思春期ニキビの種類とケア方法

間違ったニキビケアをしていませんか?間違ったニキビケアを続けてしまうとニキビも治らないし、その他の肌トラブルを起こす可能性もあります。

正しいケアを学び、そしてニキビの種類などもしっかりと把握しておくことが大切です。ここでしっかりとした情報を学んでおきましょう!

スポンサードリンク

思春期ニキビはなぜできる?

思春期になると、ニキビがたくさんできる人がいます。繊細なお年頃なので、思い悩んでいる人も少なくないと思います。何気ない一言に傷ついたり、自分に自信が持てなくなったり。

それでは、思春期ニキビはなぜできるのでしょうか。

それは、思春期には成長ホルモンや男性ホルモン、女性の場合は生理前の黄体ホルモンなどが活発になり、過剰に皮脂が分泌されるからです。

その他、ストレスもニキビの原因となります。

ストレスは自律神経を狂わせ、緊張の時に優勢となる交感神経とリラックスしている時に優勢となる副交感神経のバランスが崩れます。

バランスが崩れると、脳下垂体から副腎皮質ホルモンがたくさん分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌がうながされます。

分泌された皮脂は、毛穴の入り口を塞ぎ、つまった皮脂が酸化します。そして、アクネ菌が増え、炎症がおこります。

アクネ菌は常在菌で、思春期以降は誰の皮膚にも存在する菌です。

肌のバランスを正常に保つはたらきがあり、肌に必要な菌で、悪玉菌ではないのですが、そのバランスが崩れると、ニキビになるのです。

思春期ニキビの種類

白ニキビ・黒ニキビ

ニキビの初期段階として、白いニキビ、黒いニキビができます。

新陳代謝が悪くなったり、ホルモンの影響で肌の表面が硬くなったり、毛穴のターンオーバーが行われなくなると、毛穴がつまります。

他には、刺激によって肌を守ろうとして角質が硬くなり、皮脂がつまりやすくなります。

角質が硬くなると、毛穴の入り口が小さくなり、毛穴から皮膚の表面に出るはずの皮脂が毛穴の中にたまり、塊となり、コメドができます。

こうしてニキビができるのですが、これは初期の段階で、白っぽく、白ニキビといわれます。

そして、症状が進むと肌にたまっている皮脂が毛穴を押し広げて外に出てきて、その皮脂に汚れがついたり皮脂が酸化したりして黒っぽくなります。これが黒ニキビです。

初期段階の白ニキビ、黒ニキビは、まだ炎症を起こしておらず、アクネ菌の増殖は始まっていません。

このときに、上手にコメドだけ押し出せば、跡にならずに治ることもあります。自分ですると跡になったり悪化したりすることがあるので、皮膚科で治療してもらいましょう。

赤ニキビ

初期段階の白ニキビ、黒ニキビを放置して、炎症がおきたものが赤ニキビです。

つまった皮脂を栄養にしてアクネ菌が増え、炎症がおきます。

こうなると、色素沈着やクレーターになり、跡が残ることがあるので、必ず皮膚科で治療するようにしましょう。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、膿をもった状態になったものが黄ニキビです。

赤ニキビよりもさらに色素沈着やクレーターを残す状態になります。こちらも早めに皮膚科に行き、治療しましょう。

スポンサードリンク

紫ニキビ

黄ニキビがさらに悪化したものが紫ニキビとなります。毛穴に血と膿がたまり、赤紫色に腫れあがります。

こうなるとニキビ跡になる可能性がとても高いので、必ず皮膚科に行き、治療をしましょう。

ニキビ跡

ニキビ跡には、赤い状態のものや茶色や紫色に色素沈着したもの、クレーターになってしまったものなどがあります。こうなると治療も長くかかります。

ニキビ跡になってしまう前に、早めに皮膚科に行くようにしましょう。

紫外線とニキビ

紫外線がニキビを悪化させるということもあります。

肌が紫外線を浴びると、肌は自らを守ろうとし、角質が厚くなります。厚くなった角質は毛穴をつまりやすくするため、ニキビができやすくなります。

ニキビを作らせないためにも、紫外線対策はしっかりしましょう。日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、女性の場合は日傘もいいですね。

その他のニキビケア

それでは、紫外線対策以外のニキビケアについてお話ししましょう。

まずは食事ですが、脂っこいものやお菓子をやめて、野菜中心の食事にします。

甘いものが食べたかったら、ビタミンがたくさん入っている果物もいいですね。肌のターンオーバーを促すために、たんぱく質も重要な栄養素です。

植物性たんぱく質である豆腐、納豆などの大豆食品、鶏のささみや豚のヒレ肉や、魚などがいいですね。

ビタミンは、サプリメントでとるより、食事から摂った方がいいです。野菜をたっぷりとり、ヨーグルトなどで腸内環境も整え、宿便をためないようにしましょう。

洗顔は大事なニキビケア

肌を清潔に保つことはとても重要です。ニキビ専用の洗顔料や牛乳石鹸で洗顔することもいいですね。

そしてストレスは肌のトラブルを招くものですので、リラックスも重要なニキビケアの一つです。

この二つのケアをいつも忘れずに、心の健康を保つことも大事です。ニキビができているからといって、消極的になる必要はありません。

思春期ニキビは必ず治りますから、希望をもって、乗り越えることが大事です。

ビタミンC誘導体

洗顔で肌を清潔にしたら、今度は保湿をしましょう。思春期ニキビにはビタミンC誘導体がいいとされています。

ビタミンC誘導体とは、刺激があり、成分が壊れやすいビタミンCを安定化させたものです。

ニキビ跡ができてしまったら、ビタミンC誘導体入りの化粧水、乳液で保護しましょう。

ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の赤みや色素沈着、クレーター、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの促進の効果が期待されており、美白化粧品にも使われています。

ニキビができているからといって、化粧水だけでは肌が乾いてしまいます。必ず乳液かオイルで保湿をします。

ビタミンC誘導体は、つけすぎてはいけません。

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑制するため、肌がドライの人はもっとドライになってしまいます。

表面は潤っていても奥が乾いているというインナードライの人もいますから、注意が必要です。肌がドライになると、肌は皮脂をもっと出そうとがんばり、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

化粧水はたっぷり、ビタミンC誘導体はオイルか美容液で適度につけるのがいい方法かもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

ニキビには色々な種類があり、そのメカニズムは毛穴のつまりであることがおわかりいただけたと思います。ニキビを作らせないコツは、健康な生活と健康な肌を保つということです。

野菜中心の食事と上手なリラックスで体と心の健康を保ち、肌を優しく洗い、清潔にすることが大事です。

ニキビを作らせないためには、ニキビを知ることです。ニキビができたら、この記事を何度も読んで、対策してください。

思春期ニキビを1日で商品なしで治す方法(治し方説明)

2017.04.26

鼻にできた思春期ニキビの治し方や原因!効く薬とは?

2017.04.26

思春期ニキビはクレアラシルが効く?クレアラシルの薬や洗顔料

2017.04.26

治らない思春期ニキビにおすすめの市販洗顔料と化粧水

2017.04.25

思春期ニキビを隠すメイクやファンデーションについて

2017.04.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です