ドラッグストアにあるニキビに効果のある化粧水を紹介

ニキビができると今までと同じ化粧水を使うのには、戸惑いがありますよね。私達の肌は、気候や紫外線などの外的要因とストレスや食生活などの内的要因で、日々変化しています。

そのため、現在の肌状態に合わせて、化粧水などのスキンケア商品を使い分けすることが肌にとってプラスになります。でも、高価なスキンケア商品を使うのには、ためらいがありますね。そんな時は、ドラックストアで手軽に購入したいと思いませんか。

しかし、どの化粧水がニキビに効果があるのか分からないまま購入すると、肌に合わず、ますますニキビを悪化させてしまいます。ここでは、ドラックストアで販売されているニキビに効果のある化粧水を紹介しています。

スポンサードリンク

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2018.02.10

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2018.02.10

ドラックストアで販売されている化粧水とは

ドラックストアで販売されている化粧水には、医薬品や医薬部外品、若しくは表記されていない製品があります。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

スキンケア商品は、効能・効果によって、薬事法で次の3つに分類されています。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

医薬品

医薬品は、有効成分の効果が厚生労働省で認定されている「病気の治療」や「病気の予防」を目的とした薬です。医薬品には、医師が処方する「医療用医薬品」と、市販されている「一般用医薬品」があります。

医薬部外品

医薬部外品は、有効な成分が一定の濃度で配合されていて、厚生労働省で認定された製品です。「防止」や「衛生」を目的とした製品になります。医薬部外品では、「肌荒れを防ぐ」、「ニキビを防ぐ」、「皮膚の殺菌」などといった効能・効果の表現をすることが認められています。医療部外品は、別名で「薬用化粧品」とも言われています。

必ず化粧水のボトルに「医薬部外品」または、「薬用化粧品」と表示されていますので、分かりやすいですね。

医療部外品の成分表示

医療部外品の成分表示は、「有効成分」と「その他の成分」に分けて表示されています。化粧品の成分表示は、配合されている成分の多い順から表示しなければなりませんが、医療部外品は特に決まりがありませんので、どの成分が多く配合されているか不明です。また、同じ成分のものでも、化粧品と医薬部外品とでは表示名が異なります。

化粧品

化粧品は、医薬部外品に比べて、効能・効果が穏やかで、「清潔にする」、「美化する」、「健やかに保つ」などの目的で使用される製品になります。このため、医薬部外品で認められている「肌荒れ」「荒れ性」「ニキビを防ぐ」「皮膚の殺菌」などといった効能・効果をパッケージに表現することはできません。

「医薬部外品」や「薬用化粧品」と表示されていない場合は、「化粧品」になりますので、購入する時には、しっかりと確認しましょう。

化粧品の成分表示

医療部外品と違い、基本的には化粧品の成分は全て記載することになっています。また、配合量1%以上の成分は、配合量が多い順番に表示する必要がありますが、1%未満の成分は順不同で表示しても良いことになっています。特に香料は、数種類が配合されていても「香料」と表示されているため、香料アレルギーの人は気をつけたいですね。

ニキビに効く(有効)な成分を知っておこう

ドラックストアには、たくさんの化粧水が陳列してありますので、どの化粧水がニキビに効果があるのか分からないので、選ぶ時に困ってしまいますね。でも、ニキビに効果のある成分を知っているだけで、化粧水を選びやすくなりますね。

ニキビに効果のある化粧水には、有効成分と保湿成分が配合されています。では、それらの成分には、どのようなものがあるのかをみていきましょう。

ニキビに効果のある化粧水の有効成分

ニキビに効果のある化粧水には、次のような有効成分があります。代表的な有効成分を紹介します。

  • イソプロピルメチルフェノール
    アクネ菌を殺菌し、炎症を抑制することでニキビの症状の悪化を防ぐ成分です。塗り薬などにも配合されている成分です。

 

  • グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)
    マメ科の植物である甘草の根から抽出された水溶性の成分で、抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、ニキビ以外のスキンケア商品や医薬品など、多岐にわたって配合されています。

 

  • グリチルレチン酸ステアリル
    グリチルリチン酸2Kよりも強い効果があり油溶性のため、クリームやオイル系の化粧品に配合されることが多い成分です。

 

  • サリチル酸
    非ステロイド性の抗炎症薬で、鎮痛作用や解熱作用などの働きがあり、頭痛や発熱、外傷などの薬に配合されています。
    その他に、ピーリング作用やニキビ菌の殺菌や炎症を抑える作用があることで、ニキビに効果がある成分です。しかし、ピーリング作用がある為、乾燥肌や敏感肌の人には不向きな成分といえますね。ニキビの化粧水を購入する時に、しっかりと確認しましょう。

 

  • イオウ
    昔からニキビ治療に使用されている成分がイオウです。イオウには、角質を溶かすピーリング作用、アクネ菌などの殺菌作用、皮脂の分泌抑制し乾燥させる作用があります。これらの作用によってイオウは、ニキビ治療に必要な成分になりますが、肌を乾燥させる働きがあるので、敏感肌や乾燥肌に使用する時には注意してください。

 

  • アラントイン
    アラントインは、牛の羊膜の分泌物やカタツムリの粘膜に多く含まれている成分で、傷を修復する作用があります。また、消炎作用や細胞の増殖を促す作用、肌荒れを防ぐ作用のある成分で、スキンケア商品に配合されています。

 

  • トラネキサム酸
    抗炎症作用や抗アレルギー作用、止血作用などがあり、ニキビや肌荒れにも効果のある成分です。また、肝斑治療に使用され、美白成分としても有名です。

 

  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)
    抗酸化作用でニキビの炎症の原因となる活性酸素や過酸化脂質の発生を防ぐ働きのある成分です。血行を促進する作用もあるので、エイジングケア商品や育毛剤などにも幅広く使用されています。

 

  • ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)
    アスコルビン酸(ビタミンC)自体では、吸収が悪く不安定なために改良して安定性と浸透性を高めた成分です。皮脂の分泌抑制や抗酸化作用、メラニン生成の抑制作用で、ニキビ跡のケアや美白の効果があります。

ニキビに効果のある化粧水の保湿成分

ニキビに効果のある化粧水には、有効成分のほかに、肌乾燥の防止や肌に弾力性をもたらす肌のターンオーバーを正常にする保湿成分が配合されています。

保湿成分には、次のようなものがあります。

  • セラミド
    表皮の角質層に存在している細胞と細胞の間をある細胞間脂質の一種で、水分を蓄積させ、肌を保護しながら、外部の刺激を遮断する働きがあります。セラミドは細胞間脂質の約50%を占めるため、肌の保湿には欠かせない成分です。

 

  • コラーゲン
    タンパク質の一種で、細胞と細胞を繋げて私達の体を構成している大事な成分です。コラーゲンは、肌に潤いやハリを与え、肌トラブルを防ぐ作用があります。また、膝や肘などの関節にある軟骨のコラーゲンは、骨同士のクッションの役割があります。

 

  • ヒアルロン酸
    コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めるムコ多糖類の一種で、皮膚の真皮に存在する成分です。ヒアルロン酸は水分を保持する保水力に優れています。肌の保湿や弾力を維持したり、シワやタルミを防いだり、体内の細胞の活性化を亢進させたりする働きがあります。しかし、加齢とともに減少していきますので、肌の水分が減少し、肌の弾力が失われていきます。年齢を重ねるごとに、シワやタルミが増えるのはこのためです。
    ヒアルロン酸は、他の美肌成分(スクワラン、ビタミンC、コンドロイチン、エラスチンなど)と一緒に摂ると効果的だと言われています。

 

  • 乳酸Na
    乳酸と水酸化ナトリウムを中和させて作られた成分で、グリセリンと同様に、吸湿性の高く緩衝剤や保湿剤、湿潤剤として使用されています。そのため、グリセリンの代用としてもよく使われています。

 

  • 植物エキス(カミツレ花エキス、ドクダミエキス、ボタンエキスなど)
    植物を水やエタノール、BG(部レンチグルコール)で溶解し、抽出した成分です。消臭や保湿、血行促進などの働きがあり、化粧品や消臭剤などに配合されています。様々な植物のエキスを混合して作られているのを「混合植物エキス」といいます。
スポンサードリンク

有効成分と保湿成分以外に必要な成分とは?

ニキビに効果のある化粧水を購入する時には、有効成分と保湿成分のほかに、ノンコメドジェニックテスト済みの化粧水を選びましょう。

ノンコメドジェニックテスト済みとは、新たなコメドを発生させない成分を配合したスキンケア商品です。しかし、人の肌は個人差があるので、全ての人に必ずしもコメドができないわけではありませんので、過剰な期待は禁物ですね。

ドラックストアにあるニキビに効果のある化粧水の紹介

では、ドラックストアにあるニキビに効果のある化粧水にはどのようなものがあるのかをご紹介します。ただし、ドラックストアで取り扱っている化粧水は、会社ごとに違いがありますので、店舗で扱っていない場合もあります。

肌美精 大人のニキビ対策 薬用美白化粧水200ml(クラシエホームプロダクツ)

 

ニキビ予防、ニキビ跡のケア、保湿、美白効果のあり、繰り返えしできる大人ニキビ用の化粧水です。

◎アレルギーテスト済み・ノンコメドジェニックテスト済み。

 【有効成分】

  • 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
  • 消炎成分:グリチルリチン酸2K
  • 美白有効成分:高純度ビタミンC
 【保湿成分】

  • コラーゲン
 【その他成分】

  • 整肌成分:ホップエキス、オウゴンエキス、ウーロン茶エキス
  • 角質柔軟成分:キウイエキス、レモンエキス

ペアアクネクリーンローション 160ml(ライオン )

塗り薬や飲み薬があるペアアクネシリーズのローションタイプです。ニキビの予防とうるおい成分を配合した大人ニキビ用の低刺激性の弱酸性化粧水です。

 【有効成分】

  • 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
  • 消炎成分:グリチルリチン酸ジカリウム
 【保湿成分】

  • 大豆エキス
  • ビタミンC誘導体配合

アクネスラボ 薬用ローション150ml(アクネスラボ)

繰り返す大人ニキビを毎日のケアから健康な肌へ整える弱酸性の化粧水です。

◎合成香料・着色料・パラペン・シリコーン・鉱物油不使用

 【有効成分】

  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ニコチン酸アミド
 【保湿成分】

  • 植物エキス(ヒオウギ抽出液、ブクリョウエキス、ヨクイニンエキス、海藻エキス、アロエエキス、酵母エキス)

アポスティーモイスチャーローション(ゼリア新薬)医薬部外品

有効成分で肌を清潔に保ち、角質層まで届く2つのヒアルロン酸の配合で、保湿効果を高めながらバリア機能を向上させ、健康な肌へと導いてくれる化粧水です。季節や年代を問わず、全身にも使用できる重宝な化粧水です。

◎弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー

 【有効成分】

  • 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
  • 消炎成分:グリチルリチン酸ジカリウム
 【保湿成分】

  • ビタミンC誘導体
  • コンドロイチン
  • ヒアルロン酸、低分子ヒアルロン酸
  • リピジュア
リピジュアとは…
リピジュアとは、人の細胞膜を構成する「リン脂質」をモデルに開発された生体適合性物質です。涙にも含まれている成分のため、コンタクトレンズの保存液にも使用されています。今注目の保湿成分です。「リピジュア」は日油株式会社の登録商標になっています。

アポスティーシリーズには、ほかに、医薬部外品の「マイルドローション」や第3類医薬品の「アポスティーローション」があります。

ユースキンルドーアクネローション

べたつきがあるのにカサつく大人ニキビ用の化粧水。水分と脂分のバランスを保ちながら、肌に潤いを与えます。背中ニキビにも使いやすいスプレータイプです。
保湿成分には、「ダイズエキス(イソフラボン含有)」を配合しています。

 【有効成分】

  • 消炎成分:グリチルリチン酸ジカリウム
  • 殺菌成分:サリチル酸
 【保湿成】

  • 植物エキス(ダイズエキス、オウバクエキス、ラベンダーエキス)
  • ヒアルロン酸ナトリウム

アクネスラボ 薬用ローション 思春期用150ml(アクネスラボ)

皮脂の過剰分泌が原因でできる思春期ニキビ。皮脂の過剰分泌を抑えながら皮脂のバランスを整え、肌の潤いを保つ弱酸性のローションです。

 【有効成分】

  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
 【保湿成分】

  • 植物エキス(ヨクイニンエキス、カンゾウ抽出末、ドクダミエキス、ヒオウギ抽出液)
  • ヒアルロン酸ナトリウム
スポンサードリンク

まとめ

「ドラッグストアにあるニキビに効果のある化粧水を紹介」をお伝えしました。

ドラックストアには、たくさんの化粧水が陳列してありますので、ニキビに効果のある化粧水を購入する際には、化粧水の外箱や本体に記載されている成分をよく確認しましょう。

また、成分によっては、肌に合わない場合がありますので、最初はトライアル品を使用することをお勧めします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ニキビ跡の治し方!市販化粧水で簡単に治すことは可能か?

2018.02.10

薬局で購入できるニキビに最も効く薬について

2018.02.10

ニキビに良く効く市販の薬や化粧水についてはこちら!

2018.02.10

ニキビ跡の治し方!どんな食べ物が効果的なのか!

2018.02.10

赤みのあるニキビ跡の治し方はどんな方法があるのでしょう!

2018.02.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です