飲み薬、塗り薬ランキングについて」を紹介しました。

薬の効果は個人差があり、副作用が伴いますので、服用する時も使用する時も注意しましょう。また、薬のランキングはあくまでも参考程度として考えておきましょう。

ニキビをなくして、素敵な笑顔になりましょう!

ニキビ跡を市販の薬で治す方法について!どんな種類がある?

2018.03.04

ニキビ跡について皮膚科での治し方や薬について

2018.03.03

ニキビ薬の塗り方や絆創膏の使用方法と効果について

2018.02.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です