思春期ニキビはアロマで改善される!?

みなさんニキビがアロマによって改善されるという事を知っていましたか?おそらくアロマは香りを楽しむものとして知られているので、あまり信じられないと思う方が多いと思います。

ですが、実際には、アロマを活用することで、ニキビに良い効果を与えられます。

ニキビをつぶすと、非衛生的で、傷跡が残る場合もありますよね。ニキビの薬はステロイドが入っていて、肌が荒れてしまう方もおられることでしょう。

最近、よくテレビや雑誌などでアロマがニキビに効果があると紹介されるようになっていますが、今回、アロマによって本当にニキビが改善するか、使用方法などついて詳しく説明したいと思います。

スポンサードリンク

アロマオイルとは

アロマで使われるオイル(精油)とは、ハーブなどの植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルのことを言います。

このアロマオイルは植物の葉や花、果皮、樹皮、樹脂などから得られ、植物によって異なる香りや成分を持っています。

300種類以上のアロマオイル(精油)が存在しますが、このオイルを抽出するためには、 非常に多くの植物を必要とするため、アロマオイル自体が安いものではなく、中には1万円を超える値段の高いオイルも多数存在します。

例えば、よく使われているローズのエッセンシャルオイル(精油)を1滴抽出するためには、およそ50個のバラの花が必要とされます。

普通はアロマテラピーという単語でよく知られていますが、アロマテラピーとは、「アロマ」(aroma)と「テラピー」(therapy)を掛け合わせた造語です。

主に植物の持つ香りや成分を利用して、幸福感を味わったり、健康維持に役立てたりするために使われます。

アロマオイルはどこで購入すればいいのか?

アロマを顔に直接使うものであり人体に影響を与えるものなので、ちゃんとしたオイルを打っている場所、信じられる店で購入した方がいいです。

化粧品店やドラッグストアで販売されているアロマオイルはあまりオススメはしません。

百貨店やアロマテラピー専門売り場に直接行って、購入するのがいいです。アロマオイル(精油)は、原則として純度100%のものを指します。

「100% Pure & Natural」、「Pure Essential Oil」などと表記があるものを選べば間違いがありません。

アロマテラピーを健康的に楽しみたい方は、ぜひ100%のエッセンシャルオイル(精油)を入手して下さい

1度買ったら長く使えるものなので、 値段が少し高くても、製品がいいもの、信じれるものを買いましょう。

ニキビにおすすめのアロマオイルとは?

ニキビができる原因は毛穴の余分な皮脂や汚れにあります。皮脂が多くなるとアクネ菌がその皮脂を分解し、皮脂の通り道をふさいでしまうんです。

そして行き場のなくなった皮脂がニキビとなるのですが、思春期ニキビの多くはホルモンのバランスの変化によって皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

そのため思春期ニキビにおすすめのアロマは皮脂バランスを整えるものやアクネ菌の繁殖を抑える殺菌作用のあるオイルがおすすめです。

ニキビに効果のあるオススメのアロマオイル

ティートリー (Melaleuca alternifolia)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:フトモモ科
  • 抽出部位:葉
  • 原産地:オーストラリア
  • 香り:フレッシュで清潔な感じの、少し鋭い香り
  • 効能:免疫力を高め、伝染性疾病を退治するのに効果的です。 白血球を活性化させ、抗菌、抗真菌効果がありニキビのアクネ菌に対して有効です。流行性の風邪予防、ヘルペス、歯肉炎にも効果があります。

注意点;敏感性の皮膚には少し刺激が強すぎるので気を付けよう。

ラベンダー(Lavendula angustifolia)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:花、葉
  • 原産地:フランス、ブルガリア
  • 香り:優雅でフローラルな香り。
  • 効能:アロマセラピーで最も幅広く使われるオイルであり、肌に直接つけることのできるのが特徴です。 鎮静効果があるので、 疲労回復にも効果的。緊張や怒りの気持ちを和らげて気持ちを落ち着かせてくれます。 強い殺菌作用があり、ニキビのアクネ菌に対して有効です。

※ 注意点;姙娠初期には使用しないこと。

レモン(Citrus limonum)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:ミカン科
  • 抽出部位:果皮
  • 原産地:イタリア、イスラエル、ブラジル
  • 香り:レモン特有のフレッシュで鋭い、柑橘系の香り。
  • 効能:鎮静作用があり、気分をリフレッシュさせてくれます。高血圧と貧血にも効果的だ。 化粧水に使うと肌の角質を除去し、皮膚を新しく再生してくれます。免疫力を活性化させる役割もあります。

 注意点;敏感な肌には少量だけ使用して 光毒性があるため、光過敏性反応に注意すること。

スポンサードリンク

フランキンセンス( Boswellia thurifera)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:カンラン科
  • 抽出部位:樹脂
  • 原産地:ソマリア、エチオピア、エジプト
  • 香り:ウッディーで少しスパイシーな香り。
    シミやしわに効果があるといわれ、漢方生薬としても使われています。ドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果もあり、脳梗塞や心筋梗塞の予後に使われています。
    ニキビ後の凸凹肌やニキビ跡のシミに対して効果があります。

ローズマリー (Rosemarinus officinalis)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:葉
  • 原産地:モロッコ、スペイン、フランス
  • 香り:フレッシュですっきりとした香り。
  • 効能:記憶力と集中力を高め、頭をすっきりとしてくれます。 精神的な疲労が溜まったときや無気力なときに使用すれば、活力を取り戻してくれ、 強心、消化促進に効果があります。

 注意点:てんかん病患者や高血圧患者、妊産婦は使用してはならない。

レモングレス(Cymbopogon citratus)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:イネ科
  • 抽出部位:葉
  • 原産地:インド、グアテマラ、ブラジル
  • 香り:レモンに似た、甘く強い香り。
  • 効能:疲れた心、憂鬱な気分に刺激を与え、やる気を取り戻させ、精神的に疲労を和らげる効果があります 。殺菌、消化促進にも 多く使われており、皮膚美容にも大いに役立ちます。

注意点:敏感な皮膚には少量使用すること。

ネロリ(Citrus aurantium. vulgaris)

※画像はそのものの商品ではありません。

  • 科名:ミカン科
  • 抽出部位:花
  • 原産地:チュニジア、フランス、エジプト
  • 香り:甘く美しいフローラルな香り。
  • 効能:緊張をほぐしてくれ、慢性の不安症とうつ病の改善に効果があり、ストレス解消にも効果があります。皮膚細胞の再生効果がすぐれて乾燥して敏感性の肌の改善や老化の肌の防止にもいいです。

 注意点:精神集中を要するときは使用しないこと。

特に、ニキビには何よりもティーツリー、ラベンダーが一番効果が高いです!

ニキビや吹き出物ができたときは、その部位にティーツリーを塗ると、殺菌&消毒作用があるために炎症が早く鎮静します。

ラベンダーは傷があった部位に新しい皮膚ができるのを助ける役割をするので、にきびを圧出したあと、ラベンダーオイルを 塗ると早く治ります。

ティーツリーは私自身も、吹き出物やにきびが出た所に塗って、効果を試してみたのですが、驚くほど効果をありました。1ヶ月経った頃には、ポツポツ出ていたニキビが和らいでいました。

ティーツリー、ラベンダー以外のオイルは直接顔に塗るのはあまり良くないので、必ずオリーブオイルやパーム油、グレープシードオイルのようなキャリアオイルと適正量混ぜあわせて使用しなければなりません。

ニキビに効果のあるアロマブレンドレシピ

  • キャリアオイル大さじ 1 (ホホバ、アーモンド、ココナッツオイルなど、好みに応じて選択)
  • フランキンセンスオイル3滴
  • ラベンダーオイルを3滴
  • ティートリーオイル3滴

上の材料をシェイクしよく混ぜ合わせたら、遮光性のあるガラスの瓶に入れm保管し、1日1回 (夜) 2-3 滴を顔に落としてでマッサージしてください。

ニキビが広範囲に広がっている方や、ニキビの悩みが深刻な方にお勧めするレシピです。

時々ニキビが出来るという方は、ニキビができたその時々に、夜寝る前アロマオイルを炎症部分にのせるようにして、寝てください。

スポンサードリンク

アロマをスチーム法で使用

スチーム法の専門用語はフェイシャルスチーム法と呼ばれるものなのですが、つまり顔にアロマ蒸気をあてて顔の美容を助ける方法です。

原理は、蒸気吸入法と似ていますが、鼻で吸入する代わりにアロマ蒸気を浴びて、肌に吸収するための目的として実施されているものです。

先に大きなたらいなどにお湯600ml程度を注いで、アロマエッセンシャル・オイルを5~8滴を入れます。

髪の毛が肌にふれないようにちゃんと結んだ後はバスタオルなどを利用して、湯気がが外に出ないように、出てくる蒸気に顔が当たるようにする。

あまりにも熱くはならないように距離を調節して、目は閉じた状態で 5~8分間実施します。

蒸気を浴びた後は顔全体をきれいに洗うのですが、まずはぬるま湯で老廃物を除去した後に冷たい水で仕上げをして 皮膚が引き締まるようにする。

スチーム法は血液循環促進、肌の水分供給、老廃物除去だけでなく、新陳代謝、発汗作用、ディープクレンジング効果まであると言われています。

特に肌のタイプが脂性やニキビが多い肌の場合には レモン、ネロりのオイルを利用すると、効果があります。

まとめ

上記で紹介してきたようにアロマオイルには香り以外にも、鎮痛作用や強壮作用、殺菌作用などがあります。

アロマオイルは植物の油胞から抽出されるオイルで、濃縮されたオイルでは、皮膚に刺激が強すぎるので基本的には直接塗布はできませんが、オイルの紹介部分で説明したようにアロマオイルの中には直接塗布できるくらい皮膚に優しいものがありますし、また殺菌消毒剤として使えるほどの効果を持つオイルもあります。

つまり生活習慣を改善してもニキビが良くならない場合や、ニキビやニキビ跡がひどい状態になって、薬では対処できないという場合に、殺菌消毒性をもったアロマを使ってニキビを治すことができるのです。

そういったときにこのアロマオイルをを使ってニキビの治療をしてみるといいかもしれません。アロマの香りによって精神的にアプローチしなから精神安定させ、そのうえニキビの改善にも効果のある優れものです。ぜひ試してみて下さい!

思春期ニキビに効果的な洗顔方法!朝晩洗顔する必要は?

2017.05.18

敏感肌で思春期ニキビに効果のある化粧水はコレ!

2017.05.18

思春期ニキビは皮膚科でどのように治療される?治療薬とは?

2017.05.18

思春期ニキビに効果的な洗顔料プチプラ

2017.05.18

思春期ニキビの原因となる毛穴詰まりをスッキリさせる方法

2017.05.18

思春期ニキビに効く化粧水は安いものでも効果的?

2017.05.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です