思春期ニキビを潰すと跡になり治らないって本当?潰してはいけない理由

ニキビができて、潰してしまったことってありませんか?

潰すと跡になって治らないって本当なのでしょうか?そしてなぜ潰してはいけないのでしょうか?

スポンサードリンク

ニキビを潰すとき

思春期にきびができるとみなさん決まってあることをしたくなると思います。それは、にきびを潰すことです。

にきびを潰したら治りが早いんじゃないか、潰したら見た目が目立たなくなるのではないか、潰すことを推奨しているサイトもあるから潰したい、そんなことを思う人も多いのではないかと思います。

多くの人が、潰す時は手で潰すと思います。それも、清潔ではない手で潰すのではないでしょうか。

そうすると、どうなるか次からの項目で見ていきたいと思いますが、結論からいえば、にきびは潰してはいけません。

その理由を述べていきたいと思います。

ニキビを潰したらどうなる?

にきびを潰したら、皮膚ではどんな状態になっているのでしょうか。

見た目にも、血や膿が出たり化膿している状態がみてとれると思います。

にきびを潰したら、皮膚は炎症や膿ができている状態になっています。それは、にきびの内部で白血球が菌と戦っているということです。

白血球は戦いの中「活性酸素」という殺菌作用のある物質を出しているのですが、活性酸素は非常に強い働きをするため、周りの肌細胞にまでダメージを与えてしまいます。

ですから、にきびが悪化すればするほど色素沈着やクレーターなど、思いにきび跡ができる可能性も高くなります。

それでは、白血球のはたらきを次の項目でみていきましょう。

白血球のはたらき

白血球には、好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球の5種類があります。このうち、好中球、好酸球、好塩基球を顆粒球というのですが、最も多いのは好中球で、次に多いのはリンパ球です。

病気によって白血球の数は変化します。

身体の状況によって白血球の数は変動するのですが、白血球は骨髄の幹細胞からつくられます。好中球は、マクロファージ(大食細胞)とともに体内に侵入した細菌を攻撃します。これを貪食作用といいます。

にきびを潰すと、傷口から細菌が入りこんで、血液中の白血球が増加して、その中の好中球が細菌に対して攻撃をします。

この時、好中球細菌を食べてしまうのですが、その状態を貪食作用というのです。好中球は貧食作用で細菌を食べると細胞膜で包み込み、活性酸素などの殺菌物質を出して細菌を死滅させます。

好中球は寿命が短かく、約10時間で死んでしまいます。白血球は細菌を取り込んでから自爆することで、細菌を死滅させるのです。

好中球が細菌と戦い死んでしまったら、好中球の残骸が残ります。それが、膿です。

スポンサードリンク

にきび跡はなぜ残るの?

それでは、なぜにきび跡は残ってしまうのでしょうか。

先ほど述べたように、白血球がアクネ菌だけを攻撃できればいいのですが、強力な活性酸素によって、肌の内部の組織も同時に壊してしまいます。

そうすると、皮膚の奥にある真皮層にあるコラーゲンにも攻撃が及び、傷ついてしまい、クレーターになってしまうのです。

皮膚は、皮膚表面から表皮、真皮、皮下組織となっていますが、表皮層は0.2mmほど、真皮は2〜3mmほどです。

表皮というのは、ターンオーバーと呼ばれる、肌細胞の入れ替わりがおこなわれる部分です。クレーターになるような傷が表皮層より下に達していなければ、自然に治る可能性もあります。

しかし、表皮層は薄く、ほとんどのにきびが真皮層に届く深さで傷になると思います。そうすると、クレーターになる確率が高くなりますね。

真皮は表皮のように活発に細胞が入れ替わるわけではありませんので、真皮の細胞分裂は乏しいのです。

というわけで、真皮にまで達してしまったニキビ跡のクレーターは、自然治癒ではなかなか治らないのです。

クレーターができてしまったら

クレーターができてしまったら。これはもう取り返しがつきません。ほぼ治らないといっても過言ではありません。

もしできてしまったら、以前のタイトルで記述したにきびケアを実行するしかないのですが、治りは難しくなるでしょう。

クレーターになってしまわないように、にきびは潰さないようにしましょう。

ニキビケア

前述もしましたが、にきびケアのおさらいをしましょう。まずは皮膚を清潔に保つこと。

朝は水洗顔。ぬるま湯で優しく洗います。夜は牛乳石鹸を泡立てて、また優しく洗います。顔を洗ったら、次は保湿です。

ヒアルロン酸入りやビタミンC入りなどの化粧水をたっぷり、でもつけすぎず優しくつけます。そのあとは乳液やワセリンなどで保湿をします。

夜は、成長ホルモンの出る10時から深夜2時の間には必ず寝ること。ストレスをためないことも重要です。

ストレス解消にはアロマテラピーや軽いストレッチ、音楽を聴いたりすることもいいですね。

受験生はとにかくストレスがたまりやすいので、上手に気分転換をはかることも重要です。食事にも気をつけましょう。脂っこい食事をさけ、ビタミンのある野菜をたっぷりとります。

油を全く取らないことも、皮膚がカサカサになる原因にもなるので、適度に、あくまでも適度にとることがいいですね。

この中で、最も重要だと思われることが睡眠です。それも、質のいい眠りをとることが重要です。質のいい眠りとは、深い眠りができていること。ストレスがあるとこの深い眠りができなくなります。

ニキビを潰さないために

それでは、にきびをつぶさないためにはどうしたらいいのでしょうか。一番は、にきびを決して触らないこと。

触ることで菌がつきますし、そうすると悪化してしまい、その上気になって潰したくなります。それを避けるためにも触らないことが重要です。

にきびができると四六時中にきびのことに気がいってしまうと思います。そのこと自体がストレスになっている人も少なくありません。

時にはにきびのことを忘れて、好きなことに没頭してみましょう。好きなことをすることは、ストレス解消になります。かといって、暴飲暴食などはいけません。

あくまでも先ほど述べたにきびケアを基本に、好きなことをするのです。学生の本分であるお勉強も忘れずに。

スポンサードリンク

まとめ

にきびを潰してしまったらクレーターになってしまうメカニズムがわかっていただけたと思います。

クレーターになってしまったら、治りにくいことも、残念ながらですが、わかっていただけたと思います。

思春期にきびはなかなか治りにくいですが、根気よくケアを続けることで、改善するものです。

時には諦めたくなることもあると思いますが、受験勉強と一緒、コツコツと続けることが、のちの結果に大きく関わってきます。

クレーターをけして作らないためにも、にきびを潰すことをがまんして、ケアをがんばってくださいね。

思春期ニキビの毛穴の汚れや黒ずみの改善方法

2017.05.22

思春期ニキビは運動不足が原因?汗でニキビ改善?

2017.05.22

思春期ニキビがつぶれて血が出た時の注意点とケア方法

2017.05.22

思春期ニキビに効く薬はテラコートリル?効果はあるの?

2017.05.22

酵素洗顔で思春期ニキビがきれいになる?効果はあるの?

2017.05.21

思春期ニキビの治し方について!男女関係なくこの方法が効果的

2017.05.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です