思春期ニキビは保湿が大切!乾燥が原因でニキビができる

ニキビは毛穴詰まりが原因だから、油分があまりない乾燥肌の自分にはできるはずがないと思わないでください。

乾燥肌でも毛穴は詰まってニキビはできます。乾燥からくる思春期ニキビの原因と乾燥の原因を解説しました。

スポンサードリンク

乾燥肌のニキビの原因

ニキビは毛穴の皮脂汚れが原因だから乾燥肌の自分には関係ないと思っていませんか?

毛穴の汚れからニキビは発生します。オイリー肌の過剰な皮脂は毛穴汚れの原因になりうる大きな要素です。

しかし、乾燥肌の人の場合は、毛穴が弱っているため皮脂が出て来ません。バリア機能を失っている皮膚にホコリや汚れが付着することで、弱った毛穴が詰まってしまい結果的にニキビに繋がります。

乾燥肌の思春期ニキビとオイリー肌の思春期ニキビの原因はほとんど一緒なんです。

洗顔するから乾燥する?

アレルギーやアトピーなど生まれつき乾燥肌でない限り、大体の乾燥肌は一時的なものと言われています。

洗顔料は1日の汚れを落とす大事な役目を担っていますが、合成界面活性剤など洗い落とす力が強いと、普段肌を守っているバリアや水分も失われています。

このバリアや水分は洗いすぎなければ多少失われても、寝ている間のホルモンによる代謝で回復が可能です。

しかし、乱れた生活習慣や食生活が代謝に影響が出ると古い細胞が排出されないためにニキビや乾燥肌が引き起こされます。

界面活性剤とは?

界面活性剤は、ニキビケアの敵として扱われていますが全ての界面活性剤が思春期ニキビに影響しているわけではありません。

界面活性剤の界面とは表面のことを指しており、表面の汚れと水の間に入って汚れを落とす成分です。ドレッシングの酢と油の間に入る卵のようなものです。

界面活性剤は肌を傷つつけると言われているのは洗浄力が強すぎるために、皮脂や角質層が破壊されるという説から由来しています。

しかし界面活性剤は洗顔や洗濯用洗剤だけでなく、クリームや乳液にも使われている大事な成分です。いくら天然素材を使用している洗顔料でも界面活性剤を使用しないと、汚れは落ちません。

角質層まで破壊してしまうのは、頑固な汚れや崩れないメイクを落とすために開発された合成界面活性剤が強すぎるために広まった知識です。

肌のメカニズム

乾燥肌を具体的に言うと肌が水分を保持できない状態です。

肌は以下の細胞で水分を保持しており、微妙なバランスを保っています。

皮脂膜

汗と皮脂が交わることで肌を外から守るのが仕事です。

異物の侵入や角質層の水分の蒸発を防いでおり、皮脂は女性より男性の方が多いと言われています。

天然保湿因子

タンパク質でできており、皮脂や表皮の奥にあります。空気中やさらに奥の真皮から水分を蓄えて、肌の柔軟性を保っている組織です。

保湿スキンケアではこの天然保湿因子の生まれ変わりを活発にすることが決め手と言われています。

細胞間脂質

肌の水分の半分以上を保っている細胞です。基礎化粧品を宣伝するときに言われるセラミドを含めた細胞のことを指しています。

天然保湿因子が含んでいる水分と皮脂をミルフィーユ状に挟むことで、水分を保っており、皮膚の一番奥から代謝と共に表面の角質層まで押し上げられて角質になります。

皮膚の代謝はターンオーバーと言われており、夜に寝ているうちに分泌される成長ホルモンにより、一番奥から新しい細胞が生み出されると古い細胞は上に押された後に排出されます。

洗顔後の保湿が大事

保湿タイプの化粧水を使うのは大事なことですが、化粧水はあくまで水のため、皮膚に塗ったからとそのまま放置すると数分のうちに蒸発してしまい意味がなくなってしまいます。

そこでもうひとつの保湿化粧品として必要なのが化粧水よりも油分が多い乳液です。

乳液は洗顔後の流れてしまった皮脂の代わりになるもので、化粧水の後に塗ると化粧水の水分や美容成分の蒸発を防ぐことができます。

乳液を塗った後の顔のベタベタ感が苦手という人は、サラサラした乳液も販売されているのでそちらがおすすめです。

スポンサードリンク

クリームと乳液の違い

どちらとも「皮膚を保護して水分を保つ」という目的は一緒です。ではなぜ2種類が別々で売られているのか疑問ですよね。保湿に必要なクリームと乳液の違いを説明します。

水分量

水分量は、クリームよりも乳液の方が多いです。

使用感

一番違いが分かるのは使用感です。

乳液はサラサラしていますが、クリームはこってりしていてゼリーのような手触りだったりツノが立つぐらい硬いクリームなど幅広いです。

硬めのテクスチャーの場合は分厚く塗りすぎてしまい、毛穴汚れを引き起こす場合があります。

乳液も塗りすぎると毛穴が詰まるのでたっぷり塗れば良いって訳でもないようです。

片方だけでも十分保湿効果はありますので、片方だけでスキンケアしても問題ないようです。

両方塗る場合は、油分が少ないものから塗っていくと良いので化粧水→乳液→クリームの順番で塗っていくと良いでしょう。

洗顔は水の温度が重要

泡立ちの良い洗顔料で優しく洗っているからと安心しないでください。実は洗うときに使っている水の温度も重要です。

皿洗いをするときに熱いお湯だと油汚れはすぐに落ちますが、冷たい水だと固まってしまうことありませんか?それと同じことが皮膚に起こっています。

触って熱いと感じているお湯は実は、洗顔の一番最初の段階で必要以上に皮脂を落としてしまいます。

そしてその状態で洗浄力の高い洗顔料で洗ってしまえば、肌に追い討ちをかけている状態です。

皮脂は32℃前後で溶け出すので、お湯の温度はだいたい触ってみて少し冷たいと感じるぐらいが適当な温度と言われています。

適切な水の温度を知ることで、良い洗顔料や洗顔方法の効果がより顕著に出てくるでしょう。

気にしすぎないことが大事

実は思春期ニキビの場合ストレスが大きな影響を及ぼしています。

ニキビ肌になってしまった人からすれば、綺麗でツルツルな素肌なんて手が届かなくて本当に悔しいですよね。しかし、思春期ニキビは誰にでも起こりうる皮膚疾患です。

自分よりも深刻なニキビ肌の人はみたことない、と悩むこともありますがみんな奇跡的に肌のバランスが良いだけです。

ニキビを気にしすぎると、綺麗にしようとするあまり洗顔で肌をゴシゴシこすってしまったり、油分がよくないからと乳液やクリームをつけないなど間違ったスキンケアを続けてしまって取り返しのつかない自体に繋がることも少なくありません。

また、スキンケアの効果がでないからと諦めないでください。

肌の生まれ変わりは28日から58日と長期に渡るので、前日に行ったスキンケアの効果が出ることは少ないです。スキンケアは根気よく、毎日の継続が重要です。

スポンサードリンク

まとめ

乾燥肌にできた思春期ニキビを改善する方法をご紹介しました。乾燥肌の場合は肌が敏感になっているため、化粧水や乳液選びも困難かと思います。

その上ニキビができていると気が遠くなってしまいそうですが、肌トラブルは根気強く正しいスキンケアを行っていくことが重要です。

次の日の朝にはニキビが消えればこれ以上ない幸運かもしれません。それでも目標はあまり高く設定せずに昨日よりも綺麗になったとか一ヶ月前よりも綺麗になったと小さな目標を積み重ねてください。

思春期ニキビの対策方法!寝る時間や寝る前にやっておくこと

2017.05.29

乾燥肌の思春期ニキビに効果のある洗顔料

2017.05.28

パック効く?思春期ニキビにおすすめのパックは?

2017.05.28

乾燥肌にできた思春期ニキビに効果的な化粧水

2017.05.28

思春期ニキビは頭皮にも?原因と治療方法(薬)について

2017.05.28

思春期ニキビに効くパックの作り方について

2017.05.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です