乾燥肌のクレンジング!プチプラ市販おすすめのクレンジングについて

クレンジングはスキンケアの中でも、肌への負担がいちばん大きいと言われています。そのため、バリア機能が弱くなっている乾燥肌の場合には、クレンジングは慎重に選びたいですね。

ここでは、乾燥肌のクレンジングの選び方と乾燥肌にもオススメな市販のプチプラのクレンジングを紹介しています。

スポンサードリンク

顔が乾燥肌でかゆい時に効く薬や改善方法について

2018.04.05

乾燥肌でかゆい時に効く市販薬ランキングについて

2018.04.04

クレンジングの役割とは一体?

クレンジングの役割は、「メイクを落とすだけ」と思いがちですが、クレンジンには、身体の中から出る皮脂を落とし、毛穴の中をきれいにして、化粧水などを肌へ浸透させやすくする役割もあります。そのために、クレンジングはスキンケアの中でもとても大切です。

しかし、クレンジングは肌への負担が、スキンケアの中では一番大きいと言われていますので、乾燥肌の人がクレンジングを選ぶ時には、肌への刺激が少ない商品を選ぶなど注意が必要です。

クレンジングには種類があるの?

クレンジングの種類には、次のようなタイプがあります。洗浄力の強い順に列記します。

  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

(この他にシートタイプがありますが、ふき取りで肌への刺激が強いので、乾燥肌には不向きなため、除外してあります。)

次に、それぞれのタイプの特徴をみていきましょう。

オイルタイプのクレンジング

クレンジングの中で、最も洗浄力が強く、界面活性剤の量も多いタイプです。オイルなので、粘り気がないため肌への摩擦が起きやすくなります。そのため、オイルタイプは肌への負担が大きいので、乾燥肌には不向きといえます。

ジェルタイプのクレンジング

オイルタイプに比べて、洗浄力が弱いので、オイルクレンジングに比べると界面活性剤の量が少なめです。オイルクレンジングよりは粘り気が少しあるため、肌摩擦が少なくサッパリとした質感です。

クリームタイプのクレンジング

クリームタイプはねっとりとしているので、クレンジングする時にはクレンジング剤の厚みがクッションとなり肌への摩擦が少なくなります。また、皮脂を取り過ぎる心配がありません。クレンジング後の質感はしっとりとしているので、乾燥肌向きのクレンジングです。

ミルクタイプのクレンジング

乳液状なので伸びが良く、肌の摩擦が起きにくく、クレンジング後はうるおいも残ります。また、クレンジングの中でも界面活性剤の量が少な目で、乾燥肌向きのクレンジングです。

界面活性剤とは何?

クレンジングの種類の紹介の中にも出てきた「界面活性剤」。名前は聞いたことがあるけれど、実際はあまり気にしていない人もいますので、界面活性剤について話をしておきます。

油分が多く含まれているメイクアップアイテムを落とすには、油分で汚れを取る必要がありますが、油分だけで汚れを取ろうとしても水で洗い流すことはできないために、水分と油分を乳化させてクレンジンを行う必要があります。

そのため、油分の汚れを落とすクレンジンには、水分と油分を混ぜ合わせた「界面活性剤」が必要となります。

界面活性剤と皮膚の関係とは?

クレンジングへの配合が必要な界面活性剤ですが、界面活性剤の中でも注意したいのが、肌への刺激が強い界面活性剤。界面活性剤には、肌に必要な皮脂を取り去り、角層にダメージを与える作用があります。

皮膚は、外側から、表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されています。そして、表皮は、上から角層、顆粒層、有棘層、基底層でできています。

皮膚は紫外線や花粉などの有害物資、外気などの刺激物質を皮膚の内部への侵入を防ぐバリア機能を持っています。それが、皮脂腺や汗腺から分泌された皮脂でできた「皮脂膜」と、保湿成分を持っている「角層と顆粒層」です。これらが一定のバランスを保っているため、常にうるおいのある肌状態になります。

しかし、皮脂を取り去り、角層にダメージを与える合成界面活性剤を配合したクレンジングを使用すると、バリア機能が弱まります。バリア機能が弱まると、外部からの刺激を受けやすく、肌内部の水分も蒸発し乾燥を招き、乾燥肌やうるおいとハリの低下など肌トラブルを起こす要因になります。

このため、クレンジングを選ぶ際には、配合されている界面活性剤に注意することが大切です。

乾燥肌に適したクレンジングの正しい選び方

乾燥肌は表皮の水分と皮脂量が減少で乾燥しているため、表皮がめくりあがりバリア機能が低下し、カサツキや亀裂が生じている状態です。乾燥肌が進むとかゆみや赤みなどが現れます。

バリア機能が低下している乾燥肌には、メイク落としを行いながら、肌のバリア機能を修復するクレンジングが必要になってきますので、保湿効果があり肌への刺激が弱い界面活性剤を配合したクレンジングを選びましょう。

乾燥肌に適した界面活性剤の見分け方

界面活性剤には、「陰イオン界面活性剤」、「非イオン界面活性剤」、「陽イオン界面活性剤」、「両性界面活性剤」の4種類に分類されています。クレンジングに使われているのが、肌への刺激が強い「陽・陰イオン界面活性剤」と肌への低刺激な「非イオン界面活性剤」です。

非イオン界面活性剤は、種類によって食品添加物として食品に入っている界面活性剤なので、クレンジングを選ぶ際には、非イオン界面活性剤の方を選びましょう。

しかし、クレンジング剤を見てみると「○○○○界面活性剤」とは、記入されていませんので、購入する時に迷ってしまいます。界面活性剤別の名前を一部あげておきますので、購入する際の参考にしてください。

 刺激の強い界面活性剤 

  • アルキル硫酸塩
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • 塩化アルキルトリメチルアンモニウム、
  • 塩化アルコキシプロピルトリメチルアンモニウム、
  • 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム
 低刺激の界面活性剤 

  • ステアリン酸
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • ソルビタン脂肪酸エステル
  • しょ糖脂肪酸エステル
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • 脂肪酸ポリエチレングリコール
  • 脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタン
  • シボウサン
  • PEG
スポンサードリンク

乾燥肌におすすめするプチプラの市販クレンジング紹介

では、クレンジのタイプと乾燥肌に優しいクレンジが分かったところで、次は、乾燥肌におすすめするプチプラの市販クレンジングを紹介します。

オルビス/クレンジングジェル

メルティクリアベース採用のプリンプリンした濃密ジェルが、メイクとなじむと液状に変化しながら、しっかりとメイクオフできるクレンジ。

ヒアルロン酸やマリンコラーゲンなどの保湿成分を配合しているので、バリア機能を守りながら、みずみずしさをキープします。また、クレンジの後もぬるつき感やベトベト感がなく扱いやすい。濡れた手でもOKなので、バスタイムでのクレンジも行えます。

 【特徴】 
無油分、無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性、アレルギーテスト済、ノンコメドジェニックテスト済
【内容量/価格】
150g/1,440円(税込み)
【保湿成分】
ヒアルロン酸ナトリウム、マリンコラーゲン、ローヤルゼリーエキス配合
【全成分表示】
水、DPG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ジメチコン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、BG、カルボマー、PEG-75、水酸化K、シリル化シリカ、トコフェロール

無印/マイルドクリームクレンジング

天然うるおい成分のアンズ果汁と桃の葉エキスを配合したクリームタイプのクレンジング。クリームタイプで肌への摩擦も少なく、ツッパリ感がなくしっとりとしているので、乾燥肌にはちょうどいいクレンジングです。濡れた手でも使えますが、しっかりとメイクオフしたいなら、乾燥した手で行うのがgood!

【特徴】
無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリー
【内容量/価格】
150g/1,000円(税込み)
【保湿成分】
アンズ果汁、モモ葉エキス

カウブランド/無添加メイク落としミルクタイプ

牛さんイラストでお馴染みの牛乳石鹼のクレンジング。アミノ酸系洗浄成分を配合した肌への低刺激処方と、保湿成分の天然由来のセラミドを配合で、肌乾燥を防ぎながら、肌へうるおいを残します。

ミルクタイプなので、肌にスーッとなじみ、肌に負担をかけずにメイク落としができるクレンジングです。濡れた手や顔に使用でき、ポンプ式で使いやすいタイプです。

【特徴】
無香料、無着色、防腐剤フリー、品質安定剤フリー、鉱物油フリー、アルコールフリー、皮膚アレルギーテスト済み
【内容量/価格】
ポンプ付150mL /880円(税抜)、詰替用130mL /700円(税抜)
【保湿成分】
セラミドNG

松山油脂/モイストクレンジングジェルH

肌をうるおす 保湿クレンジング。

肌になじむとほんのりあたたかくなる、ジェルタイプの保湿クレンジング。植物性オイルと保湿成分をベースに肌のうるおいを守りながら、すっきりとメイクオフできます。

【特徴】
アルコー(エタノール)フリー、パラペンフリー、無香料、無着色、鉱物油フリー
【内容量/価格】
145g/1,296円(税込み)
【保湿成分】
グリセリン、ダイズ種子エキス、加水分解ダイズタンパク

花王/キュレル ジェルメイク落とし:医薬部外品

敏感肌用に作られた花王のキュレルシリーズのクレンジング。肌の必須成分であるセラミドを守りながら、毛穴の奥のファンデーションや日やけ止めなどのしっかりとメイクが落とせます。

ジェルタイプなので、肌へのなじみが良く強くこすらなくてもメイクが落とせるので、乾燥肌には負担になりません。べたつきやぬるつきがなくスッキリと仕上がります。

【特徴】
弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済み、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み
【内容量/価格】
130g/1,080円
【有効成分】
グリチルリチン酸2K(消炎剤)

資生堂/洗顔専科パーフェクオールクリアオイルn

スッピン美肌にこだわった専科シリーズのクレンジング。メイクや肌くすみもオフできるオイルタイプです。洗浄成分には肌に優しい米ぬかオイルを配合で、乾燥肌にも使えるクレンジンです。

保湿成分にはアセチルヒアルロン酸Naとヒアルロン酸NaのW配合で肌のうるおいを残します。天然由来シルク成分でクリアな肌へ導きます。濡れた手でも使用できるので便利です。

【内容量/価格】
本体230ml/862円、詰め替え用180ml/1,280円

カネボウ化粧品/フレッシェルクレンジングクリームN

「大人のスッピン美肌」をコンセプトに展開しているフレッシェルシリーズのクレンジング。滑らかで肌当りが良く、クリームの中にはセルロース、エチルセルロース、シルクが粒になって、毛穴クレンジングができるうえ、うるおいもキープできるクレンジングクリームです。

【内容量/価格】
250g/1,296円(税込み)
【保湿成分】
アンズ果汁、加水分解コラーゲン、キウイエキス、ヒアルロン酸Na

乾燥肌の正しいクレンジングのやり方

クレンジングを行う時には、肌に負担をかけないことがポイント。次のような点に注意してクレンジングを行ってみましょう。

クレンジングは短時間で行うこと

クレンジングする時に、手で肌をゴシゴシと擦りながら行う人がいますが、そのクレンジングでは、肌を痛めてしまいます。また、クレンジング時間を長く行うと乾燥肌でバリア機能が弱まっているのを更に、悪化させてしまいます。

クレンジング量は各メーカーで指定されていますが、肌摩擦にならないため、気持ち多めでクレンジングを行いましょう。

クレンジングを行う時には、肌になじませように、ゆっくりと優しく行います。また、クレンジングタイムは、オイルタイプは1分位、クリームタイプは2分位で行うようにしましよう。

オイルクレンジングは、メーカーによって乳化させてから行う方法を取っている場合がありますので、どのクレンジングタイプを使う場合でも、添付された説明書を使用する前に、一読してください。

クレンジングの順番はポイントメイクやTゾーンから行おう

クレンジングは、汚れている部分から行うのが基本です。次に、皮脂の分泌が多い部分へと行います。

ポイントメイク→Tゾーン→Uゾーン→残りの部分

クレンジングを落とす時はぬるま湯で落としましょう

クレンジングを落とす時に使う温度は、30度前後の人肌くらいです。熱めの湯は、肌に必要な皮脂まで取り過ぎてしまいます。肌の状態によっては、冬場以外ならば、水でも大丈夫です。

クレンジングは夜だけ行うのが良い

クレンジングは一日の汚れを落とすのが、目的です。朝のクレンジングは必要ありません。朝は洗顔だけにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

「乾燥肌のクレンジング!プチプラ市販おすすめのクレンジングについて」を紹介しました。乾燥肌のクレンジングは、保湿成分配合で、肌への刺激が少ない界面活性剤のクレンジングを選びましょう。

毎日使うものだから、プチプラで乾燥肌に合うクレンジングは嬉しいですね。

しかし、乾燥肌に使用できるクレンジングの中にも、洗顔後に顔のツッパリや乾燥感、粉吹きや吹き出物などの肌トラブルができた場合には、使用しているクレンジング剤やクレンジング方法などを見直し、乾燥肌を悪化させないようにしましよう。

顔が乾燥肌でかゆい時に効く薬や改善方法について

2018.04.05

乾燥肌でかゆい時に効く市販薬ランキングについて

2018.04.04

乾燥肌対策メンズのボディクリームランキングについて

2018.03.27

こんなところにニキビができた!場所の意味と原因とは一体!?

2018.03.27

ドラッグストアにあるニキビに効果のある化粧水を紹介

2018.03.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です